チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

『シークレットガーデン』10周年での巻き戻し解説その2です!

「シークレットガーデン」が公開されて10周年を迎えての巻き戻し記事その2をご紹介して置きます。

【名作◀巻き戻し②】ヒョンビン「「シークレットガーデン」依然として祝福のような作品」(インタビュー)

f:id:kazySUS:20210217194027j:plain

皆さんにも思い出が詰まった自分だけの人生作がありますか。長い時間が経っても愛聴者の心に残っている。そしてそのドラマを「名作巻き戻し」で巻き戻します<編集者> [名作◀巻き戻し①]「シークレットガーデン」10周年、全国民が熱狂したそのドラマの続き。

「これがベストですか?自信はありますか?」という言葉をつけて生きて、自らを「社会指導層」と呼ばれる気難しい大富豪デパート社長が、両親もいなくて貧しいが女性初の武術監督を夢見るたくましいスタントウーマンと恋に落ちた。金持ちの男と貧しい女のハッピーエンドを取り上げたことは明らかだった。決まりきったシンデレラストーリーだが「シークレットガーデン」には、クリシェを捻る特別さがあった。

男主人公キム・ジュウォン(ヒョンビン)は、お金自慢に慣れ、政略結婚する財閥3世の生活を当たり前のように受け入れる人物であった。それである日突然に愛することになったキル・ライム(ハ・ジウォン)の心を「社会の指導層の先行」と称して、自身のパートナーになれない女性に「人魚姫のようにあとで水の泡のように消えてほしい」という話で告白した。ハッピーエンドは、おとぎ話だけで存在するという理性的で現実的な判断からだ。

しかし驚くべきことに愛はキム・ジュウォンを自ら可哀そうな人魚姫にさせた。不慮の事故で脳死に陥ったキル・ライムのために命を投げだして魂の入れ替えをしたのだ。「水の泡」は結局、自分自身だったわけだ。魂の入れ替わりというファンタジーは人魚姫の水の泡の話と相まって、しっかりとした叙事に仕上がっている。

キル・ライムもやはり平凡でないキャンディであった。お金もなく両親もいない貧しいヒロインだけど、「水の泡になってほしい」という言葉に嫌だと言い切って、「私の息子に会うな」というムン・プノン(パク・ジュングム)は「三神おばあさんランダムのお陰で、両親に恵まれて、超気楽に暮らす男、私と遊ぶべきテーマじゃありません」と堂々と声を高めた。

体が入れ替わった後には(キム・ジュウォンの魂が)お金を与えて別れろというムン・プノンに「毎月くれるのか」と言った後、一日でお金を使い果たしてしまい、脳死に陥って目覚めた後は、「息子さんを私に下さい。私が責任をもって幸せにします」という言葉で結婚を通知するしっかりしている成長も見せた。何よりも三つ子産んで幸せな結末には、「最初の女性武術監督も含まれていた。白馬に乗った王子様キム・ジュウォンに会う前から希望していた夢であったし、彼の有無に関係なく夢を成し遂げたという点も特別だった。

f:id:kazySUS:20210217194152j:plain

f:id:kazySUS:20210217194205j:plain

そのまま身勝手な財閥3世の男主人公だったら、これほど魅力的なキャラクターにはならなかったはず。ヒョンビンは冷たくて冷徹な男が愛する人のために命を捧げる純情男の姿を切々と描き出して一層成熟した演技を見せてくれたという好評を受けた。

当時ヒョンビンは「シークレットガーデン」で、2010年SBS演技大賞ベストカップル賞、10大スター賞、ネチズン最高人気賞、ドラマスペシャル部門男最優秀演技賞を受賞したし、翌年開かれた第47回百想芸術大賞でTV部門大賞を受賞する栄光を手にした。「シークレットガーデン」は、今のヒョンビンが登場するまで大きな意味を残す作品の一つとして位置づけられた。

これに対してヒョンビンはエックスポツニュースに「当時も多くの方々が愛して下さったし、このように長い時間「シークレットガーデン」を愛して下さることに心から感謝したい。俳優として作品が愛され、引き続いて広く知られることは、大きな祝福であり、幸運だ」と放映10周年を迎えた感想を明らかにした。

f:id:kazySUS:20210217194251j:plain

f:id:kazySUS:20210217194318j:plain

また、ヒョンビンは「シークレットガーデン」の中の思い出す名セリフでは「キル・ライムさんは幾つからこんなに可愛いんだ?去年から?」を挙げた。彼は「(このセリフが)このように長く愛されるとは知りませんでしたが、撮影当時に「ときめくポイントがあるだろう」という考えはした」として「今見ても気に入ったシーンだ」と答えた。

続いた腹筋運動が容易でなかったというビハインドも打ち明けた。ヒョンビンは「長い間、同じシーンを繰り返して撮影しなければならなかったので、最初は腹筋運動を直接したが、後にはスタッフの方が後押しして支えてくれたことを思い出す」と回想した。

最後にヒョンビンは「10年が経った今でも、こうして感謝を伝えることができて幸せだ」として「もう一度「シークレットガーデン」を愛して下さったすべての視聴者の方々に感謝申し上げる」と愛聴者たちに挨拶を伝えた。
出典:XPORTS NEWS(http://www.xportsnews.com)

前回に引き続いて「シークレットガーデン」10周年巻き戻し記事をご紹介します。

前回だけでもかなり長い記事でしたが、それが更に続くんですから凄いですよね。

でもそれだけ「シークレットガーデン」は素晴らしいドラマでもあったんだと思いますよ。

管理人はこのドラマが韓国で公開されてから日本公開をどれほど待ったことか!

当時はまだリアルタイムで視聴なんてワザも知らなかったし、ジウォンさんのファンになってそんなに経っていなかったと思います。

Yahoo!ブログ時代の記事もサブブログにあるんですが、見返すと「シークレットガーデン」の話題も多いんですよね。

でもって、今回の記事の内容ですが、懐かしい場面がたくさんあります。

「シークレットガーデン」最初の2枚は済州島ですね。

オスカーと一緒に済州島旅行にライムが当たったと聞いて、すかさず済州島に向かったチュオン。

そしてバブルキスの直前フォトと4枚目は「イタリアの職人が一針一針丹精込めて…。」って聞こえてきそうです。

それをしらっと聞き流しているライムが素敵ですよね。

そして次なる場面はご存じ腹筋シーンです。

こちらも「キル・ライムさんは幾つからこんなに可愛いんだ?去年から?」って聞こえてきそう。

余りに腹筋運動を長く撮影をしたので、最後はスタッフが後ろから支えていたなんてのも何処かの撮影秘話で聞いた気がします。

でもって、管理人はこの横顔シーンのライムが可愛くて好きなんですよ(♥o♥) (♥o♥)

そしてヒョンビンさんにとっても、大事なドラマの一つだったみたいで嬉しいですね。

また暇をみつけて「シークレットガーデン」を久々に見てみようかなぁ。

そんな事を思わせてくれる記事ですね。

kazySUS