チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ドラマ『チョコレート』の2ndティーザー映像公開みたいです!!

ドラマ「チョコレート」の2ndティーザー映像公開の記事がアップされていましたのでご紹介して置きます。

ユン・ゲサン - ハ・ジウォン「チョコレート」、今年の冬の感性温度高めたい

f:id:kazySUS:20191109194049j:plain

「チョコレート」が今年の冬の感性の温度を高めてくれるだろうか。

「私の国」の後続で来る29日初放送されるJTBC新金土ドラマ「チョコレート」側が9日、ユン・ゲサンとハ・ジウォンのロマンチック「ヒーリング」シナジーがときめきの温度を高める第二のティーザー映像を公開した。

「チョコレート」は、メスのように冷たい脳神経外科医イ・ガン(ユン・ゲサン)と食品を通して人の心を慰める火のように暖かいシェフ ムン・チャヨン(ハ・ジウォン)がホスピス病棟で再会した後、料理を通してお互いの傷を癒すヒューマンメローを描く。2004年「ごめん、愛してる」でシンドロームを起こしたイ・ヒョンミン監督とイ・ギョンヒ作家の再会は、それ自体でドラマファンをときめかせる。そこにユン・ゲサンとハ・ジウォンという代替不可ラインナップまで加えられ、それこそ「感性製造ドリームチーム」を完成させた。人の深みのある洞察と温かい視線で解きほぐした話に溶かされる二人の俳優の感性シナジーが差別化されヒューマンメローの誕生を期待させる。

公開された2次ティーザー映像は、切なくて甘いときめきを刺激して「チョコレート」だけの感性に染み入るようにする。輝いて穏やかにゆらゆらする波を照らして始まる映像はイ・ガンの「私が生かすことができると思いました」というナレーションとかみ合っ好奇心を刺激する。手術室の廊下に座り込んで子供のように涙を流す脳神経外科医イ・ガンはメスのように冷たい外見の中に隠された暖かい内面と傷を表わす。誰よりも明るく前向きだが、たまに寂しい目つきで遠くを見つめるムン・チャヨンは冷や汗を流して、誰かの胸の中で苦しんでいる。

それぞれの傷と痛みを隠したまま生きていく二人。「彼が気がかりでした。子供の頃一度だけ会ったが、私の初恋だった」というハ・ジウォンの声はイ・ガンやムン・チャヨンの運命のような瞬間を予告する。内面の痛みと傷を乗り越えて、お互いを見つめるユン・ゲサンとハ・ジウォンの視線は、深さが他の感情を作り出す。映画館でハ・ジウォンの肩にもたれ眠ったユン・ゲサンと雨を避けて傘の中で向き合った二人の間に流れる「春の日の短い出会いだったが、私たちの記憶は一生だった」という文面も期待感を精一杯引き上げる。「その人にも、最初の奇跡をプレゼントしてください」というハ・ジウォンの切実な声は長く持続された冬のだけの彼らの日常に春のように訪れる「ヒーリング」ロマンスを期待させる。お互いの春であり、慰めになっるイ・ガンやムン・チャヨンのロマンスが視聴者の冬でも暖かいぬくもりをプレゼントする。
出典:sportsworldi

ドラマ「チョコレート」の2ndティーザー映像が公開されましたが、またこれがいいですね。

管理人の趣味で4枚ほどご紹介しますが、ジウォンさん素敵すぎ(♥o♥) (♥o♥) (♥o♥) 

ジウォンさんて、なんでこんなに哀しみをうまく表現出来るんだろう。

ちょっとした表情の中で哀しみをこんなにうまく表現出来る女優は、ジウォンさんを置いて他に居ないんじゃないかな。

役になりきった時のジウォンさんは何気ない表情でも鳥肌が立つほど、うまく表現しますね。

そう言う意味では、今回のムン・チャヨンは没入度が高いと思います。

でもって、管理人の一番好きなジウォンさんは最後かな。

観ていて鳥肌が立つほど、凄いと感じます。

味と香りの中で何かを思い出した様な…。

そんなちょっとした表情がまた凄く素敵なんです(♥o♥) (♥o♥) (♥o♥) 

でもって、そんな2ndティーザー映像はこちらです。 

 

とっても素敵なのでじっくり観てくださいませ~(^o^)/

kazySUS