チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

『シークレットガーデン』10周年での巻き戻し解説その3です!

10周年を迎えての巻き戻し記事その3はジウォンさんへのインタビュー記事なのでしっかりとご紹介して置きます。

【名作◀巻き戻し③】ハ・ジウォン「「詩歌」10周年満足、キル・ライムは私と永遠に一緒です」(インタビュー)

f:id:kazySUS:20210220105206j:plain

皆さんにも思い出が詰まった自分だけの人生作がありますか。長い時間が経っても愛聴者の心に残っている。その時、そのドラマを「名作巻き戻し」で巻きます<編集者> [名作◀巻き戻し②]ヒョンビン「「シークレットガーデン」依然として祝福のような作品」(インタビュー)の続き。

SBS「シークレットガーデン」は、武術監督を夢見るスタントウーマン キル・ライム(ハ・ジウォン)と気難しい大富豪デパート社長キム・ジュウォン(ヒョンビン)の魂が変わりながら繰り広げられることを扱ったロマンスファンタジードラマだ。今は「トッケビ」と「ミスターサンシャイン」としてよりもっとよく知られているキム・ウンスク作家の代表作の一つ、2010年11月13日から2011年1月16日まで放映された。

当時「シークレットガーデン」の人気は途方もなかった。平均24.4%の視聴率(最高35.2%、ニールセンコリア全国基準)を記録し、20回の広告をすべて完売させる底力を誇示した。放送に登場したトレーニング服、詩集、絵本なども飛ぶように売れて症候群級の人気を享受した。キム・ボムス、ペク・ジヨン、ソン・シギョンなどが歌ったOSTも熱い愛を受けた。

「茶母」「バリでの出来事」「黄真伊」で、既に素晴らしい俳優として定評があったハ・ジウォンは「シークレットガーデン」でたくましくもか弱いキル・ライムを愛らしく描き出して「ハ・ジウォンの再発見」という賛辞を得た。特に涙が多い普通の軟弱な女主人公ではなく、堂々と声を上げることが出来て仕事に使命感を表すキャラクターが視聴者たちの応援と支持を受けた。

f:id:kazySUS:20210220105440j:plain

f:id:kazySUS:20210220105456j:plain

「シークレットガーデン」とキル・ライムは10年経った今でも、ハ・ジウォンの人生作品と人生キャラクターの中の一つとして広く知られている貴重な作品。エックスポーツニュースが放映終了10周年を迎えたハ・ジウォンと「シークレットガーデン」に対する話を交わしてみた。

ハ・ジウォンはエックスポーツニュースに「とても不思議だったのが、子供の友人も「シークレットガーデン」を知っているから「なんで知ってるの?」って聞いたら、最近も「シークレットガーデン」を視聴する方たちがいるよ。10年前のドラマなのに、初めから見て好きになって下さる方が多くてとても驚いた。10年が過ぎた今でもその方たちにとっては新しいドラマみたいだ。歳月を遡って探して観て下さり、感謝するだけだ」と挨拶を伝えた。

続いて「「名ドラマ」と仰って下さるファンの方たちを見るたびに、10年前の私に「熱心にしたんだな」、「ライムがまだ視聴者の皆さんに力を与えることが出来ているんだな」という気持ちに満たされる」として「特にキル・ライムを人生キャラクターに挙げる方たちが居られたが、私の心の中にもキル・ライムは永遠に一緒にいる。私にも特別で忘れられないキャラクターなのに、10年が過ぎた現在もキル・ライムを、そしてこの作品を好んで下さるファン、視聴者の皆さんに心から感謝申し上げる」と明らかにした。

f:id:kazySUS:20210220105539j:plain

f:id:kazySUS:20210220110002j:plain

ハ・ジウォンは最も記憶に残るシーンは「とても多いが、「三神おばあさんランダムのお陰で、両親に恵まれて、世の中で超気楽に暮らす男、私と遊ぶべきテーマじゃありません」と言ったセリフ」と「毒舌を吐き出すのにライムがが全くひるまず、堂々と自分の考えを明らかにしたシーンが記憶に残っている」と答えた。

続いて「そして視聴者の方々がとても好きになって頂いた「ムンジャワッション」もいい。実は監督から直接選んでみてと仰って頂き、私がその着信音を選んだ。
振り返ってみてもキル・ライムにはおもしろいセリフが本当に多かったようだ」と笑った。

最後にハ・ジウォンは「そうだったとしても、10年以上の間、こんなにまで多くの方々が長く愛して頂けるとは分からなかった。感謝が計り知れない。少し前には会社を通じて「シークレットガーデン」の作品のファンの方々が10周年記念の贈り物を送って下さった。だから「まだ忘れずに熱烈に愛してくださるんだな」と視聴者の方々の愛を感じました。時々、私も偶然でなく「シークレットガーデン」を見ると、まだときめいて感慨が新しい。私にはとても大切な作品だ。長い時間ライムがを愛してくれて感謝申し上げる」と重ねて感謝の気持ちを伝えた。
出典:XPORTS NEWS(http://www.xportsnews.com)

ジウォンさんのコメントが素敵ですね。

今でも「私の心の中にもキル・ライムは永遠に一緒にいる。私にも特別で忘れられないキャラクターなの…」は本当にそうなんだと思います。

携帯のメール通知ですが、当時は管理人も「ムンジャワッション」だったのを思い出しますね。ネットで必死に探したのを昨日のことのように思い出されます。

そしてショートヘアーのジウォンさんと言えば、もちろんキル・ライムですね。

記事のどの表情も懐かしくて素敵です(♥o♥) (♥o♥) (♥o♥)

管理人的には早く観たくてしょうがなかったドラマですから、繰り返し観ましたね。

でもって、管理人はファンタジー系ドラマが特に好きなんですが、この「シークレットガーデン」と「トッケビ」の二作品が特にファンタジー系としては秀逸でお勧めだと思います。

記事によると、最近の若い方も好んで「シークレットガーデン」を観てくれているみたいで嬉しいですね。

そして「シークレットガーデン」がなんでこんなに受け入れられているのかを少し管理人も考えてみました。

ヒョンビンさんの演じたチュオンのツンデレと、実は優しい男のギャップが魅力の一つでもありますが、やっぱりジウォンさんの演技力が魅力じゃないでしょうか!

ジウォンさんって、男装をさせても中性的な魅力がありますし、そこが魂が入れ替わっても見せどころになってたんじゃないかなぁ~。

チュオンの魂が入ったライムも何気に好きだったかも…(笑)

また落ち着いたらゆっくり観たいドラマですね。

kazySUS