チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』ジウォンさんと18年ぶりの共演をされるみたいです!

ドラマ「カーテンコール」で18年ぶりに共演するジウォンさんとクォン・サンウさんの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

ハ・ジウォン、クォン・サンウと18年ぶりに「カーテンコール」で再会「眼差しだけ見てもよく合う」

「カーテンコール」ハ・ジウォンとクォン・サンウが完璧なビジュアルの組合せと共に切ない雰囲気でロマンスに対する期待感を刺激する。

来る31日初めて放送されるKBS2TV新月火ドラマ「カーテンコール」(脚本チョ・ソンゴル/演出ユン・サンホ)でハ・ジウォンとクォン・サンウは予測不可能な右往左往する恋人で視聴者と会う。ハ・ジウォンは劇中、ホテル楽園を率いる総支配人パク・セヨン役を務め、祖母のチャ・グムスン(コ・ドゥシム)の家業と精神をつなぐために苦労する人物を披露する。クォン・サンウは自身が正しいと考える事に猪突的に直進する財閥後継者ペ・ドンジェ役に変身する。

公開されたスチールでは、向かい合って座った二人の間に本音が分からない微妙な雰囲気が捉えられ、事情に対する好奇心を抱かせる。二人のロマンスだけでなく、ホテルをめぐる様々な心理戦まで繰り広げられる予定で、また別の視聴興味もプレゼントする。ホテル楽園の未来のために前だけ見て走っていくセヨンとそんなセヨンの心を捕まえたいドンジェの綱引き愛が展開される予定であり、劇の展開にも注目が集まる。  

何よりハ・ジウォンとクォン・サンウは長い演技の実力から吹き出る幻想的な呼吸だけでなく、完璧なビジュアルの組合せで嘆声を醸し出し、予備視聴者の心を刺激する展望だ。特に二人は様々な作品でそれぞれ「初恋の女神」と「女心スティーラー」で通じた分、並んで見つめる眼差しだけでも胸をときめかせるときめき指数を高めてくれる。

映画「恋する神父」を通じてすでにクォン・サンウと一回呼吸を合わせたことがあるハ・ジウォンは「クォン・サンウ兄さんとは前作で呼吸を合わせて眼差しだけ見てもとてもよく合う。撮影するたびに本当に面白くて快適に撮影している」と所感を明らかにして幻想の演技シナジーと格別なケミストリーを予告している。特にクォン・サンウは前作「危機のX」の中でのコミカルな雰囲気を捨てて「born to be財閥男」としてかっこよさのラスボスを披露する予定だから演技天才の変身にも関心が集まっている。

「カーテンコール」は余命わずかな祖母チャ・グムスン(コ・ドゥシム)の願いを叶えるための前代未聞の特命を受けた一人の男の地上最大の詐欺劇にまつわる人々の話を込めたドラマだ。ドラマ「月が浮かぶ川」、「風と雲と雨」、「サイムダン光の日記」などを演出したユン・サンホ監督と映画「ヒットマン」、「青年警察」などを制作したチョン・ソンゴル作家が意気投合した。 

来る31日夜9時初放送。
出典:news1.kr(https://www.news1.kr)

お二人が共演した映画「恋する神父」からもう18年も経つんですね。

管理人はジウォンさんのファンになったのが2010年前後で、その後に「恋する神父」を観てますからこの作品を観てからはまだ12年ほどですが…。

18年経って、元カレだけど恋人役って出来るもんなんですね。

管理人世代ではクォン・サンウさんのお相手って聞かれたら、チェ・ジウさんのイメージなんですが、それでもその「天国の階段」放映は2003年なので19年ほど前みたいです。

2つの作品の公開時期があんまり変わらないことに逆にちょっと驚き。

「天国の階段」の方が、かなり古い気がするのは管理人が「恋する神父」を観た時期がかなりあとだったからですね。

そんな管理人の話はさて置き、クォン・サンウさん相変わらずカッコイイですよね。

年齢的にはジウォンさんより年上みたいですが、カップルとしては丁度良い感じに見えます。

逆にジウォンさんがカン・ハヌルさんと一緒に居てもそんなに違和感がないのが不思議な気がします。

若く見えたり、落ち着いて見えたりと都度変わるのはなぜなのでしょうか。

まぁ、ジウォンさんが年相応に見えない時があることが、本来おかしいんだと思いますけどね。

そんな18年ぶりの共演でどんなカップルを演じてくれるのか楽しみではあります。

でもって、「カーテンコール」の放映も近づいて来ましたけど、管理人は昨日KBS2TVで少しだけ「法に則って愛せ」をテスト視聴して観ましたが、全く問題なくリアルタイム視聴出来ているので準備万端です。

リアルタイム視聴が気になる方は、ちょっと前のVPN接続の記事をご確認下さい。

あと3週間弱が楽しみで仕方ないです(^_-)-☆

kazySUS