チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』放送終了を控えて見るジウォンさんのベスト3とは!

ドラマ「カーテンコール」今夜の放送終了を控えてジウォンさんが今までに見せた演技ベスト3という記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

若いコ・ドゥシムまで消化したハ・ジウォン..「カーテンコール」の放送終了を控えてまた見るベスト3

ハ・ジウォンが名不虚伝「ドラマクイーン」の底力を立証したしっかりとした熱演で最終結末に向けた期待感を高めている。

ドラマ「カーテンコール」を通じて2年半ぶりにカムバックしたハ・ジウォンが作品を通じて重量感あふれる熱演を披露し、放送中ずっと視聴者たちの没入度を引き上げた。結末までたった一話残した中、抜群の演技力で「カーテンコール」マニアたちの「鳥肌」を誘発した名演技を選んでみた。

#夫と生き別のチャ・グムスン&ホテル総支配人パク・セヨン、「1人2役」強烈な登場

「カーテンコール」初回でハ・ジウォンは楽園ホテルの設立者であるチャ・グムスン(コ・ドゥシム)の若い頃に扮し、北朝鮮から韓国に渡ってきた切実な事情を描き出して登場から視線をひきつけた。6.25戦争当時、南に出航する船に乗っていた時、阿鼻叫喚の中で夫のジョンムン(カン・ハヌル)と生き別れに泣き叫ぶ場面で強烈な印象を与えたのだ。直後に続いた現代シーンでは楽園ホテルの総支配パク・セヨンに変身してホテルの全事業場を几帳面にチェックするプロフェッショナルな面貌で反転の「ガールクラッシュ」魅力をプレゼントした。以後にもハ・ジウォンは祖母チャ・グムスンの過去回想シーンから若いチャ・グムスン役としてしばしば登場し、「1人2役」を消化、現代劇と時代劇を自由自在に行き来した。

#「偽」のカン・ハヌルの正体を知った後、没入も爆発させた「驚きエンディング」

8話放送でパク・セヨンはチャ・グムスンの北の孫を演じた「偽の従弟」ユ・ジェホン(カン・ハヌル)の本当の正体を知る事になり、衝撃を受ける「驚きエンディング」で没入度を爆発させた。ユ・ジェホンと旧知であるソン・ヒョジン(チョン・ユジン)を通じて偶然ユ・ジェホンの正体を知ったパク・セヨンは言葉を続けられないまま、しばらくぼんやりした目つき一つで感情を表現した。続く9話でもパク・セヨンはユ・ジェホンをはじめ、偽の妻を演じたソ・ユ二(チョン・ジソ)の正体まで把握することになった後、自身を訪ねてきて優しくするユ・ジェホンを見て「メンタル崩壊状態」の中でも落ち着きを維持するために全力を尽くす姿で繊細な演技力を披露した。

#「演劇が終わってはいけない」カン·ハヌルとチョン·ジソに感嘆を誘発したチ·スンヒョンの前で「堂々と熱演」

11話放送でパク・セヨンはユ・ジェホンから偽の正体に対する告白を受けた後、ソ・ユ二とチョン・サンチョル(ソン・ドンイル)まで呼び集めて、これまでのすべての情況を把握することになった。しばらく悩んでいたパク・セヨンは、余命わずかな祖母のチャ・グムスンの衝撃を考慮し、「演劇をハッピーエンドで仕上げよう」として、彼らと一緒に演劇を始めることになった。直後に会った長兄パパク・セジュン(チ・スンヒョン)の前でパク・セヨンは「久しぶりに弟夫婦と外食してきた」とし「私の弟、私が面倒をみなければ誰が面倒をみるのか」として無邪気な面貌を爆発させた。パク・セジュンが出てゆくやいなや笑いが消え、「賢者タイム」がやって来たパク・セヨンの対照的な表情がさらに光を放つようになり、「演技を演じる」熱演が特別な感心を抱いた。

そうであるかと思えば、26日に放送した「カーテンコール」15話では、パク・セヨンはチャ・グムスンの臨終と絡み合った楽園ホテルの売却危機により、崖っぷちに追い込まれ、視線を集中させた。元婚約者ペ・ドンジェ(クォン・サンウ)との結婚だけが危機を打開する唯一の方法になった中、「すべてを守りたかったのにおばあさまも、ホテルも守れなかったらどうすればよい」とチョン・サンチョルに重い本音を放つ姿で最終結末に対する疑問を増幅した。

ハ・ジウォンが出演するKBS2「カーテンコール」最終回は27日(今日)夜9時50分に放送される。
出典:OSEN(https://osen.mt.co.kr)

このドラマ「カーテンコール」の見どころでもあったジウォンさんとカン・ハヌルさんの一人二役ですが、今回はジウォンさんに焦点を絞って書かれています。

ジウォンさんが演じる現代のホテル楽園総支配人パク・セヨンと若い頃のチャ・グムスンの2役は全然違って見えますよね。

パク・セヨンはプロフェッショナルで美しい女性として観れますし、チャ・グムスンを演じるジウォンさんは素朴な美しい女性として映りますが、管理人的にはグムスンを演じるジウォンさんが好きです。

もちろんセヨンも好きなんですけど、哀愁漂うグムスンを演じるジウォンさんがめちゃいいです(♥o♥) (♥o♥) (♥o♥)

実際にはセヨンもグムスンも同年代を演じているんでしょうけど、ちょっと今のジウォンさんの魅力を自然に出せるのはグムスンを演じるジウォンさんじゃないかと思うんですよ。観ていて凄くナチュラルで美しい感じが素敵過ぎます。

そんな管理人の主観はさて置き、一人二役を別人のように演じるのは難しいんでしょうけど、それをごく普通に熟せる演技力はさすがですよね。

もちろんですが言葉で言えば、北の訛りもあるでしょうし、短い間隔で別人として交互に演じ分けるのが凄いと思います。

ジウォンさんもそうですが、カン・ハヌルさんも今回の二役は見事ですよね。

厳密に言うと、一人三役みたいでもありますが、各々がちゃんとキャラクターとして演じ分けられているのが素晴らしいと思います。

なんかそんな風に考えながら観る最終回もまた楽しみでもあります。

今夜の最終回がどんな「カーテンコール」になるのか楽しみですね\(^o^)/

kazySUS