チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

映画『担保』のジウォンさんインタビュー記事⑥をご紹介します!

映画「担保」ですが、累計観客動員数144万人を超えたそうです。

そんな中、「担保」の名場面についてジウォンさんが語ったインタビュー記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

[ハ・ジウォンが選んだ様々な名場面]「担保」再会シーン、宇宙に一人残されたように

*以下の記事は、映画のネタバレが含まれています。

f:id:kazySUS:20201019210315j:plain

*次の記事は、映画のネタバレを含んでいます。

俳優が記憶する作品の中、最高の名場面は何だろうか?彼らが直接選んだシーンをかみ砕き、はがし、味わう。「様々な名場面」は、俳優が記憶する映画の中、ワンシーンとその中にある意味、エピソードなどを語るコーナーだ。今回の主人公は、映画「担保」(監督カン·デギュ)の俳優ハ・ジウォンだ。

映画「担保」は情け容赦のない金融業者「トゥソク」(ソン・ドンイル)と彼の後輩「チョンベ」(キム・ヒウォン)が貸したお金を受け取りに行っていつの間にか9歳の「スンイ」(パク・ソイ)を担保に引き受けて育てながら繰り広げられる話を描いた作品だ。 劇中ハ・ジウォンは「トゥソク」と「チョンベ」が大事に育てた「大人のスンイ」を演じた。子役俳優のパク・ソイの感情を継続する重大な任務を引き受けた。

「私は最後の場面が一番思い浮かびます。泣きすぎて再撮影までしたんです。空間もも再整備しなければならない状況なので、再撮影が決定されたが、心理的にも肉体的にも本当に大変でした。」

ハ・ジウォンが言及した「最後の場面」は「チョンベ」と「スンイ」が10年前に突然家族と消息が途絶えた「トゥソク」と再会するシーンだ。過去「トゥソク」は「スンイ」が初めて彼を父と呼んだ日、交通事故に遭って、すべての記憶を失うことになる。「チョンベ」と「スンイ」は、この事実を知らないまま、10年も「トゥソク」を探し求め、結局みすぼらしい療養病院で会うことになる。

同じシーンを取り直すのは、本当に大変でした。もう一度言ったことをまたしなければならないなんて。体が覚えているのがあるから、新しい感情を引き出すことが難しかった。「これだろうか?」と思うくらいです。結局、撮影テイクを何度も行ったのにそれも気に入りませんでした。私が経験していないことで、ひたすら現場で感じられる感情を持たなければならないことなのに、すでに感じてしまったじゃないですか。」

ハ・ジウォンは、最後に「すべての感情」を消すことにした。宇宙に一人でいると考えて、数回も心を引き締めた。体が記憶する演技と限界を消して初めて一歩を踏み出した感じを持とうとした。

「あらゆるものを全て消去し、最初に戻ろうと考えました。淡々と演技に臨んだし、そのおかげで再び感情が押し寄せました。感情というのはそのような瞬間があります。ずっとずっと湧き上がって狂ってしまう瞬間がきます。新しい空間で新しい感情で撮影されたのが、結果的にははるかに良かったです。」

f:id:kazySUS:20201019210419j:plain

ハ・ジウォンはソン・ドンイルとキム・ヒウォンのおかげで「スンイ」の劇的な感情を引き出すことができたと話した。ソン・ドンイルを「お父さん」のように感じたし、キム・ヒウォンと交わした「演技の情熱」が今の結果を作ったと説明した。

「ソン・ドンイル先輩は会った時からすでに「トゥソク」でした。服を着て立っているポーズさえもお父さんのようだったんですよ。親しくなる過程や段階がなかったです。それがソン・ドンイル先輩の長所であり、魅力ではないでしょうか?私が年上の娘という気がしないように、まず近づいて下さったのでぎこちなさが全くなかったです。」

キム・ヒウォンとは最後のシーンに対して悩みを分かち合い共にアイデアを出して情熱を燃やしたと話した。「トゥソク」と再会する場面は「スンイ」にも「チョンベ」にもそれだけ重要な場面だった。

「(該当シーンの)コンテが出ているが、絶えずアイデアを出して肉付けをして行きました。ますます滑らかで豊かになりましたよ。そのようなプロセスが本当に楽しかったです。ちょうどデビューした時のように情熱的でした。「トゥソク」を探していく過程が感情バランスと高低も重要だったので、キム・ヒウォン先輩とずっとずっと(感情を)合わせました。さらにドラマチックになったと思います。」

先に「トゥソク」と「スンイ」の再会シーンはソン・ドンイルも名場面に挙げた場面だ。名実共に映画のクライマックスであるわけだ。暖かいドラマを築いていった後、二人の再会で感情を爆発させ、観客を泣かせた。俳優たちさえもいきなり涙を流して撮影が難しい状況だった。

映画「担保」は先月29日に公開されて「秋夕連休」「ハングルの日連休」の間に130万近くの観客を集めた。コロナ19再拡散後の最初の100万人の観客を突破して意味のある成果を収めた。封切り後のずっとボックスオフィス上位圏を占めて観客たちの間で「口コミ」に乗る中。全国の劇場で会ってみることができる。ランニングタイムは113分で、観覧等級は12歳だ。
出典:亜洲経済(https://www.ajunews.com)

映画「担保」ですが、今週末でソウルでの公開は終了されるような気配だと情報を頂きました。

まだまだ、郊外では引き続き公開されるとは思いますがちょっと残念ですね。

でもって、インタビュー記事もこれが最後になると思われますが、映画の終盤で「トゥソク」が事故で10年ほどいなくなるようですね。それも記憶喪失となって…。

そしてその再会シーンがジウォンさんの名場面だそうです。

ジウォンさんのその名場面に込められた感情とか分り易いですね。

他の写真では結婚式の場面もあるみたいですけど、そう言えば「トゥソク」がちょっと無関心な感じに見えたのはそういうことだったみたい。

ちょっとネタバレになったがと思いますが、そこだけがこの映画の全てではないと思いますし、またその場面がどんな雰囲気を持って表現されるのか気になります。

益々楽しみになったので、早く観たいですね。

kazySUS