チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ジウォンさん主演映画『KOREA』久しぶりに観ました!!

映画「KOREA(邦題:ハナ~奇跡の46日間~)」を久しぶりに鑑賞しました。
久しぶりに結構な涙を流したので、ちょっとは体重減ったかな(笑)

f:id:kazySUS:20191021165342j:plain

(C) 2012 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHT RESERVED

出典:allcinema ハナ 奇跡の46日間

管理人にとってはこの映画「KOREA」は特別な思い入れがあります。

この映画の世界初公開は、なんと第41回世界卓球選手権が行われた千葉だったんです。
もちろん管理人もその初公開の千葉の会場に居ました。

実物のジウォンさんを観たのはこの舞台挨拶の時が初めてでしたが、挨拶の途中で感極まって涙するジウォンさんを観て今に至ります。

もちろん、その前から作品を観てジウォンさんは好きだったんですけど、この涙するジウォンさんを観てこの方の本当の美しさは内面からだと直感しましたね。

今にして思うにあの時に千葉の会場に居なければ、小生のこのブログもなかったかもです(>_<)

それ位、管理人の中ではこの映画を観終わって舞台挨拶をするジウォンさんに惹かれたんですよ。
と同時に管理人にとっては思い入れのある特別な作品になりました。

そんな管理人の感傷に浸った話は置いといて、映画「KOREA」のあらすじと見どころをご紹介しますね(笑)

あらすじ

1991年に日本で開催された卓球の世界選手権で、韓国と北朝鮮が史上初めて統一チームで参加した実話をベースに描く感動のスポーツ・ドラマ。主演は「恋する神父」「第7鉱区」のハ・ジウォンと「リンダ リンダ リンダ」「空気人形」のペ・ドゥナ。
韓国で巻き起こった空前の卓球ブームの立役者ヒョン・ジョンファ選手だったが、彼女の前には中国の圧倒的な壁が立ちはだかっていた。そんな中、1991年4月に日本の幕張で開催される世界選手権に、韓国と北朝鮮は統一チーム“コリア”で参加することが決まる。そしてヒョン・ジョンファは北朝鮮の実力者リ・プニとダブルスを組むことに。しかし、大会に向けて顔を揃えた南北の選手たちは練習方法や生活習慣、考え方に至るまで何もかもが対照的で、ことあるごとに衝突してしまう。それでも打倒中国を胸に、徐々に心を一つにしていく統一チームだったが…。
出典:allcinema ハナ 奇跡の46日間

みどころ

あらすじにもありますが、練習方法や生活習慣、それに考え方まで全く異なります。
そんな中で本当にぶつかり合いながらも最後は一つのチームになっていく。

ヒョン・ジョンファ役のジウォンさんはもちろんですが、リ・プニ役のペ・ドゥナさんの演技が光ります。

圧巻は卓球のシーンですね。ペ・ドゥナさんは卓球の経験があるみたいですが、ジウォンさんは初めで、最初はこの作品をお断りしたんだそうです。
ただ台本を読み終わって私がやるしかないと奮起したらしいですが…。

でもって、この作品の主役を演じられるのはジウォンさんしかいないと仰ったヒョン・ジョンファさんご本人から6ヶ月に及ぶきつい練習を受けたんだそうです。

その甲斐があってか、本当に卓球選手の姿になってます。

ヒョン・ジョンファとリ・プニの活躍で宿敵中国を破って歓喜の優勝。そして最後は北と南とで悲しい別れが待っているんです。
別れの時にヒョン・ジョンファがリ・プニに父から貰った大事な指輪を渡すシーンがあっるんですけど、それはもう切なくて切なくて…。

あと、まだ初々しいイ・ジョンソクくんが演じる北のギョンソプとチェ・ユニョンさん演じる南のヨンジョの切ない恋愛物語も胸キュンでいいですよ。

まだ観ていない方へはこちらに予告編をご紹介して置きます。

雨の中、ジウォンさんが北の監督や選手に呼びかけるシーンは感涙必至です。
あと中国戦でリ・プニが倒れるシーンも見どころですよ。

でもって、もうご覧になられたって方にはこちらの動画をご用意しました。

ヒョン・ジョンファさんご本人が実際のお二人の映像を交えながら話される日本語字幕付きの動画です。

別れの時の指輪のくだりは、実話だったんですね。
でもって、実際のリ・プニさんは少しふっくらされて可愛い方ですよね。

あと中国のユニフォームが映画では赤だったけど、実際は紫だったみたいです。

今では中国といえば、赤いユニフォームってイメージですけど…。

ちょっと長めの記事となりましたが、如何だったでしょうか?

管理人もお勧めする素敵な映画なので何処かで見かけたらぜひご覧下さい。

kazySUS