チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

ジウォンさんの主演映画『海雲台』が記事として紹介されてました!

ジウォンさんが主演した2009年の映画「海雲台(邦題:TSUNAMI)」の紹介記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

EBS韓国映画特選「海雲台」「津波も流せなかった彼らの物語!ソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・チュンフン、オム・ジョンファ主演」

f:id:kazySUS:20220206110850j:plain

映画<海雲台(ヘウンデ)>は2009年7月22日韓国で公開されたユン・ジェギュン監督のドラマ作品だ。出演陣でソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・チュンフン、オム・ジョンファ主演、イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォン、ソン・ジェホ助演、評価情報でネチズン評価7.47、累積観客数11,324,791人を記録した120分の映画だ。観覧等級は12歳観覧可だだ。

ネイバー映画が紹介する映画<海雲台>のあらすじを調べてみよう。

「津波にも流されなかった彼らの話が始まる!」

2004年歴史上類例のない最大の死傷者を出して世界中に膨大な衝撃を与えたインドネシア津波。当時、インド洋に遠洋漁船に乗って出て行った海雲台生え抜きマンシクは予期せぬ津波に巻き込まれ、一瞬のミスで彼が信じて頼っていたヨ二父を失ってしまう。この事故のために彼はヨ二が好きながらも自身の心を隠さなければならない。そんなある日、マンシクは長く胸の中に留めておいた自分の心を伝えることに決め、ヨ二のために素敵なプロポーズを準備する。

f:id:kazySUS:20220206110923j:plain

一方、国際海洋研究所の地質学者キム・フィ博士は、対島と海雲台を囲んだ東海の状況が5年前に発生したインドネシア津波と似ているという膨大な事実を発見することになる。彼は韓国も津波に安全ではないと数回強調するが、彼の警告にもかかわらず災害防災庁は地質学的統計的に津波が朝鮮半島を襲う確率はないと断言する。

その瞬間にも海の状況は刻々と変わっていき、ついにキム・フィ博士の主張通り日本の対馬が沈下し、超大型の津波が生成される。真夏の暑さを冷ましている数百万の休暇シーズンの人々と平和な日常を送っている釜山市民たち、そして今ちょうどお互いの心を確認したマンシクとヨ二に向かって超大型津波が時速800kmの速い速度で押し寄せているが…。

「最も幸せな瞬間に迫ってきた途方もない試練、残った時間はたった10分!彼らは最も大切なものを守らなければなりません!」

f:id:kazySUS:20220206110959j:plain

映画<海雲台>は、毎年夏に100万人が集まる韓国を代表する休養地であり、韓国人なら誰でも馴染みのある空間である海雲台をバックに制作された作品だ。数多くの人々の多様な話が繰り広げられるこの場所に津波が発生するというユニークな設定を持った映画<海雲台>はハリウッドパニック映画と差別性を持つ。

映画制作陣は既存のハリウッドパニック映画が外的な規模と見どころを前に出すと同時に単一的なストーリーラインから抜け出せなかったならば、<海雲台>は「海雲台」という空間で起きる人々の話を込めてしっかりとしたストーリーと面白味で共感を形成すると明らかにした。華やかに浮かび上がらせる「津波」という素材にこだわるのではなく、個性の強いキャラクターに韓国国民が好むコードの笑いと感動を加え、「主=人」という<海雲台>だけの公式を守り、私たちだけの情緒を溶かしたと伝えた。

f:id:kazySUS:20220206111035j:plain

映画<海雲台>で描かれる人物はそれぞれの「物語」を持っている。長い間の片思いの終わりに愛を告白しようとするマンシクと突然海雲台に押し寄せた津波のため、未だ自分の心を表わすことができないヨ二、いつのまにか7歳になった娘に初めて会うことになったが、とても自身が父だという事実を言えないキム・フィと津波を通じて忘れていた家族の大切さを悟ることになるユジン。そして愛する人を守るために危険の中に飛び込むヒョンシクと周辺の引き留めにもかかわらず、彼を愛するようになるヒミ、母の願い通りに生まれて初めて面接を受けようと決めた日、津波に遭遇するトンチュンまで、身近に接することが出来るさまざまな人間群衆の姿と、彼らの人の匂いはエピソードで多様ながらもしっかりしたドラマを誇るのが特徴だ。

