チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』後半戦の注目すべき観戦ポイントとは!

ドラマ「カーテンコール」もあと6話を残すだけとなりましたが、後半戦の観戦ポイントを紹介した記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」、後半戦の注目すべき観戦ポイント3

「カーテンコール」が一層緊張した面白さと感動で視聴者を訪ねてくる。

偽孫の隠密な演劇という穏やかなストーリーの中でしっかりした展開、家族の大切さを思い出させてくれる胸がつまるヒューマニズム、予想を破る事件が与える反転スリル魅力などで人気の折り返し点を回ったKBS 2TV月火ドラマ「カーテンコール」が中後半の没入度を高めてくれる視聴観戦ポイントを公開した。

#カン・ハヌルXハ・ジウォンXノ・サンヒョンX(チ・スンヒョン、絡み合った4人… 嵐の緊張感予告

チャ・グムスン(コ・ドゥシム)をめぐる孫の真実争奪戦が熱い。秘密の演劇を無事に終えるべき偽孫ユ・ジェホン(カン・ハヌル)と自分の存在を必ず知らせなければならない本当の孫リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)の避けられない一本勝負が密かに展開されている状況。

チャ・グムスンの孫であるパク・セヨン(ハ・ジウォン)とパク・セジュン(チ・スンヒョン)は、ホテル楽園の売却対立に続き、ユ・ジェホンの正体暴露の岐路に立たされており、4人の人物が送る四角編隊の緊張感が毎回爆発中だ。

#どっしりとしたヒューマンからさらっとロマンスまで!「ジャンルグルメ」本格出撃!

「カーテンコール」に登場する主要人物はみな真実を隠しているか、互いに背を向けている状況だが、結局家族という名前で一つに繋がっている。ここに大きな木のように彼らの心強い支えになっているチャ・グムスンの寛大な懐が徐々に明らかになり、薄れていく家族に対する意味を悟らせ、深いヒューマニズムに感動まで与えている。また、ユ・ジェホンとパク・セヨンは硬い従姉弟の境界が崩れ、関係が再確立される。ここにユ・ジェホンを片思いする偽の妻ソ・ユ二(チョン・ジソ)が依然として周りをうろついていて、パク・セヨンからついに結婚許諾を受けた元婚姻者ペ・ドンジェ(クォン・サンウ)が粘り強く布陣しており、複雑な四角ロマンスまで加わって多彩なジャンルグルメに生まれ変わっている。

#「偽vs本物」コ・ドゥシムの最終選択は?「真実ゲーム」の結果は?

本物の孫リ・ムンソンが韓国まできてミステリーな展開と強烈なエンディングが繰り返され、毎回緊張感が爆発している。

ユ・ジェホンが時間が経つにつれて偽孫の役割を跳び越え、人物に完璧に憑依された姿を見せながら、退くことの出来ない真実対決がさらに過熱する見通しだ。果たして偽孫の最後の演劇が終わってカーテンコールが上がる瞬間にも、皆が幸せな笑みを浮かべることができるか、結末に視線が集まっている。

「カーテンコール」制作陣は「回を重ねるごとに真実を明らかにしようとする者と、真実を隠そうとする者の避けられない対決が激しくなる予定」として「息詰まる展開と心が温まるストーリーで作品の息遣いまで、ディテールに生かす多様な見どころを抱かせる予定なので、後半部をさらに期待してほしい」と伝えた。
出典:MBN STAR(https://star.mbn.co.kr)

9話で折り返した「カーテンコール」ですが、10話での展開を踏まえた後半戦の見どころとして観戦ポイントが3つ上がってますね。

一つ目はホテル売却をめぐる兄妹に加えて偽孫と本物の孫の4人の関係。

真実を知る長兄パク・セジュンと妹のパク・セヨンがいつ真実を明かすのか、そして偽孫ユ・ジェホンと本当の孫リ・ムンソンの対決はどうなるのか?

やっぱりキーマンはソン・ドンイルさん演じるチョン・サンチョルでしょう。

加えて、セヨンとユ・ジェホンの関係はどうなるのかも気になりますよね。

二つ目はやっぱり、コ・ドゥシムさん演じるチャ・グムスンですね。

このドラマの中で一番表現されるべきはコ・ドゥシムさん演じるチャ・グムスンの家族への思いやりと優しさなんじゃないでしょうか?

毎回、事件が起こってもコ・ドゥシムさんの演技で癒されている気がします。

三つ目もやっぱりコ・ドゥシムさん演じるチャ・グムスンが偽孫と本当の孫を最終的にどう解釈されるのか気になりますね。

真実は知ると思いますが、真実を明らかにするのか、騙されたふりを貫き通すのかも見どころですね。

この辺りは、制作陣がどうまとめるのか、もの凄く興味があります。

いよいよ明日の夜に11話が放送されますが、この辺りもしっかり観ていきたいと思います(^^)

kazySUS