チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

ジウォンさんの新ドラマは『カーテンコール』へと名称変更になったようです!

先日ご紹介したドラマ「木は立って死ぬ」ですが、新しく「カーテンコール」と名前を変えて制作が始まるとの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

ハ・ジウォン、「カーテンコール」で戻ってくる...視聴率クイーンの帰還

俳優ハ・ジウォンがKBS新しいドラマ「カーテンコール」のヒロインを引き受けて新しい人生キャラクターを書き下ろす。

ハ・ジウォンは最近KBSの新しいドラマ「カーテンコール」に出演確定のニュースを伝えた。

「カーテンコール」は、北朝鮮から来たおばあさんの最後の願いを叶えるために、亡命した孫を演じる一人の男とその男と恋に落ちる一人の女性、そしてその演劇に絡み合った人々の話を扱った作品だ。

ハ・ジウォンは劇中「ホテル楽園」の末っ子娘であり総支配人のパク・セヨンに扮し熱演を広げる予定だ。パク・セヨンはホテル楽園を率いる実質的な経営者で、ホテルのA~Zまですべて経験して総支配人席に上がった実務ラインのリーダーだ。彼女は「妙な平凡さ」を持っており、政務に堪能な実務派で、すべての役職員に愛される存在だ。パク・セヨンは自身の日常に波紋のように登場した三人の男のために運命の渦を経験することになる。

ハ・ジウォンは「病院船」、「奇皇后」、「キング~Two Hearts」、「シークレットガーデン」、「ファン・ジ二」、「バリでの出来事」、「茶母」など出演するドラマごとに途方もない愛を受けて信じて見る俳優として位置付けられてきた。ここに映画「担保」、「コリア」、「海雲台」、「1番街の奇跡」などスクリーンでも興行記録を更新してきた彼女が新しいドラマ「カーテンコール」を通じてどんな姿を見せてくれるか多くの人々の関心が集まっている。

それだけでなく、「カーテンコール」はドラマ「月が浮かぶ川」、「風と雲と雨」、「サイムダン光の日記」などを演出したユン・サンホ監督と映画「息切れ」企画、「標的」脚本、「ヒットマン」、 「青年警察」を製作したチョ・ソンゴル作家が意気投合した作品で、ハ・ジウォンがカン・ハヌルと会ってどんな演技シナジーを作り出すのか気がかりだ。

温かいメッセージで感動を伝える2022年下半期の最高の期待作「カーテンコール」は、ハ・ジウォンとカン・ハヌルのキャスティングニュースを伝え、製作に拍車をかけている。二人に続き、どんな俳優が「カーテンコール」に合流することになるのか皆の注目を集めている。

そのKBSの新しいドラマ「カーテンコール」はすぐに主演俳優キャスティングを完了し、本格的な制作に乗り出す計画だ。
出典:TV REPORT(https://www.tvreport.co.kr)

ジウォンさんの主演ドラマ「木は立って死ぬ」ですが、新しく「カーテンコール」と名前が変更になったようです。

ドラマ名だと「カーテンコール」の方が感じがいいですね。

さてその「カーテンコール」でのジウォンさんの役柄が書かれてますが、ホテルの総支配人パク・セヨン役だそうです。

実務ラインのリーダーって感じみたいなので、ドラマ「君を愛した時間」のチーム長オ・ハナ役みたいなキャリアウーマンの役どころなんですかね。

どちらにしてもホテルオーナーの末っ子で政務に堪能な実務派でかつすべての役職員に愛される存在らしいので、いい感じの女性役職者を演じてくれそうです。

そして今回の相手役はイケメンのカン・ハヌルさんですが、ジウォンさんがどんなケミをみせてくれるのか楽しみですね。

まもなく本格的な制作がスタートするみたいですし、今後の新たなキャスティングも期待したいです。

管理人としては、演者としてのジウォンさんが観たいので期待大で今後の情報を待ちたいと思います。

kazySUS