チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』の作品自体が持つ魅力とは!

ドラマ「カーテンコール」の作品魅力と好評の理由が記事になってましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」、口コミでちゃんと広まった…訳ありの好評

温かいヒーリングメッセージを盛り込んだ「カーテンコール」の底力が回を重ねるほど口コミに乗って2幕の人気に弾みをつけている。

余命わずかな祖母のため偽孫の最後の願い成就プロジェクトを盛り込んだKBS 2TV月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ/脚本チョン・ソンゴル)が感動を醸し出す濃厚な響きを徐々に解きほぐして毎回ヒーリングをプレゼントしている。ここに視聴者たちの心を掴む偽孫ユ・ジェホン(カン・ハヌル)と本物の孫リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)の真実攻防戦というしっかりとした緊張まで乗せられ、エンディングごとに話題だ。特に最近の法定物、捜査物、ファンタジー物、ロマンス物など多様なジャンル物洪水の中で基本技に忠実なヒューマンヒーリングドラマとして慈雨のような魅力を見せている。

「カーテンコール」はドラマ「月が浮かぶ川」、「風と雲と雨」、「サイムダン光の日記」などを通じて演出力を認められたユン・サンホ監督と映画「ヒットマン」、「青年警察」などを製作してブランドネームを証明したチョ・ソンゴル作家が一致協力して穏やかで流麗な流れで視聴者を徐々に陥り込んでいる。カン・ハヌル、ハ・ジウォン、コ・ドゥシム、ソン・ドンイル、チョン・ジソ、ノ・サンヒョン、クォン・サンウなど、そうそうたる演技派俳優たちの強大な演技力も作品を輝かせている。何より刺激的な悪党や原初的な悪役が大きくなくても、毎回緊張感が極大化している上、心温まるヒーリングメッセージまで伝えており、感動と楽しさの両方を掴んだという反応が続いている。

回を重ねるごとにしっかりとした視聴層を確保し、底力を発揮できたのは「カーテンコール」が持つ強力なメッセージに力がある。核家族化社会に完全に突入した今の時代に、祖国分断から先端社会まで3世代を完璧に網羅する大家族の風景とストーリーは、共感と郷愁を刺激し、心地よく感じられる。結局、人間の心を導く原始的な力は家族から生まれるということをきちんと示しているのだ。忘れて過ごした家族の大切さと条件のない愛の深い意味を「カーテンコール」を通じてもう一度悟るようになったという呼応があふれている。

名俳優コ・ドゥシムが熱演中のチャ・グムスンという巨木のようなキャラクターも作品の根元を強く支えてヒーリングメッセージを抱かせている。3ヶ月という余命の人生を生きるチャ・グムスンを守るために、みな先頭に立って家族として一つになる姿を徐々に見せているのだ。

過去10話放送でも、チャ・グムスンが一生一群のホテル楽園を売却させることに忙しかった最初の孫パク・セジュン(チ・スンヒョン)が本当の孫公開という決定的な瞬間に日を持たせたのも、結局は個人の利己心より家族の大切さがもたらす深い響きと解釈され、共感を刺激した。結局、偽の孫と本物の孫、嘘と真実、人生と死という対比される両面性も、家族という名前ですべての境界を崩してしっかりと束ねられることを示している。現在、チャ・グムスンを中心に様々な事件が巻き込まれており、後半にさらに人気の弾みをつける展望だ。

作品が持つ堅い魅力のおかげで国内を越えて海外でも人気巡航中だ。Amazon Prime Video、Rakuten Viki、iQIYI Internationalなど各種OTTサービスを通じて各国で着実にトップ上位圏の成績を出して、世界中のKキラーコンテンツとして脚光を浴びている。全世界唯一の分断国家の唯一無二の痛みが言語と時代的な障壁を越えて海外視聴者にも家族のヒーリングメッセージとしてしっかり通じて温かさをプレゼントしている。
出典:OSEN(https://osen.mt.co.kr)

ドラマ「カーテンコール」ですが、前々回記事での視聴率から判断してあまり好評とは思ってなかったんだけど、ドラマとしての評価は高いようです。

確かにこれがっていう強烈なインパクトはないんだけど、俳優陣の演技力の高さとその表現力の高さで家族愛をしっかり伝えているところがこのドラマのいいところだと思います。

偽孫ユ・ジェホンと本物の孫リ・ムンソンが存在していることを察知しても、家族の前では正体を暴かず、どう最終的に伝えるのが良いのかを苦悩しているところですが、それも全ては家族愛だと感じますね。

その偽孫を計画したソン・ドンイルさん演じるチョン・サンチョルだって、元を正せば余命わずかなチャ・グムスンへの恩に対する愛情なんだと思います。

そして偽孫を演じるユ・ジェホンにとっても、叶わなかった肉親への愛情が重なり合うから演技以上にチャ・グムスン家の家族に伝わっているんじゃないかなぁ~。

そんな個々の色々な想いをこれから先の展開でどれだけ美しく表現して魅せてくれるのかが、今後このドラマの本当の評価を決めるポイントだと思いますね。

そういう意味でも、11話以降の展開と見せ方がとっても楽しみなんですよね。

いよいよ明後日の夜放送ですが、楽しみです\(^o^)/

kazySUS