チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

映画『担保』に出演された名脇役の女優のお二人とは!

ジウォンさんが主演する映画「担保」ですが、主役の4人に加えて名脇役の女優お二人も記事に上がってましたのでご紹介して置きます。

「担保」ナ・ムニXキム・ユンジン、完成度高めた深みのある活躍

信じて見る俳優たちの熱演で観客の満足度を高めた映画「担保」(監督カン・デギュ)で骨太な存在感を表した俳優ナ・ムニ、キム・ユンジンの出演が話題を集めている。

「担保」に出演して劇に奥行き感を吹き込んだナ・ムニ、キム・ユンジンの活躍が注目を集めている。「担保」は情け容赦のない金融業者トゥソクと彼の後輩チョンベが貸したお金を受け取りに行って、いつの間にか9歳のスンイを担保に引き受けて育てながら繰り広げられる話を描いた作品で、誰でも共感できる家族という素材を通して愉快な楽しさと心温まる感動を与え、封切りから全世代の観客の愛を受けている。

このような中で「担保」に出演して、映画の完成度を倍加させたナ・ムニ、キム・ユンジンの出演が話題を集めている。カン・デギュ監督の前作「ハーモニー」の縁で映画に出演することになったナ・ムニとキム・ユンジンは険しい外見とは違い、心だけは温かいサラ金業者のコンビ トゥソクとジョンベに担保として預けられたスンイの祖母と母親役で甘草のような活躍を繰り広げ、観客の涙腺を刺激した。

f:id:kazySUS:20201005195850j:plain

f:id:kazySUS:20201005195924j:plain

カン・デギュ監督は「ナ・ムニ先生がスンイの祖母役を担って頂ければいいなと考えてキャスティングが実現した時に非常に嬉しかった」と明らかにして年輪がにじみ出る熱演で一気に劇の没入度を高めたナ・ムニに感謝を表した。また「スンイの母であるミョンジャ役の感情表現を最もよく消化出来るようキム・ユンジン俳優をキャスティングした」という言葉でキム・ユンジンをキャスティングした理由を伝えてミョンジャ役を完璧に消化してくれたキム・ユンジンに対する信頼を表わした。

実際にスンイ役でナ・ムニ、キム・ユンジンと共に呼吸を合わせたハ・ジウォンは「演技をしながら「やっぱり最高の俳優さんたちである」と思った。初めての場面を撮る時から呼吸がよく合ったし、機会があれば先輩たちとまた一緒に仕事をしてみたい」という感想を伝え、彼女らが披露する呼吸に対する期待感を増幅させる。

「担保」は、全国の劇場で上映中だ。
出典:OSEN(http://osen.mt.co.kr)

さて、お約束通りに名脇役のお二人の女優の記事をご紹介します。

映画もドラマもそうだけど、主役だけでは成り立たないのは皆さんご承知だと思います。

主役を引き立てる名脇役と呼ばれる俳優の方々の演技があって、始めて素晴らしい作品になると考えます。

そんな意味では、もちろん映画「担保」も例外ではなく、脇役の活躍がないと感動する映画にはならないんじゃなかな。

今回紹介されたナ・ムニさんとキム・ユンジンさんですが、スンイのお祖母さんとお母さん役だそうです。

記事にもありますが、カン・デギュ監督が最初からキャスティングに決めていたみたいですね。

この辺りは監督が描く役のイメージでピンとくるものがあったんだと思います。

ジウォンさんも共演されて「演技をしながら「やっぱり最高の俳優さんたちである」と思った。初めての場面を撮る時から呼吸がよく合ったし、機会があれば先輩たちとまた一緒に仕事をしてみたい」と仰るほど、熱演されたみたいだし、何より信頼感みたいなものが伝わったんじゃないかと感じます。

主役には出来ない一歩引いた演技でありながら、深い感動を与える名演が出来る方が名脇役なんだと思います。

ドンイルさんやキム・ヒウォンさんだって名脇役と呼ばれる俳優でもありますからね。

さてそんな名脇役のお二人の女優の演技も楽しみです。

きっと幼いスンイとの哀しい別れのシーンがあるんじゃないかと想像してます。

そんな話題も楽しみの一つにしながら、日本公開を待ちたいと思います。

kazySUS