チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ジウォンさんが主演する『雨光』の監督インタビュー記事です!

情報がなかったジウォンさんの主演作「雨光」ですが、監督のインタビューとして記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「雨光」イ・ジウォン監督 - カムバックホーム

2021年韓国映画新作プロジェクト⑭

f:id:kazySUS:20210124175258j:plain

「野球は「ホーム」に戻ってきてこそ終わるゲームだ。家族の話を盛り込んだこの映画とよくかみ合わさるスポーツと考えた。」映画<雨光>は華やかな生活を送ってきた野球選手チュング(リュ・スンニョン)と俳優ナムミ(ハ・ジウォン)夫婦が一つの事件に巻き込まれて失った全てのものを取り戻すために奮闘する内容だ。幼い時期にチャン・イーモウ監督の<人生>を見ながら「人生の屈曲を扱った映画を作りたい」と思っていたのでイ・ジウォン監督は<雨光>を通じて、その風を成し遂げることになった。「<雨光>は、様々な社会的弱者の連帯に注目する。彼ら各自の方法で危機に対抗してそれによって、より一層粘っこくなる過程を描きたかった」

娘トンジュを大変大事にするチュングはリュ・スンニョン俳優が演じる。「最初からリュ・スンニョン俳優を念頭に置いた。コメディもので主に活躍してきた俳優だが彼の顔にはシリアスも共存する。愚直な容貌を持ったチュング役にぴったりだと思った。」ハ・ジウォン俳優の場合は「毒気のこもった目つきに隠された凄然さ」をキャスティング理由に挙げた。「トップスターで一瞬にして奈落に落ちた人物なので、いろいろ演技するのが容易ではない役割だ。だがハ・ジウォン俳優の写真を探してみてパズルが合わせられる感じがした。<ミスペク>のハン・ジミン俳優の時のように破格をプレゼントすることが出来そうだ。」

チュングの娘トンジュは羨ましいことがなかったチュングの人生に大きな波紋を起こす人物だ。イ・ジウォン監督は「トンジュも<ミスペク>の著者と性格が似た人物だ。情緒的に近寄りがたい役割であるが、キム・シア俳優が色々な質問を投げかけて徹底的に準備した」と期待感を表わした。

f:id:kazySUS:20210124175339j:plain

<雨光>の主な舞台は、釜山になる予定だ。「映画の重要な場所が雨林川だ。高架道路に垂れた陰と青大将のように曲がりくねった雨林川が劇中の人物たちの人生の屈曲のように見られるように願った。会議終りに釜山で該当場所を探した。「<雨光>というタイトルは、家族が囲んで座って花札を打つイメージから始まった。「雨光という手札自体が鶏ガラみたいではないか。光ではあるけど点数もなく、みんなが持ちたがらなくて。ところがこの手札の由来を探してみると数十回の挑戦の末、増水した小川から外れたカエルを見て、ある書家が悟りを開き、自分の風浪に打ち勝ったという説がある。「雨光」というタイトルが崖っぷちから最後まで持ちこたえて対抗する人物の状況を貫くと考えた。」<雨光>は5月クランクインを控えている。「プレッシャーを良く活用しようと思う。欲を出してスタッフと緊密に協力して<ミスペク>に劣らない作品を出したい。」

観戦ポイント
リュ・スンニョン、ハ・ジウォン俳優の演技変身が<雨光>の主な観覧ポイントだ。予期せぬ出来事で一瞬にして奈落に落ちることになった二人の人物の濃い感情線を確認出来る筈だ。また鋭く激しい風が吹き荒れた<ミスペク>とは違い<雨光>の背景は夏だ。「緑豊かな茂みの間に曲がりくねった雨林川。これを中心に既存の韓国映画で見ることが出来なかった方法で、夏を実現すること」がイ・ジウォン監督の目標だ。<雨光>に盛り込まれる二人の俳優の新しい顔と風変りな夏の景色を期待してみよう。
出典:CINE21(http://www.cine21.com)

映画「雨光」の監督さんって女性だったんですね。

おまけに苗字が違うだけのジウォンさんですが、芯がある監督さんに見えます。

どんな映画なのか、あまり情報はなかったけど大凡の展開は分かりましたね。

でもって、相手役のリュ・スンニョンさんってコメディもので主に活躍した方みたいです。

管理人は過去に「IRIS」ってドラマで同様にコメディもので活躍されていた俳優の方を存じ上げてますけど、役柄はとってもカッコよかったです。

主役はイ・ビョンホンさんでしたが、負けず劣らずのカッコよさで管理人的には好きでした。

キム・スンウさんってお名前だったんですけど、確かジウォンさんの前の事務所でご一緒だったと思います。

ちょっと話が逸れましたが、リュ・スンニョンさんも中々渋い感じの俳優さんなので期待したいですね。

そしてジウォンさんはリュ・スンニョンさん演じる野球選手チュングの奥さまで俳優役なんですね。もちろんお子さまも居るって設定です。

という事は、映画「許三観」に続いて2回目のお母さん役って事になりますかね。

まぁ、ジウォンさんもそういう役柄もこなすべき年齢ではありますよね。

クランクインが5月って事ですから、公開は早くても年末、年明けが濃厚でしょう。

どんな女優兼母親役を演じてくれるのか楽しみです。

ストーリー的には華やかな世界から奈落の底に落とされるみたいですから、そんなところも見どころだと思います。

ちょっと先だけど、そんな映画「雨光」を楽しみに待ちたいと思います。

kazySUS