f:id:kazySUS:20220206111115j:plain

<ソル・ギョング プロフィール/フィルモグラフィー/作品活動>

主演を務めたソル・ギョングは1967年(年齢56歳)生まれ、漢陽大学演劇映画学科を卒業して活動中の韓国を代表する映画俳優だ。受賞歴のある2017年第54回大鐘賞映画祭の最優秀主演男優賞、2015年の第35回黄金撮影賞授賞式の最優秀男優主演賞など多数がある。

映画としては<幽霊>、<茲山魚譜>、<少年たち>、<夜叉>、<キングメーカー>、<パーフェクトマン>、<君の誕生日>、<偶像>、<1987>、<殺人者の記憶法>、<名もなき野良犬の輪舞>、<ルシッド ドリーム>、<西部戦線>、<22年目の記憶>、<願い>、<監視者たち>、<タワー>、<トラブルシューター 解決士>、<容赦はない>、<海雲台>、<公共の敵>、<戦い>、<あいつの声>、<熱血男児>、<力道山>、<シルミド/SILMIDO>他多数がある。

f:id:kazySUS:20220206111141j:plain

<ハ・ジウォンプロフィール/フィルモグラフィ/作品活動>

主演を務めたハ・ジウォンは1978年(年齢45歳)生まれ、檀国大学演劇映画学科を卒業したタレント兼映画俳優だ。受賞歴のある2017年MBC演技大賞ミニシリーズ部門女性最優秀演技賞、2016年スタイルアイコンアワーズ本賞ほか多数がある。放送で<ドラマワールド>、<チョコレート>、<ガリレオ:目覚めた宇宙>、<病院船>、<君を愛した時間>、<お姉さんとGOGO>、<奇皇后>、<キング~Two Hearts>、<シークレットガーデン> 、<ファンジ二>、<茶母>、<バリでの出来事>他多数がある。

映画としては<雨光>、<担保>、<マンハント>、<命がけの恋愛>、<許三観>、<朝鮮美女三銃士>、<コリア>、<第7鉱区>、<私の愛、私のそばに>、<海雲台>、<パボ>、<最後の贈り物>、<色即時空1・2>、<1番街の奇蹟>、<あしながおじさん>、<花嫁授業>、<愛しのサガジ>、<人生の逆転>、<フォン> 、<はさみ>、<同感>、<真実ゲーム>などがある。放送で<ガリレオ:目覚めた宇宙>、<病院船>、<君を愛した時間>、<奇皇后>、<シークレットガーデン>、<ファンジ二>、<バリでの出来事>、<茶母>、<太陽の誘惑>などがある。

今日6日(日)22時55分EBS1韓国映画特選で<海雲台>が放送される。
出典:韓国講師新聞(http://www.lecturernews.com)

この映画は管理人もかなり前に観て、確かDVDも購入したと思います。

東日本大震災を経験した日本ではちょっと受け入れがたい方々もいると思いますが、純粋な映画として観た場合には中々人間味のある作品だと思います。

どちらかと言うと記事にもありますが、海雲台という休養地で繰り広げられる人々の物語を災害という状況の中で描いた作品ですね。

結構前に観たので、内容はあまりよく覚えてないけど、キム・フィ博士が父とは明かしていない実の娘を助けるシーンがあったような気が…。

人はそんな事態で本当の姿が垣間見えるのかも知れませんが、自身を犠牲にしてでも人を助ける姿には心を打たれます。

そんなところがたくさんあった感動的な映画だったと思いますね。

そしてジウォンさん演じるヨニとソル・ギョングさん演じるマンシクとの秘めた恋も見どころの一つだったはずです。

ちょっと買ったはずのDVDを探して再視聴してみようかなぁ~(^^;

kazySUS