チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ドラマ『チョコレート』15話放送のまとめ記事をご紹介します!

ドラマ「チョコレート」15話のまとめ記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「チョコレート」ユン・ゲサン、自身の母親とハ・ジウォンの関係を知って....「嗚咽」

f:id:kazySUS:20200118113832j:plain

f:id:kazySUS:20200118113843j:plain

f:id:kazySUS:20200118113852j:plain

f:id:kazySUS:20200118113904j:plain

真実を知ったユン・ゲサンが涙を流した。

17日夜10時50分に放送されJTBC「チョコレート」(演出イ・ヒョンミン/脚本イ・ギョンヒ)15話では、ムン・チャヨン(ハ・ジウォン)に死ぬ前にチョコレートを渡したおばさんがチョン・スヒ(イ・オンジョン)であることを知ることになるイ・ガン(ユン・ゲサン)の姿が描かれた。

この日の放送でイ・ジュンはイ・ガンに「おばあさんは初めからお前を巨星の後継者と考えられたし、私は権力意志のないお前を鍛えるペースメーカーであった」として「お前の父が巨星の唯一の嫡子」と明らかにした。

イ・ジュンが話したのは、ハン・ヨンソル(カン・ブジャ)が過去イ・ガンを後継者にするために連れてきたと明らかにしたのだ。これを聞いたイ・ガンは信じられないという反応を見せた。

イ・ジュンは「私の父は知らない」として「お前に祖父の実の息子ではないということを最後まで分かってもらいたいのだが、知る事になっても何も出来ないし、この事実を知っている人は、たった5人だ」と述べた。

それと共に「おばあさん、お前、私、亡くなった祖父、ユン・ヘミ(キム・ソンギョン)」と付け加えた。これに対してイ・ガンは「それが事実ならば兄の立場では、死ぬまで隠さなければならない秘密ではないか」と尋ね、これに対してイ・ジュンは「私が現実の世界で一番嫌いなのが反則していることなのに、反則するのが嫌だから」と答えた。

イ・ジュンはハン・ヨンソルを訪ねて行ったがハン・ヨンソルは、これを無視したし、イ・ジュンは最終的にユン・ヘミに「私も一度はカンに良い兄でいたかったし、ママと父が間違っていたと言ったかったが、じっと我慢して卑怯にここまできた」とし「ママが間違っても、あまりにもひどく間違い過ぎている」と怒った。

また、ムン・チャヨンとイ・ガンの母親が事故を経験した百貨店の手抜き工事を、ある建設会社の代表が執行猶予で釈放された。この代表は、自分の妻が横たわっている病院にきて映像を撮って同情を訴えしようとしたし、(チャヨンは)ムン・テヒョンを訪ね、「自分だけ大変だったと思っていた。私だけ地獄にあったと考えていた。ごめんね」と謝った。

イ・ガンはムン・チャヨンがムン・テヒョン(ミン・ジンウン)のため、警察署に行ったムン・チャヨンを慰めるためにチョコレートをプレゼントした。彼はチョコレートを見て好きなムン・チャヨンを見て「チャヨウンさんにはチョコレートがソウルフードなのか」と尋ねた。

これに対してムン・チャヨンは「ここで生きていくならば、私も誰かの助けになる人になろうと考えていた」として「ここで死ぬなら、私も私のことを惜しみなく与える人になろう決心した」と過去自身にチョコレートをくれた女性に言及した。また「私に与えられたチョコレートをおばさんが召し上がっていたとすれば生きておられたかも知れないないのに、それがずっと申し訳なくて、胸が痛かった」と付け加えた。

するとイ・ガンはその女性の名前を尋ねムン・チャヨンは「一度も忘れたことがない」として「チョン・スヒおばさん」と答えた。これに対してイ・ガンは大きく驚いた。まさに自分の母親だったから。

一方、ハ・ヨンシルは病院に訪ねてきてギターを弾きながら歌を歌うデシクを訪ねて行って、「どうしてお前を蹴ったんだ」として「お前は男ではなく、ただの子供みたいだ」と語った。

この話を聞いたデシクは、突然ハ・ヨンシルの顔を持って口づけをした。 驚いたハ・ヨンシルにデシクは、「これでも私は男ではないか」とし「正直に言って震えたのか」と聞いた。

これに対してハ・ヨンシルは震えなかったと堂々とした姿を見せたが、直ぐデシクが行った後、足がほぐれて「私があいつと初めてのキスを」としながら絶望した。
出典:ヘラルドPOP

やっぱり、チョコレートを渡した時にチャヨンがイ・ガンの母との経緯を話したみたいですね。

そしてそのおばさんの名前を聞いたイ・ガンは驚いたけどじっと我慢して、チャヨンをクルマに乗せてから一人外で泣いてました。

このシーンのセリフは良く分からなかったけど、状況は何となく理解出来たので思わず管理人も貰い泣きしました(ToT)

そしてイ・ジュンですが、ちゃんとイ・ガンに真実を伝えるんですね。

兄として卑怯なことは出来ないと言うイ・ジュンが素晴らしいです。

イ・ジュンも実は純真ないい男だったんですね。

イ・ガンに対するやっかみが、イ・ジュンを捻じ曲げていたんでしょけど、イ・ジュンにもやっと本心で語れる時が来たってことなんじゃないかな。

あとはイ・ジュン母のユン・ヘミが邪心を捨てて、素直になれれば巨星財団の未来も明るくなるんだけどね。

まぁ、ここは管理人もあまり心配してないんですけど、きっと上手く落ち着くと信じてます。

それともう一つご紹介したいまとめ記事があるので後ほどご紹介させて頂きますね。

kazySUS