チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』残り4話の観戦ポイントが公開されました!

「カーテンコール」終了まで残すところ4話だけとなりましたが、残り4話の観戦ポイントを公開した記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」終了まで4話… カン・ハヌル、ハ・ジウォンに告白「偽孫の運命は?」

余命わずかな祖母のために偽孫の願い達成演劇で笑いから感動までフル装着したKBS2TV月火ドラマ「カーテンコール」(脚本チョン・ソンゴル/演出ユン・サンホ)が、放送終了までたった4話を残した中で視聴興味をアップしてくれる観戦ポイントを公開した。

#チャ・グムスンのための白い嘘… 益々バレる演劇の行方は

戦争のために生き別れた家族に夢でも会いたいホテル楽園の創立者チャ・グムスン(コ・ドゥシム)。余命判定を受けたチャ・グムスンを幸せにするただ一つの演劇のために俳優出身の偽孫ユ・ジェホン(カン・ハヌル)が夢のように訪ねてきた。3ヶ月間絶対にバレてはならないこの秘密の演劇にも少しずつ亀裂が入り始め、北から本当の孫リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)まで現れてすべてのことがバレる直前だ。カン・ハヌル、ハ・ジウォン、コ・ドゥシム、ソン・ドンイル、チョン・ジソ、ノ・サンヒョン、チ・スンヒョン、チェ・デフン、ファンウ・スルヘ、クォン・サンウなど、名俳優たちの演技饗宴がベールに包まれた秘密演劇の全貌をきわどく表わして視聴者にピリッとした緊張感を与えている。

#カン・ハヌルXハ・ジウォンXチョン・ジソXクォン・サンウ… 四角ロマンスはどうなるだろうか

お互いの正体を知ったユ・ジェホン、パク・セヨン(ハ・ジウォン)、ソ・ユ二(チョン・ジソ)、ペ・ドンジェ(クォン・サンウ)の駆け引きロマンスケミも見逃せない。パク・セヨンはユ・ジェホンが従弟ではなく無名の演劇俳優だという事実を知った後、心強かった感情をおさめて線を引いている。ユ・ジェホンが相続される遺産でホテルを守ろうとしたが無意味になると、直ぐに持分所有者である元婚約者ペ・ドンジェの心を受け入れて結婚を決心した。すべてを揃えたペ・ドンジェは、パク・セヨンと近くで接しているユ・ジェホンがしきりに気になる。ユ・ジェホンはパク・セヨンが心にもない結婚をするのが残念で、結局自分の心を告白し、偽の妻ソ・ユ二(チョン・ジソ)はユ・ジェホンへの本音を表に出せないまま、気をもんでばかりしていて、複雑な四角ロマンスがどんな展開を継続するか関心が集中している。

#余命わずかなコ・ドゥシム「偽VS本物」どこまで分かるだろうか

生きる日がいくらも残っていないチャ・グムスンの幸せのために孫の正体を暴かず固く団結した家族たち。チャ・グムスンは偽孫と本当の孫の真実を知っているだろうか。人生の終わりで向き合った真心がチャ・グムスンに胸がジーンとする幸福感が訪れるか、視聴者の注目が集中している。「カーテンコール」の制作陣は、「温かい家族の代名詞のようなチャ・グムスンが、偽孫の演劇の向こう側にある真心にどのように近づいていくのかを見ていけば、胸が詰まるような響きを感じることができるだろう。」として「チャ・グムスンが果たして本当の孫に気づいて幸せになれるのか、彼らの胸にジーンとくる現実劇を最後まで見守ってほしい」と呼びかけた。

「カーテンコール」は毎週月火夜9時50分に放送される。
出典:スポーツトゥデイ(http://www.stoo.com)

ドラマ「カーテンコール」も終了まで4話を残すだけとなりましたが、記事では3つの観戦ポイントが紹介されていますが、この中で注目したいのはチャ・グムスンがどこまで演劇だということを理解しているかですね。

12話を観る限り、もう心のどこかで疑問が湧いてきている感じがします。

例えば、カフェで本物のリ・ムンソンを待ってみたりと、何かしら薄々気づき始めている気はしますね。

ただチャ・グムスンが本物のリ・ムンソンを知っただけでは何も解決しないので、この残り4話でどういう展開にしてハッピーエンドに繋げてくれるかですね。

流石にこのままの展開だけで終わるんじゃないとは思いますが、予想だにしなかった感動的な展開が欲しいです。

管理人的には、まだユ・ジェホンの過去がまだ明確に明かされていないところに期待してます。

ちょっと前の記事でも、ちらっとご紹介しましが、ユ・ジェホンの祖父辺りが北から来たとかの話になれば、グッと面白くなるんじゃないかと思いますね。

あとは「カーテンコール」の制作陣がどんな脚本で展開を組んでいるのかが楽しみです。

いよいよ来週放映される13話と14話辺りが終盤へ差し掛かる大事な見せ場でもあると思うので期待して待ちたいと思います\(^o^)/

kazySUS