チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』11話の放送内容の詳細記事です!

ドラマ「カーテンコール」11話の放送内容の詳細が記事になってましたのでご紹介して置きます。

ハ・ジウォン、カン・ハヌル演劇合流..ノ·サンヒョン、コ·ドゥシムに「切ない」 (カーテンコール)

「カーテンコール」ハ・ジウォンが演劇界に飛び込んだ。

12日放送されたKBS2TV月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ/脚本チョン・ソンゴル)ではユ・ジェホン(カン・ハヌル)がパク・セヨン(ハ・ジウォン)に正体がバレた。

この日、リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)は一人でカフェに座っているチャ・グムスン(コ・ドゥシム)に近づいた。彼は「座ってもいいか」と尋ね、チャ・グムスンは「年寄り一人で窮状するのが残念だからではないだろう」と話した。その言葉にリ・ムンソンは「仲間に会うことにしたが、全く便りなくてもどかしかったところだった」と答えた。

チャ・グムスンはリ・ムンソンの語り口に驚いて「どこから来たのか」と尋ねた。北から来たというリ・ムンソンの話にチャ・グムスンは「ああ、こんなにうれしい時が嬉しいです。私も北が故郷だから」と喜びを表した。リ・ムンソンは「うちの父さんの仲間が南に行くことになったら、この沖合いに必ず行ってみる」と言っていました。眼差しがどうも「同鄕の人ではないか」と思って、私の恥知らずで一緒に座ることになりました」と話した。

するとチャ・グムスンは過去別れた家族を思い出して別れた孫に会ったと伝えた。これに対してリ・ムンソンは「それは良かった」として「うちの父さんの仲間はこの南に旅立った母親を懐かしがって、母親を恨むようになりました。生きるのが大変なら、どこかに寄りかかるか、どこかのせいにするか、その二つだけです。そうでした。うちの父さんは。そばにいない母親に頼って母親のせいにするようになりました」と打ち明けた。以後リ・ムンソンが去った後、チャ・グムスンは幼いリ・ムンソンを思い浮かべながら手を震わせた。

同じ時刻、ユ・ジェホンはパク・セヨンに正体がバレた。自身を心配するユ・ジェホンに向かって、パク・セヨンは「あなたが何で、弟だから。口を出すの、あなたが何で私にそんなことを言うの。あなたは何!」と尋ねた。これに対してユ・ジェホンは「私たちが他人ですか」と話し、パク・セヨンは「そうです、私たちはただの他人です。そうじゃない?ユ・ジェホン?」としながら「演劇俳優ユ・ジェホン」を確信した。

慌てたユ・ジェホンは、「私の話を一度だけ聞いてください。説明したい」と釈明しようとした。パク・セヨンは「何を説明するの。なぜそうしたのか分かる気がして。だから私も知らないふりをしたのよ。あの記者が私を訪ねてきた理由も弟ではなく、あなたを弟として取材するために来たのよ。それが明らかになればどうなると思うの。あなたの顔が楽園グループに戻ってきた3番目の孫リ・ムンソンとして記事に刻まれていけば、あなたはどうなるのでしょうか」と怒った。

続いてパク・セヨンは「私があなたのためにどうしたの、あなたは私がバカみたいか」と問い詰めた。ユ・ジェホンは申し訳ないと言い、パク・セヨンは「一つだけ聞くわ。私によくしてくれたこと、それもあなたがしなければならない演技だからなのか、そうだったのか。あなたと楽しかった時間、私たちの思い出も、すべてが偽物だったのか」と尋ねた。ユ・ジェホンは「いいえ。本物だった。リ・ムンソンとしても、演劇俳優ユ・ジェホンとしても本物でした」として真心を伝えた。

