チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』ハヌルさんとドンイルさんの初めての出会いシーン公開です!ー追記あり

ドラマ「カーテンコール」で初回に登場すると思われる主人公カン・ハヌルさんと元支配人役のソン・ドンイルさんが初めて出会うシーンが公開との記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

カン・ハヌルXソン・ドンイル、銃声が鳴った後、息をのむ一触即発状況「カーテンコール」

「カーテンコール」のカン・ハヌルとソン・ドンイルが人生の版図を変える運命のような出会いを始める。

来る31日明日初放送されるKBS 2TV新月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ、脚本チョ・ソンゴル)は余命わずかな祖母チャ・グムスンの願いを叶えるために前代未聞の特命を受けたある男の地上最大詐欺劇に絡まった人々の話を収めたドラマだ。チャ・グムスン(コ・ドゥシム)の最後の願いを成就させるために運命をかけた大きな演劇版を準備する二人の主人公カン・ハヌルとソン・ドンイルの初めての出会いシーンが公開された。 

カン・ハヌルは劇中で何事にも熱と誠意を尽くして生きていく無名の演劇俳優であり、チャ・グムスンと妙な縁で絡むユ・ジェホン役を演じる。ソン・ドンイルはユ・ジェホンの演技力に反して隠密で巨大な提案をするチャ・グムスンの右腕チョン·サンチョル役として登場する。

公開されたスチールでは、北朝鮮軍特殊部隊員の服装を着たユ・ジェホンが舞台の上で熱演を繰り広げる姿だ。時には銃を持ったまま誰かを脅かしていて、どんな状況なのか疑問を刺激する。一方、このすべての状況を見守るかのように、余裕のある表情と鋭い目つきをしたチョン·サンチョルの姿は即座に緊張感を誘発させる。

二人が共にした場面では、火花が散るようにお互いを警戒する雰囲気で拮抗している。そんなユ・ジェホンの手には何かが持たれていて、チョン·サンチョルが渡したものが何なのか、どんな話を交わしたのか好奇心を刺激する。チョン·サンチョルの言葉にしばらく躊躇するユ・ジェホンの表情も込められていて、果たして彼の提案を受け入れるのかどうか好奇心を抱かせながら初放送に向けた予備視聴者の関心も熱くなっている。

「カーテンコール」製作陣側は「1話から歴史的背景に壮大なスケールの火ぶたを切る。様々な人物が絡み合って多彩な事件が吹き荒れるように広がりながら緊張感と楽しさを加えるだろう」として「ユ・ジェホンとチョン·サンチョルの緊張感あふれる出会いが劇中どんな相乗効果をもたらすのか継続的に見守ってほしい」と視聴を促した。 

毎回一触即発の緊張感と響き強い大叙事詩でどんでん返しと感動がしっかりと結びついたドラマ「カーテンコール」は「月が浮かぶ川」、「風と雲と雨」、「サイムダン光の日記」などを演出したユン・サンホ監督と映画「ヒットマン」、「青年警察」などを制作したチョン・ソンゴル作家が意気投合した。
出典:OSEN(https://osen.mt.co.kr)

管理人はこの辺りのシーンが1950年代だと思っていたんですが、どうやら2020年代の演劇上のシーンみたいですね。

ソン・ドンイル演じるチョン·サンチョルが無名の演劇俳優ユ・ジェホンに出会うところだだったみたいです。

銃を構えたカン・ハヌルさんの迫真の演技と二役との情報から、本物の北の特殊部隊員だと思ってました(^^;

ソン・ドンイル演じるチョン·サンチョルの外見から考えれば分かることなんでしょうけど、思い込みとは怖いものですっかり信じ込んでました。

そんな管理人の勘違いは置いといて、事前情報でもありましたが、この辺りのシーンが1話の重要な場面である気がしますね。

それ以前にどんな風に演劇俳優ユ・ジェホンを見つけ出したのかも気になりますが…。

と言うか、逆に演じる孫が北訛りじゃないといけないと考えると、適任者でもあるわけですね。←と妙に納得する管理人でした(>_<)

もういよいよ明日が初放送となりましたが、事前に制作発表会があるみたいです。

その「カーテンコール」制作発表会は10月31日14時からですが、YouTubeでもリアルタイム視聴が出来るようですのでご紹介して置きます。

こちらのKBS 韓国放送公式YouTubeチャンネルで配信予定です。

2TV 월화드라마 [커튼콜] 제작발표회|KBS 방송 - YouTube

管理人も先ほど覗いて来ましたが、10月31日14:00にライブ配信となってました。

こちらも視聴して、楽しみながら夜の初放送を待ちたいと思います。

-------20221030追記-------

「カーテンコール」制作発表会は梨泰院で発生した残念な事故によりキャンセルとなったようです。

ドラマ「カーテンコール」は予定通り10月31日21時50分より初放送されます。

kazySUS