チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』9話10話のビハインドメイキング映像が公開されました!

ドラマ「カーテンコール」9話、10話のビハインドメイキング映像に関する記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「お姉さんをいじめないで」..カン·ハヌル、ハ·ジウォン、胸キュン・エンディング誕生(カーテンコール)

「カーテンコール」が笑いから緊張まで多彩な撮影の雰囲気が盛り込まれたビハインド メイキング映像を公開した。

パク・セヨン(ハ・ジウォン)が偽の弟ユ・ジェホン(カン・ハヌル)の正体暴露エンディングで話題を集めたKBS 2TV月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ/脚本チョン・ソンゴル)9,10話ビハインドメイキング映像が公開された。

9,10話ビハインド映像には俳優たちがキャラクターに完璧に没入し、ディテールな感情表現演技を披露する姿が捉えられた。この日公開されたカン・ハヌルとハ・ジウォンのツーショットは、北から来た従弟ユ・ジェホンが無名の演劇俳優だという事実を知ったパク・セヨンが真面目に振る舞う姿だ。カン・ハヌルは普段よく驚くハ・ジウォンのためにそっと近づいたが結局大失敗。真剣な渦中にも隠せないいたずらっ子まで現れて目を引いた。俳優チ・スンヒョンとも撮影の合間に即興アドリブで現場の雰囲気を和気あいあいにさせた。

特に10話で話題を集めた手首エンディングシーンの誕生ビハインドも公開された。ユ・ジェホンがチャ・グムスンの孫リ・ムンソンを探ろうとパク・セヨンをいじめる記者に近づいて一針を刺した後、パク・セヨンの手首をつかんで現場を抜け出るエンディングシーン。本放送同様、迫力あふれるユ・ジェホンの姿が盛り込まれた。そんなユ・ジェホンの突発行動にパク・セヨンも隠しておいた感情を爆発させなければならない状況。ハ・ジウォンは怒りがこみ上げてきた姿を吐き出しながらも、カン・ハヌルの目を見ただけでも笑いが爆発する仲良しケミを表した。    

また特別出演で作品と画面を輝かせた俳優たちもビハインド映像に捉えられた。リ・ムンソンの妻ジンスク役を演じた俳優ペク・ジ二は、本撮影が行われる前からキャラクターに染み込んだ姿でユン・サンホ監督の感嘆を誘った。リハーサルの際に合わせた動作まで着々と披露し、特別出演以上の存在感を発揮したのだ。俳優ノ・サンヒョンもリ・ムンソンの胸が痛い過去の歴史を見せるために普段より一層真剣になった雰囲気でキャラクターのきめを生かした。 

撮影を終えたペク・ジニは、「監督とノ・サンヒョン俳優が気楽に接して下さって、よく終えることができた。重要なシーンであるだけに少しでも役に立ったらと思う」として「カーテンコールへ最後まで多くの愛をお願いする」と出演感想を述べた。

ホテル楽園の孫リ・ムンソンの存在を暴こうとするヘラン日報の熱血記者役で特別出演したキム・カンヒョンもベテラン俳優らしく線の太い演技を披露する姿がカメラに盛り込まれた。キム・カンヒョンは「現場の雰囲気が本当に良い。「カーテンコール」にしばらく出演したが、台本がとてもしっかりしていて面白いのでたくさん期待してほしい」と挨拶を残した。
出典:OSEN(https://osen.mt.co.kr)

最初のペク・ジニさん演じるリ・ムンソンの妻ジンスクがいいですね。

ペク・ジニさんってどっかで聞いたことあるなぁ~と思っていたら、なんと「奇皇后」のタナシルリ役だった方ですね。

メイクのせいか、もっとお歳の方だと思っていたんですが、いい演技でしたね。

情報では「奇皇后」の時にジウォンさんを観て、「共演者の感情をうまく引き出し、全てのシーンをきちんと考える姿に感銘を受けた」と話されているみたいですが、今回の妻ジンスクの演技は静かな演技の中にあっても、中々熱演だったと思います。

ジウォンさんを目標になんていう女優さんは管理人も大好きなんで、頑張ってほしいと願ってます。

そのビハインド映像はこちら

youtu.be

管理人も観ましたが、ジウォンさん含めて笑いが絶えない撮影現場ですね。

でもって、ジウォンさんの笑い声が響き渡ってますよね。

ちょとしたことで直ぐに笑うジウォンさんをカン・ハヌルさん辺りが面白がって笑わせているみたいで、とってもアットホームな雰囲気でいいです。

そして、とうとうセヨンから本名で呼ばれたユ・ジェホンの運命はどうなるのか、チャ・グムスンの前に現れた本物のリ・ムンソンはどう出るのか、来週の11話放送が楽しみです\(^o^)/

kazySUS