チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

本日14日再公開の映画『同感』の記事です!

ジウォンさんのニュースが少ないですが、本日ジウォンさんも出演した映画「同感」が公開されるとの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「アナログ人生メロー」 ... 「同感」20周年プレゼントのような再公開

f:id:kazySUS:20200514180154j:plain

「同感」が20年ぶりに観客たちと再び会う。

映画「同感(キム・ジョングォン監督)」は、14日に公開20周年を記念して再公開を進め、懐かしく嬉しいアナログの世界に観客を誘う。

「同感」は1979年で彼を待つソウンと2000年で彼女を待つインが違う時間の中で、無線をすることになって広がる最も純粋なファンタジーロマンスだ。それぞれ異なる時間の中に生きていく二人の男女がときめきながらも切ないラブストーリーを描いた作品で、20年が過ぎた現在まで代表人生メロー作の一つに数えられている。

「同感」は韓国メロー映画の全盛期と呼ばれる2000年代を代表する人生作だ。公開当時のままであり、映画の中イン(ユ・ジテ)が生きていく2000年の姿を再直面したり、ソウン(キム・ハヌル)が生きていく1979年の姿を通して、現在公開作には見られない特有のアナログ感性でいっぱいだ。

その瞬間の季節、天気、気温、香りまで表わしたように暖かくも見事な映像美を誇る。今回の20周年記念公開は大きなスクリーンで「同感」の感性にどっぷり陥ることができる特別な機会だ。

f:id:kazySUS:20200514180243j:plain

「同感」のOSTは映画と同じくらい旋風的な人気を呼んだ。イム・ジェボムの「君のために」は、特有のハスキーなボーカルと弦楽オーケストラの調和が引き立つ歌で、彼の代表曲と言及されている。イム・ジェボムの切ない声と主人公たちの状況を代弁するような歌詞は手に余る感動をプレゼントする。

また、大韓民国を代表するピアニスト キム・グァンミンの「哀しい香り」と「たった一人の君へ」をはじめ、有名クラシック「G線上のアリア」など美しいOSTでいっぱいだ。劇場で聞く高音質のOSTは観客にとってより強い響きと深い余韻を残すだろう。

特に「同感」はユ・ジテとキム・ハヌルの作品の中でファンの最も熱烈な愛と支持を得ている代表作であり、そのほかにも、ハ・ジウォン、パク・ヨンウなど最高の俳優たちが参加した作品で会ってみる楽しさも大きい。

純粋でも切ない演技を見せてくれたユ・ジテ、愛らしい魅力のキム・ハヌル、ふっくらと飛ぶキャラクターのハ・ジウォン、女心をひきつけるパク・ヨンウなどの現在の最高の席に上がった名優陣の新人時代をスクリーンで再確認することも、映画ファンに贈り物のような時間をプレゼントすると期待を集めている。
出典:日刊スポーツ

ちょっと前からこの映画「同感」の記事は上がっていたんですけど、ジウォンさんの写真がある記事がなくて紹介してなかったんです。

やっと、ジウォンさんの写真が入った記事が上がりました。

当時はもちろんヒロインのキム・ハヌルさんの方が遥かに人気が高く、ジウォンさんはまだ新人ですからしょうがないんですけどね。

でも今は押しも押されぬトップ女優をキープされているんですから、ご紹介して頂かないとです。

記事にもあるように「現在の最高の席に上がった名優陣の新人時代をスクリーンで…」ってところが大事なんですよ。

ちょっとやんちゃ目なジウォンさんを観るのも楽しみですね。

日本でも公開してくれないかなぁ~(>_<)

どうせなら映画館の大きなスクリーンで観たいです。

まだまだ自粛ムードの日本ですから、秋以降に公開してくれるといいなぁ\(^o^)/

kazySUS