チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

『担保』の子役パク・ソイちゃんのインタビュー記事です!

ジウォンさん関連の記事はなかったのですが、久しぶりにパク・ソイちゃんの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

子役パク・ソイ「ロウンおじさんがプレゼントしたスニーカー、履いてどうですか?」

映画「担保」、「ただ悪から救いたまえ」に続いて、ドラマ「先輩は、その口紅塗らないで」に出演

f:id:kazySUS:20210212204253j:plain

映画「担保」(監督カン・デギュ)と「ただ悪から救いたまえ」(監督ホン・ウォンチャン)は、昨年の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の余波の中で損益分岐点を超えて生き残った数少ない興行作である。そしてこの二本のヒット作を繋ぐ一つの繋がりが、正に子役俳優パク・ソイだ。パク・ソイは「担保」では幼いスンイ、「ただ悪から救いたまえ」ではインナム(ファン・ジョンミン)の娘ユミンに分解し、決定的な役割を担った。

2012年生まれ、今年で九歳になるパク・ソイは2018年OCNドラマ「ミストレス」でデビューした。その間「また、春」(2018)、「風の丘」(2019)、「ただ悪から救いたまえ」(2019)、「ホテルレイク」(2020)、「担保」(2020)まで様々な映画に出演し、最近ではJTBC「先輩は、その口紅塗らないで」で主人公ヒョンスン(ロウン)の姪カン・ハウン役で登場して多くの愛を受けている。

「コロナ19が消えて、家族らとピクニックも行って、済州島旅行にも行きたい」というパク・ソイは旧正月の正月連休を控えている時点でも、ドラマ撮影で忙しい日々を送っている。子役俳優生活をしているが、子どもの純粋さとあどけなさを大事にしているパク・ソイと会った。

-2018年から多く映画に出演しましたが、どのように演技を開始しましたか。演技をすると何が良いですか。

▶お母さんが周りのおばさん、おじさんたちに子役俳優をさせなさいという勧誘をたくさん受けたそうです。それでママと演技学院に相談に行ったが、その時ちょうど進行していたドラマのオーディションに合格して始めることになりました。演技をすると、多くの人と会ったりして私の性格と違う性格を経験することも出来るし、イェウン、ジユ、ユミン、スンイなど、さまざまな名前で呼ばれることがとても面白くて不思議です。待機時間にスタッフの方々と親しくなってさまざまな遊びをするのも面白いです。

-昨年は「担保」と「ただ悪から救いたまえ」を通じて、多くの人々がパク・ソイさんを見たが、映画が出てきた時の気持ちはどうでしたか。

▶とても良かったです。「ただ悪から救いたまえ」は、まだ私がどのように出たのか見ていません。「担保」と「ただ悪から救いたまえ」は、性格が全く異なるキャラクターだと考えてそう表現しようとしたが、観客たちもそう感じたら良いと考えました。

f:id:kazySUS:20210212204416j:plain

- 「担保」もそうで「ただ悪から救いたまえ」もそうでしたが、演技が上手だと賞賛もたくさん入ったようだが、どんな賞賛を聞いたんですか。

▶あるお姉さんから貰った手紙が一番記憶に残りました。「勉強するのが大変な時もあるけど、自分の夢のために努力するソイを思いながらお姉さんも頑張って素敵なデザイナーになるよ」って手紙を書いてくれました。今もその手紙をよく取り出して読んでいます。

-多くのおじさんたちと共に演技しました。ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェ、ソン・ドンイル、キム・ヒウォン等... おじさんの中で演技する時、最も息がよく合って面白かったおじさんは居たんですか。

▶四人のおじさん、すべて私によく合わせてくれました。ファン・ジョンミンのお父さんは演技する時、とても真剣ですが、普段はいたずらっ子のようです。私を見れば何か食べろと言うんです。私の母のようです。イ・ジョンジェおじさんは一緒に演技するシーンがなかったがとても親しいです。常に笑います。ソン・ドンイルおじさんは、体に直接演技を見せて演技をする時、本当に多くの助けになりました。キム・ヒウォンおじさんはいつもおじさんの家に行って暮らそうって言ってくれます。プリンセスルームを作ってくれるんです。