その日の夕方、ユ・ジェホンは、チョン・サンチョル(ソン・ドンイル)、ソ・ユ二(チョン・ジソ)を召集し、パク・セヨンに正体がバレたことを告白した。ソ・ユ二はぎこちなく笑いながら謝罪し、チョン・サンチョルにやらされたと話した。これに対してパク・セヨンは「この家の中でこの時間以降、この話は禁止。家の中で私と話す時も、リ・ムンソン、チャン・ジンスクとして話して」と頼んだ。

それからパク・セヨンはチョン・サンチョルに「おじさんがそうでしたよね?どんな状況であれ真実の方がましだ。その言葉通り、両親に話して凄く怒られた」と過去パク・セギュ(チェ・デフン)の自転車をこっそり乗って壊した事件を引き出した。続いて彼女は「それでもおじさんのいう通りでした。隠れて逃げるよりもましだということ。今でもおじさんのいう通りだと思います」と話した。これに対してチョン・サンチョルは「会長の行く道、最後の記憶を幸せだけで満たしてあげたかった」と打ち明けた。パク・セヨンは「知っています。だから私もこれだけは間違っていると思うことを一度やってみようと思います」と秘密を守った。

以後、パク・セヨンは、チョン・サンチョル、ユ・ジェホン、ソ・ユ二を外に呼んだ。チョン・サンチョルは本当のリ・ムンソンは全く違う人だと明らかにし、「私がリ・ムンソンを探してほしいと頼んだ友人がいて、そいつがパク・セジュン(チ・スンヒョン)と組んだ。それで中国で本当のリ・ムンソンを連れてきたようだ」と明らかにした。これを通じてパク・セヨンはパク・セジュンもすべての真実を知っていることが分かった。

するとパク・セヨンは「私たちも知らないふりをします」とし「こうなった以上、おばあ様にすべての真実を知らせてはいけません。すでに始まった演劇の結末までハッピーエンドで仕上げましょう。二人は演技を続けて、おじさんはリムンソンの動向把握ができますか?」と尋ねた。チョン・サンチョルはまだ把握できていないとし、情報が入ってくれば教えると答えた。
これにパク・セヨンは「私ももう上がってしまった。皆さんが作った舞台。セジュン兄さんの思い通りにはいきません。私が全部守る。おばあ様の思い出もホテルも」と話した。

一方、チャ・グムスンはカフェで一人で座って海を眺めた。これを発見したリ・ムンソン。そしてその時、チャ・グムスンの前にユ・ジェホンが近づいた。すっかり話しかけて肩を揉むユ・ジェホンの姿に、リ・ムンソンはチャ・グムスンを切なく眺めた。
出典:OSEN(https://osen.mt.co.kr)

いゃ~、長い記事でしたが、ほぼ問題ないレベルに翻訳出来たと思います。

これを読んだだけでも、11話が如何に内容が濃くて、ここからが本当の意味での第二幕なんだと思えますね。

序盤の本物のリ・ムンソンがチャ・グムスンと話す場面のチャ・グムスンを演じるコ・ドゥシムさんの演技が秀逸ですよね。

台詞の間といい、素晴らしい表現力だと感じました。

所々で魅せるコ・ドゥシムさんの名演がこのドラマの中心なんだと感じさせられます。

でもって、本物のリ・ムンソンがちゃんとチャ・グムスンを気遣って、本当のことを言わず、たとえ話で気持ちを伝えているのがいいですね。

本物のリ・ムンソンも素行は悪かったけど、実は凄くいい奴なんだと表現されていて良かったです。

あとはセヨンが味方についてくれて「私ももう上がってしまった。皆さんが作った舞台。セジュン兄さんの思い通りにはいきません。私が全部守る。おばあ様の思い出もホテルも」の決意表明が良かったです。

この11話のジウォンさん演じるセヨンの表情がとってもお気に入りです(♥o♥) (♥o♥)

もちろん今までも良かったんですが、なんか吹っ切れた様な表情がいつにも増して素敵なんです。

これ以外にも幾つか見どころはありますが、その記事は時間があれば紹介したいと思います。

kazySUS