チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

俳優ハ・ジウォンが担保と自身を語るインタビュー記事④のご紹介です!

またたまジウォンさんへの別インタビュー記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

[インタビュー]「担保」ハ・ジウォン「家族?本気で守ってくれて信じてくれる存在」

「ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、キム・ユンジン... 学ぶことの多い素晴らしい先輩たち」
「感情演技大変だったが、現場ではヒーリング」
「亡くなった父浮かんで...懐かしかった」

f:id:kazySUS:20201010105007j:plain

「「このような関係の人々が本当の家族になれるか?」という考えがずっと頭の中を離れなかった。それほど気になって興味深かったんですよ。実際に私たちが住んでいる世界は、映画よりもはるかに映画のようだから」

秋夕連休に続いて劇場ボックスオフィス1位を走っている映画「担保」(監督カン・デギュ)は情け容赦のない金融業者トゥソク(ソン・ドンイル)と彼の後輩チョンベ(キム・ヒウォン)が貸したお金を受け取りに行って、いつの間にか9歳のスンイ(パク・ソイ)を「担保」として引き受けて育てながら繰り広げられる話を描いた。

悪縁で出会った人々が天倫となっていく過程を描いた「担保」は、映画「それだけが、僕の世界」、「共助」、「ヒマラヤ」、「国際市場」などヒューマンドラマ名家であるJKフィルムの新作。気難しいいが、心だけは暖かいサラ金業者トゥソク役にはソン・ドンイルが、宝物に育った大人スンイ役にはハ・ジウォンが、全てにくどくどと小言を言っても俗情深いトゥソクの後輩チョンベ役はキム・ヒウォンがそれぞれ引き受けて信じ見るケミを見せる。

「感情シーンがとても負担になった」というハ・ジウォン(42)は「撮影が容易ではなかった。毎日継続することが出来る感情ではなかったので、それを維持してバランスを合わせるのが大変だったんですよ。感情がますます極限状況に達したときは、むしろ頭の中を白紙の状態にした。すべての記憶を消してしまおうとひたすら寂しい状況に集中する事が、最も自然な演技をすることが出来るから」と説明した。

f:id:kazySUS:20201010105102j:plain

新派シーンの連続なのに加え、複雑多端な感情線の圧迫感に苦しんだが、幸いなことに現場だけでは「ヒーリングそのもの」だった。ハ・ジウォンは「現場も映画の一部」として「撮影する場面は大変だったが、現場の空気はヒーリングだった。風がそよそよと吹く屋外に座ってモニタリングしてコーヒーも飲んで話もたくさん交わした。その空気がとてもリラックスして暖かかった」と回想した。

「スタッフと俳優たちが一緒にするすべての過程が映画の一部だと思います。だから何でも楽しもうとします。それがかなり重要なことだと思う。良い先輩たちに会って学ぶことも多く、衝撃も受けましたし…。 」

「どんな衝撃か」と尋ねると、「みんなとても上手にする」として両手を合せた。ソン・ドンイル、キム・ヒウォンだけでなく、スンイの母親役のキム・ユンジン、お祖母ちゃん役のナ・ムニとも呼吸を合わせたハ・ジウォン。

「キム・ユンジン先輩と再会するシーンが私の初めての撮影でした。一度に感情を引き出すのは容易でなかったんです。監督が悲しい音楽を流して下さり、私はその音楽を聴きながら没入しようとしました。撮影が始まったが、キム・ユンジン先輩が本当に凄かったんですよ。先輩の目を見るやいなや交感出来て、本当に母と娘の感情が上がって来ました。ソン・ドンイル先輩と婦女感情を築くのもあっという間にだったんです。すべてが心配していたよりも順調だったんですよ。ナ・ムニ先生は言うまでもありません。」

「担保」を通して新しい家族の形に接したおかげなのか、家族への思いも少し変わった。ハ・ジウォンは「家族は何だと思いますか?」という質問に「近くで守ってくれて保護してくれる人」と答えた。もちろん血が混ざらなくても。「最近の家族は、会えずに過ごす人も多いじゃないですか?血が混じった家族ではないけど、愛して守ってくれて保護してくれれば、それが家族ではないかと思います。」

それと共に既に亡くなった父にも言及した。「映画を見る時に感じる感情は一人一人異なる。私は父という存在にジーンとすることをたくさん感じた」という彼女は「すべての娘にお父さんがいますが、私が感じる特別なお父さんの存在がたくさん浮かび上がったようだ。父が亡くなったので「お父さん」と呼ぶことができる瞬間が懐かしくもあった」と告白した。

「今はいませんが、私はいつもお父さんが私の近くにいると考えています。今でも私を守って下さっていると信じています。私が考える家族がそうです。「担保」を通してより確固たるものになりました。守ってくれて、誰よりも近くで保護してくれて、信じてくれる存在。」

f:id:kazySUS:20201010105208j:plain

1996年KBSドラマ「新世代報告書 大人たちは知らない」でデビューして既にデビュー24年目であるハ・ジウォン。一千万観客映画「海雲台」をはじめ、ドラマ「茶母」、「バリでの出来事」、「シークレットガーデン」など数々のヒット作を残して「信じ見る俳優」になった。

新しい目標があるのかと聞くと、「恥ずかしい。まだまだ」と否定する。続いて「最近余裕が出来たので俳優生活よりも、人間ハ・ジウォンの内面に対する考えをたくさんすることになった」と打ち明けた。

「いつも作品の中キャラクターとして生きているので、肝心の自分の姿については知らないことが多いようです。私が望むこと、追い求めること、好きなことなどを考えながら、とても落ち着いたんです。これから良い作品を通して俳優としても素敵な姿をお見せしたいと思います(笑)。」
出典:毎日経済(https://www.mk.co.kr)

さてジウォンさんへのインタビュー記事の紹介も4回目になりますが、各々少しづつ趣が異なって、読んでいて妙に納得出来るところが多いと感じます。

今回も撮影の感情を維持するのが難しかったと話しておられますね。

こういう家族愛とかを題材にした内容って、感情移入の時間が長いですよね。

でも撮影時点では細かく細切れにして撮影されている筈なので、その間に感情をキープするのが難しいと思います。

そういう意味では役者さんは大変ですよね。

わりとそういう女優モードへの切り替えは長けているジウォンさんだと思ってましたが、更に先輩方の中にはジウォンさんより優れた俳優の方が居るようです。

逆にジウォンさんは没入してなりきるから、ちょっと時間が必要なのかも知れません。

そして今回管理人が感じたのが、最後のコメントですね。

「いつも作品の中キャラクターとして生きているので、肝心の自分の姿については知らないことが多いようです。私が望むこと、追い求めること、好きなことなどを考えながら、とても落ち着いた…。」の件です。

本当に最近、ちょっと落ち着かれたのか表情が更に柔らかく感じます。

元々、ジウォンさんは内面の美しさだと常々思ってましたが、更にご自身を見つめ直されているとお聞きして納得出来ました。

若さだけではなく、歳を重ねて内面からの美しさが更に増したジウォンさんがまた素敵だと思いますね。

kazySUS