-自身が出てきた作品のうち最も好きな作品は、どの作品ですか。

▶「ホテルレイク」や「ただ悪から救いたまえ」は、まだ見てないです。だから、私は私が見た「担保」と公開したら見ることができる「クリスマスプレゼント」です。

f:id:kazySUS:20210212204449j:plain

f:id:kazySUS:20210212204500j:plain

- 「担保」で涙の演技をたくさん見せてくれた。涙を流す演技をするのは難しくはなかったんですか。涙の演技をするソイさんだけの秘法があるならば何がありますか。

▶涙の演技はいつも容易ではありません。「担保」を撮る時は、多くのスタッフの方々が私の感情が出てくるまでよく待って下さって可能でした。そして今、私だけの秘訣は悲しい状況を想像したりして、セリフを言ってみるとそのまま自然に涙が出てくる時もあります。

- 「担保」の時、ハ・ジウォンお姉さんと似ているという話も聞いて、お姉さんのどんな点がソイさんと似ていると思いますか。

▶髪が長くて、女のえくぼがあるからそうみたいです。もっと似たいです。

-ドラマ「先輩は、その口紅塗らないで」にも出演しているヒョンスンおじさんと一緒に演技したのはどうでしたか。

▶とてもとても面白いです。この前は寝る演技だったがシュートが入る前に「寝なさい!」って呪文を唱えたら、私は1秒で目を閉じて体に力を抜く遊びをしました。演技する時もヒョンスンおじさんがとてもよく教えてくれて楽しくしてくれた。待機する時にもヒョンスンおじさんが天井に頭が届くほど私の体を持ち上げてくれて、本当の叔父のようにクリスマス プレゼントとしてスニーカーも買ってくれた。今はそれをあまりにも多く履いて汚してしまいました。

-演技のほかに好きなことがありますか。休みにしたいことがあるならそれは何ですか。

▶ピアノを弾くことです。本当に私にはピアノがなければならない。九九覚えて、ストレスを受けた時はピアノを弾きながら解きます。

f:id:kazySUS:20210212204531j:plain

-今回の正月にしたいことがありますか。

▶コロナが消えたらいいですね。コロナが消えて家族たちとピクニックも行って、済州島旅行にも行って、キャンプも行ってテントも張って遊びたいです。おばあちゃんやおじいちゃんとずっとずっと遊びたいです。

-お正月に最も食べたいものがあるなら何ですか。

▶餅!トッポッキ、お雑煮です。私は「トッスンイ」です。

-一歳を更に重ねることになるが、今年必ずしてみたいことがあるなら何がありますか。

▶声優を必ずしてみたいです。どのようにすることができるかよく分からないです。母はずっと演技をしていると、チャンスが来ると言うが、その機会が早く来てほしいです。そしてまだ書いているシナリオも早く書かなくてはなりません。今、何ヵ月間で3シーンまでしか書けませんでした。監督になる道は容易なことではないと思います。
出典:News1(https://www.news1.kr)

ソイちゃん、元気そうで俳優業を楽しんでいるみたいで良かったです。

まだまだ演技をしていない時は幼い子供みたいだけど、やっぱり考え方とかしっかりしてますね。

子役出身で活躍されていた俳優さんはかなりいますが、大人になっても活躍出来るにはそれなりの目標なりがあるんでしょうけど、ソイちゃんの将来は監督志望なんですかね。

また声優にもチャレンジしたいとか、たくさんの夢があるってのはいいことです。

そんなソイちゃんですが、ご自身の出演作を全部は観てないんですね。

これにはちょっとビックリかな。

普通は楽しみで観ると思うんですけど、忙しくしていて時間が取れないだけなのかもしれませんが、自身の演技を見る事も大事だと思います。

そして担保を含めて名優と呼ばれる俳優にたくさん出会えて、演技の勉強になったんじゃないかな。

これからもたくさんの映画やドラマに出演されると思いますが、しっかり諸先輩の演技を吸収して素敵な女優のお一人になってほしいと思います。

kazySUS