チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』ジウォンさんがホテル総支配人のパク・セヨン役を引き受けた理由とは!

続々と情報が公開されているKBS2新ドラマ「カーテンコール」ですが、ジウォンさんがパク・セヨン役を引き受けた理由が記事になっていましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」ハ・ジウォン、外剛内柔タイプのホテル支配人に変身「新鮮さに惹かれた」

「カーテンコール: 木は立って死ぬ」ハ・ジウォンが「外剛内柔タイプ」のホテル支配人に変身する。 

KBS 2TV新月火ドラマ「カーテンコール:木は立って死ぬ」(演出ユン・サンホ/脚本チョン・ソンゴル/以下「カーテンコール」)は余命わずかな祖母チャ・グムスン(コ・ドゥシム)の願いを叶えるために前代未聞の特命を受けた一人の男の史上最大の詐欺劇にまつわる人々の話を込めたドラマだ。全年齢層が共感できる興味深いストーリーにスペクタクルな反転の醍醐味まで加えて視聴者に会いに行く。 

ハ・ジウォンは劇中ホテル楽園の総支配であるパク・セヨン役として登場する。一夜にして不慮の事故で両親を失った後、海外で専門経営者の修士過程を終えた長兄パク・セジュン(チ・スンヒョン)と承継に全く関心のない二番目の兄パク・セギュ(チェ・テフン)との間で祖母のチャ・グムスン(コ・ドゥシム)が血と汗を流したホテル楽園の名脈をつなぐのが人生最大の課題だと思い、底辺から経験を積んできた真の実力派リーダー。優れた実力だけでなく、温かい内面まで所有した人物でユ・ジェホン(カン・ハヌル)に出会い、計画になかった人生の道に入る。 

ハ・ジウォンは「カーテンコール」を通じてホテル総支配人の役割で演技変身を試みる理由について「シノプシスと台本の新鮮さに惹かれて選択することになった」と作品が持つ力と魅力に出演を決心したと明らかにした。 

パク・セヨンに完璧に没入しているハ・ジウォンはキャラクターに対する格別な愛情も忘れなかった。「セヨン役を研究しながら、セヨンが世界を眺める視線がよく表現されることが重要だと考えた。本人がしなければならないことは徹底して几帳面に処理するが、中身は情が深く温かい外剛内柔タイプの姉キャラクター」と説明し、「ホテル支配人という役割にふさわしい華やかなファッションがよく出てくる楽しみもプレゼントする」とし、キャラクター変身だけでなくルックス スタイリングももう一つの見どころであることを予告した。 

ハ・ジウォンだけでなく、カン・ハヌル、コ・ドゥシム、クォン・サンウ、ソン・ドンイルなど演技派俳優たちが大挙キャスティングされて黄金ラインナップで放映前から注目されていることに対して「幻想的な呼吸」と喜んで和気あいあいとした現場の雰囲気も耳打ちした。ハ・ジウォンは「すばらしい俳優たちと本当に楽しく撮っているのでたくさん期待してほしい」と感想を伝えた。 

そのハ・ジウォンが「外剛内柔タイプ」ホテル支配人に変身する姿が描かれる「カーテンコール」は、来る10月中に「法的に愛せよ」の後続で放送される。
出典:ヘラルドPOP(http://www.heraldpop.com)

このドラマ「カーテンコール」の脚本にちょっとだけ心配していた管理人ですが、ジウォンさんご自身が「シノプシスと台本の新鮮さに惹かれて…」って仰っているので安心しました(^^;

もちろんこちらの過去記事でお伝えした通り、制作陣も「下半期最高の期待作」と太鼓判を押しているので秀逸な作品になることは間違いないと思っています。

豪華な主演、助演陣が楽しく撮影しているともありますから、演出もいい感じで仕上がっているんだと思います。

ここまで紹介されると、このドラマ「カーテンコール」は期待しかないですね。

そして写真のパク・セヨン役のジウォンさんですが、凛々しく素敵ですね。

華やかな衣装でもシックな衣装でも、優しさがありながら芯がしっかりしている感じを受けます。

記事上では外剛内柔タイプってなってますが、管理人的には外柔内剛って感じも受けるんですけど皆さんはどうでしょうか?

でもって、肝心のドラマ「カーテンコール」ですが、脚本と演出がばっちりなら、あとは主演・助演の俳優陣が本来持っている演技力を存分に発揮して貰えれば、間違いなく「下半期最高の期待作」になると信じてますよ。

そんなこんなで管理人的には楽しみでしかないです\(^o^)/

kazySUS