チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』15話の放送内容が公開されました!

昨日放送されたドラマ「カーテンコール」15話の放送内容の詳細な記事が公開されましたのでご紹介して置きます。

カン・ハヌル、偽孫の告白… コ・ドゥシム「すぐに分かった」衝撃反転(カーテンコール)

「カーテンコール」のコ・ドゥシムとカン・ハヌルが偽の演劇の中に隠しておいた真心を取り出してお互いに許しを請うた。

26日夜9時50分放送されたKBS2「カーテンコール」(脚本チョン・ソンゴル、演出ユン・サンホ、制作ビクトリーコンテンツ)15話では余命判定を受けたチャ・グムスン(コ・ドゥシム)が昏睡状態から劇的に目覚め、偽孫ユ・ジェホン(カン・ハヌル)と再会する姿が描かれた。偽孫という仮面をかぶったまま向き合う勇気が出なかったユ・ジェホンは、結局、涙の謝罪と共に正体を告白した。ところが驚くべきことにチャ・グムスンは倒れる前からすでにユ・ジェホンの正体を知り、本人も知らないふりを演じたと打ち明けて衝撃を与えた。昨日放送された15話視聴率は5.3%(ニールセンコリア、全国世帯基準)でお茶の間を温かく熱して視聴者を惹きつけた。

この日放送は危機だったチャ・グムスンが劇的に目覚め、事件の変曲点を迎えた。チャ・グムスンは生死の危機にも関わらず、北の孫のリ・ムンソンを探した。これに対してチャ・グムスンの南の孫は、偽物と本物のどちらを呼ぶのか悩んで、偽孫ユ・ジェホンを呼ぶことにした。これについてパク・セヨン(ハ・ジウォン)はユ・ジェホンに「今日最後のリ・ムンソンを演じてほしい」と頼み、一族を去って平凡な演劇俳優に戻ったユ・ジェホンはまた偽孫リ・ムンソンとしてチャ・グムスンの前に現れた。

だが、死の狭間という切迫した瞬間で向き合った祖母の真心にこれ以上背を向ける方法はなかった。ユ・ジェホンは「リムンソンではなくすみません」と涙で許しを請うた。背信と怒りで衝撃を受けそうだったチャ・グムスンの口から思いがけない返事が出てきた。すでに偽物であることを知っていたが、自分を思う気持ちが素晴らしく、それによって幸せだったので知らないふりをしたという。むしろチャ・グムスンは「私が一生で初めて演技をしてみたが、どうだったか」とウィットにとんだ言葉でユ・ジェホンを慰めた。

これに対して本当の姿でチャ・グムスンの前に立ったユ・ジェホンは、祖母の人生が溶け込んだ演劇「カーテンコール」公演に是非来てほしいと頼んだ。演劇が終われば、直接舞台に立って感謝の挨拶をしてほしいと快癒を祈ったもの。ところが約束をしようとした時にチャ・グムスンの健康が悪化し、再び危機の瞬間が訪れて視聴者を衝撃に陥れた。カン・ハヌルはユ・ジェホンの幅広い感情線に完全に没入し、純度の高い涙の熱演で名場面を繊細に完成させてやり遂げた。

チャ・グムスンから真心を伝え聞いたユ・ジェホンは孫リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)に会って祖母と一緒に過ごした時間を教えることにした。リ・ムンソンに溜まった祖母に対する誤解と不信を解きたかったのだ。祖母の手による味が詰まったクッパから、祖母と一緒に行った沿岸桟橋の前の浜辺と竹林の道まで回りながら、北にいる家族を一生待ってきたことを周知させた。すべてを塞いだ鉄甕城のようだったリ・ムンソンの心にも少しずつ亀裂が生じ、竹林道に留まり、感情を落ち着かせたりもした。

クモの巣のように絡み合ったロマンスも徐々に糸口を見出している。パク・セヨンを訪ねたユ・ジェホンは、自分が本当に誰なのか教えるとして演劇を見に来てほしいと頼んだ。二人で会ったのが目に障ったペ・ドンジェ(クォン・サンウ)はユ・ジェホンの気分を害した。これに対してユ・ジェホンはパク・セヨンに結婚承諾を受けても気分が晴れないのは相手の心を持っていないためだと打ち負かしてペドンジェの虚を突いた。ロースクール卒業後に止まった人生時計を元に戻すことにしたソ・ユ二(チョン・ジソ)はユ・ジェホンに再び心を告白しようとしたが躊躇し、予定通り米国行を準備して残念に思った。

このように「カーテンコール」は予測不能な展開でスリル満点の緊張感を与え、最後まで視線をひきつけている。チャ・グムスンの人生に深く入り込んだコ・ドゥシムの神々しい演技力とユ・ジェホンの感情線を自由自在に行き来するカン・ハヌルの完璧なケミストリーは視聴者たちの心を掴むのに充分だった。ここに登場するたびに強烈な印象とカリスマで劇の緊張感を調整中のノ・サンヒョンと純粋な情熱に温かい面貌まであまねく表す格別な演技実力の持ち主ハ・ジウォンまで名品俳優たちの熱演が集まり、豊かな作品が完成しつつある。

終盤まで感動と面白さを追い求めて待望の最終回を控えたドラマ「カーテンコール」は今日27日(火)夜9時50分の最終回である16話が放送される。
出典:OSEN(https://osen.mt.co.kr)

生死の淵から戻って来たチャ・グムスンにとうとうユ・ジェホンは正体をバラしましたね。

でも、許しを請うたユ・ジェホンのことをチャ・グムスンは既に薄々感づいていたようですが、あまりに本心からの愛情だったので、そのまま気づかないふりをしたそうです。

「私が一生で初めて演技をしてみたが、どうだったか」と聞くチャ・グムスンのこの一連のシーンは見事でしたね。

チャ・グムスンを演じるコ・ドゥシムの演技力が問われる場面でしたが、セリフの一言一言が心に染み入る素晴らしい演技だったと感じます。

それを噛みしめるように聞き入りながら、演技するカン・ハヌルさんも素晴らしい演技だったし、お二人の表現力の相乗効果があってのシーンだったと思います。

あとはユ・ジェホンが本物のリ・ムンソンを呼び出してチャ・グムスンと一緒に居た時間をリ・ムンソンに教えるところもとても良かったです。

あとは15話のチャ・グムスンの部屋で流れたキム・ナヨンさんのこの曲がまた良かったです。

youtu.be

このキム・ナヨンさんの表現力ある切ないボーカルがまたそのシーンに合っていていいですね。

それと、パク・セジュンの妻ジウォンとソ・ユ二の蟠りも取れて、本当の友達になれたみたいでこのシーンも好感が持てました。

視聴率は5.3%と振るわなかったみたいですが、管理人的には見ごたえのあった15話だったと思います。

さて、そんな「カーテンコール」も本日夜の放送で最終回となりますが、その名の通り「カーテンコール」が無事に終えるのかを楽しみに放送を待ちたいと思います\(^o^)/

kazySUS