チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』ジウォンさんの一人二役演技についての記事です!

「カーテンコール」で見事な一人二役を演じているジウォンさんの演技が記事になってましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」ハ・ジウォン、完璧な一人二役好評

「カーテンコール」ハ・ジウォンが過去のコ・ドゥシムから現在のホテル支配人パク・セヨン役まで完璧な「1人2役」熱演でお茶の間に鳥肌が立った。

ハ・ジウォンは29日に放送したKBS2月火ラマ「カーテンコール」で楽園ホテルを守るために孤軍奮闘するホテル支配人としての姿とともに、チャ・グムスン(コ・ドゥシム)の回想シーンで楽園旅館を応援する若いチャ・グムスン役を務め、180度異なる魅力を発散した。

まず、パク・セヨンは楽園ホテルを売却するために総力を傾けている長兄パク・セジュン(チ・スンヒョン)が「(戦いで)勝つと思う?」と聞くと、それは分からない。でも負けない自信はあるよ」と言い返し、冷静な姿を見せた。これと共に祖母のチャ・グムスンに「楽園は私の人生の前提条件であり、ホテルがない人生は想像できない」と最後まで戦うことを予告してプロフェッショナルな「ガールクラッシュ」面貌を見せた。

一方、チャ・グムスンの若い時代に扮したハ・ジウォンは、北に置いてきた家族全員を待ちながら楽園旅館を運営する哀れな女性として、全く異なる姿を見せたところ。クッパ屋を経営しながら部屋の片隅を借り受けたお客さんパク・ムジンが自分を再び訪ねてヘアピンをプレゼントすると何気なく反応したが、翌日ヘアピンを刺してクッパを飲む姿で韓国での新しい出発を知らせた。この場面を通じてハ・ジウォンはチャ・グムスンがパク・セヨン兄妹の祖父と縁を結ぶようになった過程を粗雑ながらも丁寧に表現し、「信じて見る」演技力で絶賛を引き出した。

そうであるかと思えば、この日の放送末、パク・セヨンがユ・ジェホン(カン・ハヌル)の本当の正体を知る場面が電波に乗って劇中「大反転」を引き出した。パク・セヨンの知人であるソン・ヒョジン(チョン・ユジン)が旧知であるユ・ジェホンに対して「演劇俳優」と明らかにした後、写真を直接見せながら、これを確認したパク・セヨンが衝撃に陥る「驚愕エンディング」で没入度を爆発させたのだ。果たしてユ・ジェホンの正体を確認することになったパク・セヨンが今後どんな歩みを見せることになるのか、ハ・ジウォンの「カーテンコール」後半部活躍にさらに期待が集まっている。12月5日夜9時50分に9話放送。
出典:TV Daily(http://www.tvdaily.co.kr)

ジウォンさんですが、ホテル総支配人パク・セヨン役とチャ・グムスンの若い頃の二役で演技がとても好評のようです。

綺麗なパク・セヨンと質素なんだけど美しいチャ・グムスンで違いを見せながら見事に演じ分けてますよね。

どちらも同じ年代なんだけど、しっかり演じ分けが出来ていて雰囲気が違うと感じますが、皆さんは如何でしょうか?

先の記事でも書きましたが、管理人的にはチャ・グムスン役を演じているジウォンさんが好きですね。

写真の2枚目が質素な中に美しさがにじみ出ていて、特にいい感じだと思います。

管理人はもちろんですが、セヨンを演じるジウォンさんも好きですよ。

ただチャ・グムスンを演じているジウォンさんの方が観ていて自然な感じがするんですよね。

無理に演じていないって言うか、ごく自然なジウォンさんがそのまま絵になっている感じがします。

でも、よく考えてみると違うキャラクターを演じ分けるって凄い事なんですよね。

それをいとも簡単に熟しているジウォンさんはやっぱり凄いんだと思います。

演技力と言えば、チャ・グムスン役を演じているコ・ドゥシムさんも凄い方ですね。

見た感じでは、本当に自然に振る舞っている感じなんだけど、セリフ一言に重みがあって、見せる表情もそれを上手く表現している感じを受けますね。

そんなコ・ドゥシムさんの演じるチャ・グムスンがあって、思い出の中のチャ・グムスンをジウォンさんが上手く引き出している気がします。

だから余計にジウォンさんが演じるチャ・グムスンが引き立って見えるんじゃないかなぁ~と思ってます。

毎回チャ・グムスンの若い頃の場面が映し出されるたびに画面に見惚れている管理人でした\(^o^)/

kazySUS