チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』14話の放送内容の詳細記事です!

昨日放映されたドラマ「カーテンコール」14話のまとめとも言える詳細記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」コ・ドゥシム昏睡状態...ソン·ドンイル「すべてが演劇」真実暴露

「カーテンコール」ソン・ドンイルは家族の前で真実を告げた。

去る20日放送されたKBS2月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ/脚本チョン・ソンゴル/制作ビクトリーコンテンツ)14話では偽孫ユ・ジェホン(カン・ハヌル)と最後の思い出旅行に出発して倒れたチャ・グムスン(コ・ドゥシム)が幸い安定を取り戻したが、昏睡状態に陥って心配を買った。偽孫で俳優ユ・ジェホンを連れて演劇を進行したチョン・サンチョル(ソン・ドンイル)はすべての真実を明らかにし、家族たちと冷ややかな感情対立を繰り広げた。14話視聴率は5.2%(ニールセンコリア、全国世帯基準)で視聴者たちの心を捉えて注目を集めた。

ユ・ジェホンとソ・ユ二を家族として扱ったパク・セギュ(チェ・デフン)とヒョン・ジウォン(ファンウ・スルヘ)はすべてが演劇だったという事実を知った後、激しい裏切りを感じた。特にソ・ユ二と親切な家族愛を分けたヒョン・ジウォンは「みんな偽物だったのか。その人が偽物であれば、すべての言葉と行動もすべて偽りだ」と鬱憤をぶちまけて当事者の心を痛めさせた。 

すべての事実を明らかにした後、頭を下げたソ・ユ二とユ・ジェホンは、その後にチャ・グムスン家を離れることになった。家政婦のチョンスクは「会長が二人が来てから、あんなに幸せにそうな姿は本当に久しぶりだった」と感謝の気持ちを表し、本来の位置に戻る寂しい足取りを慰めた。 

ホテルの楽園を頼もしく守ってきた屈しないパク・セヨン(ハ・ジウォン)もチャ・グムスンが倒れると何もしなかったという考えに心が崩れ落ちた。そしてホテル楽園を退社して最後の挨拶をしに来たユ・ジェホンに自身も知らないうちに頼ることになった。チャ・グムスンの健康が気になるのは、偽孫ユ・ジェホンも同じこと。二人は並んで座り、心をもたれかけながらお互いを慰めた。そんな二人の姿をペ・ドンジェ(クォン・サンウ)が後ろから見守り、きわどいロマンスの緊張感も続いた。

そんな中で、北から来た本物の孫リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)がチャ・グムスン家に入城し、パク・セジュンはビルトンの実態調査団を呼んでホテルの売却手続きを進めて遺産を整理するという意を明確にした。チャ・グムスンが生きているにもかかわらず遺産を云々すると、チョン・サンチョルは大きく怒った。

本来の位置に戻った俳優ユ・ジェホンは自身にあったことを演劇台本として書き下ろした。タイトルは「カーテンコール」。台本を完成したユ・ジェホンは俳優たちを呼び集めて「カーテンコール」演劇を舞台に上げることに決めた。この舞台にはパク・セギュが演劇俳優として名前を上げてみんなの驚きを買った。ユ・ジェホンが台本を書いて舞台を企画したのは、ただ一人のチャ・グムスンのためだった。チャ・グムスンが再び目覚めれば、その時公演をする計画だった。果たしてチャ・グムスンが病床で起きて舞台を見に来ることができるのか今後の展開に対する深い没入感を与えた。

そのチャ・グムスンのためのたった一つの演劇「カーテンコール」の開幕は実現出来るのか予測不可能な展開とどんでん返しの連続で最後まで緊張感を漂わせる「カーテンコール」は毎週月、火午後9時50分に放送される。
出典:ヘラルドPOP(http://www.heraldpop.com)

まずは視聴率ですが、14話は5.2%だったとのことですが、相変わらずあまり振るわなかったみたいです。

個人的には結構面白い脚本だと思いますが、視聴者受けは良くないんですかね。

俳優の演技力と言う点ではいい感じなんでしょうけど、視聴者には今一つ響いていない感じなんでしょうかね。

話を記事の内容に戻すと、とうとう本物の孫リ・ムンソンがチャ・グムスン家に登場しましたが、幸い祖母のチャ・グムスンは入院中で逢えていないのが良かったです。

あと、ユ・ジェホンが今回の事を演劇台本として書き下ろして、チャ・グムスンが再び目覚めたら、チャ・グムスンだけのために公演するみたいですね。

これはこれで見ごたえはありますが、少なくとももう一波乱くらいはないと、予測不可能な展開とどんでん返しの連続とは言えないと思います。

それと、ホテル楽園の売却をどんな風に阻止出来るのか?

残り2話の終盤で、どういう風に脚本家が予測不能な展開で見せてくれるのか楽しみではありますね(^^;

kazySUS