チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

『ドラマワールド』でジウォンさんの娘役を演じたチェ・ミョンビンさんの記事です!

「ドラマワールド」でジウォンさんの娘サム役を演じたチェ・ミョンビンさんの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「ドラマの世界」チェ・ミョンビン「多国籍の俳優・スタッフとの呼吸、特別な経験」... 放映終了の所感

f:id:kazySUS:20210509194636j:plain

俳優チェ・ミョンビン ライフタイムオリジナルドラマ「ドラマワールド」でドラマワールドの運命を変えるカギを握っているキャラクターで緊張感を高める活躍を見せた。
去る8日放送された「ドラマワールド」最終回でサム(チェ・ミョンビン)は、ドラマワールドの悪役セス(ジャスティン・チョン)から母ジウォン(ハ・ジウォン)と父ダグ(ダニエル・デ・キム)を救うために一人で長い杭を持って現れた。

家族を守ろうと勇気を出したサムは後ろからセスを攻撃したが失敗し、サムの武器を奪い取ったセスがあっという間にダグを刺した。瞬く間にお父さんを失ったサムは、深い悲しみに陥った。

ドラマワールドの本規則通りなら人物の死は、そのドラマの中だけで一時的に行われるが、サムがセスを完全になくすため、ドラマワールドの規則を「ドラマでの死は永遠になる」と変えておいたもの。自身が変えた規則により、お父さんを永遠に失うことになったサムは、罪悪感に苦しんだ。

以後セスは、サムが変えておいた死のルールを一歩遅れて確認する。自身が行った仕事を元に戻すことが出来ないという事実に衝撃を受けた。

f:id:kazySUS:20210509194726j:plain

そしてサムに「あなたのしたことで、多くの人々が本当に死ぬだろう。単にドラマで死ぬのではなく」と言って、自分が犯した悪行の責任をサムに転嫁した。

これに対しサムは「いや!そうはさせないぞ。私たちはお前を阻む!」と叫んで最後までドラマワールドを救う意志を曲げない姿で視聴者たちに長い余韻を残した。

このようにチェ・ミョンビンは回を重ねるごとに「ドラマワールド」のリトルヒロイン サムとして完全に生まれ変わり、劇の真のマスコットとなった。チェ・ミョンビンはドラマの中の主人公たちの愛を繋げるために孤軍奮闘する愛のキューピットとして活躍しながら、賢いながらも可愛くて突拍子もない魅力で視聴者たちを微笑ませた。

そうであるかと思えば、家族の悲劇を描く場面では、吸引力のある感情演技まで披露して、卓越した緩急調節で劇の流れを弾力があるように導いた。

チェ・ミョンビンは「ドラマワールド」を終えて「「ドラマワールド」を通じて、今までとは違った環境で、多国籍の俳優、スタッフの方々と呼吸を合わせることが出来てとても特別な経験だった。私にこのような貴重な機会を与えてくれた「ドラマワールド」チームに感謝します。次も機会があれば「ドラマワールド」の監督、俳優の方々と必ずまた会って共にしたい。今後も様々な作品に挑戦しながら成長する姿お見せしたい」と放映終了の所感を伝えた。

そのチェ・ミョンビンは、現在上映中の映画「雨とあなたの物語」を通じてスクリーンでも観客たちに会っている。
出典:XPORTS NEWS(http://www.xportsnews.com)

今回は「ドラマワールド」でジウォンさんの娘サム役を演じたチェ・ミョンビンさんの記事をご紹介しましたが、彼女は既に現在上映中の映画「雨とあなたの物語」にも出演されているんですね。

写真で見る限り、子役ながらしっかりした演技が出来る俳優みたいです。

今回はジウォンさんと共演して、また役者として得ることが多かったんじゃないかな。

ジウォンさんと共演すると本当に役者として得ることが多いみたいですよ!

それだけ、ジウォンさんが素晴らしい演技と共演者にさえ影響を与える素晴らしい女優であると言う事ですけどね。

間の取り方や目線での演技とか、かなり学ぶことが多かったんじゃないかな。

これからも素敵な女優として羽ばたいてくれるといいですね。

それから私事ですが、本日で、はてなブログを開設してからまる二年になりました。

Yahoo!ブログから引っ越しして、早や二年になるんですね。

これからもジウォンさんの応援を長ーく続けてゆきたいと思ってますので、今後ともよろしくお願い致します。

kazySUS