チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

俳優ハ・ジウォンが演者と自身を語るインタビュー記事のご紹介です!

今回もジウォンさんへのインタビューですが、演技に対する考え方や自身の想いを語っている素敵なインタビュー記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

ハ・ジウォン「キャラクター没入?私だけのプレイリストと香りを作ります」

f:id:kazySUS:20201004113834j:plain

俳優ハ・ジウォンには彼女だけの香りが感じられる。映画「許三観」で会った時もそうだったし、「担保」で会った時もこれは変わらなかった。ドラマ「茶母」、「ファン・ジニ」、「シークレットガーデン」など一口に羅列することも大変な仕事を通して大きな愛を受けた。俳優として熟して、人としてハ・ジウォンが持つ香りが濃くなる。果たしてその秘訣は何だろう。

俳優ハ・ジウォンは映画「担保」を通じて韓国映画では、「許三観」(2014)以来、久しぶりに観客と会った。ハ・ジウォンは「担保」で作品の大きな流れの中、区切りを作る役どころを引き受けた。借金の代わりに連れてきた9歳のスンイがサラ金業者トゥソク(ソン・ドンイル)とチョンベ(キム・ヒウォン)の間で育ち、成人になった姿が描かれている。

「事実スンイはとても特別な愛を受けて育ったじゃないですか。家族ではないが、家族よりも深い愛です。私はそんなスンイがもっと堂々としていて、この社会にも落ち込まずに、さらに熱心に生きていくようでした。それで通訳という夢をついに叶えたじゃないですか。よりしっかりして頑張って生きてきたスンイになったと思います。」

f:id:kazySUS:20201004113921j:plain

大学生になったスンイの姿から、その後をハ・ジウォンは演じた。ハ・ジウォンは、初めに大学生の役を固辞した。だが展開する感情の流れのためにカン・デギュ監督からお願いされ、応じることになった。真っ赤なバックパックとジーンズ、ハ・ジウォンの大学時代を思い出させる小物だった。

「大学の時、本当にそのカバンを背負って通いましたよ。だから変な気分でした。私は演劇映画科だったから、きれいにしている友達が多かったです。でも私は化粧することも知らずに、毎日ジーンズにジャージを着て通いました。ただ飾ることに関心がなかったようです。しばらくオーディションを受けに通っていた時でした。」

映画「担保」の撮影現場はまるで大学の時のようだった。撮影現場に行けば先輩俳優ソン・ドンイル、キム・ヒウォンと作品についての話をし続けた。ただ車に乗って行くシーンなんですが、その中で感情のバランスの高低を悩んだ。そして撮影が終わると一杯のビールを添えた。ハ・ジウォンが愛する映画撮影現場の空気そのままであった。

f:id:kazySUS:20201004113953j:plain

「私は、実際に映画を撮ることも重要ですが、撮影現場での会話や空気が重要だと思うんですよ。それも映画の一部です。終わってビール一杯飲むその空気がいいです。」

「私は積極的だったりする性格ではありません。ところが映画はみんなで作るものじゃないですか。「私は女優よ、私は俳優だ」そうように別々にあるとは思いません。俳優たちとの交感だけでなく、スタッフ、メイクアップアーティストなど現場で一緒にする人たちと付き合うのが良いと思います。ソン・ドンイル先輩、キム・ヒウォン先輩も同じ思いでもっとその空気を深く感じることができたと思います。」

f:id:kazySUS:20201004114032j:plain

ハ・ジウォンはソン・ドンイルの「最も年上の娘」になった。ところが娘の演技は必要がなかった。ハ・ジウォンは「ソン・ドンイルが衣装を着て横に立っているだけで、既にお父さんなんです。年上の娘だけど、お父さんと呼ばれる存在感そのもので近づいて下さって、だからぎこちなかったり、他の考えをすることがなかったと思う」と語った。そしてその感情は人ハ・ジウォンにまで伝わった。

「私がしばらく呼んだことなかった言葉じゃないですか。現場で「お父さん」と言いますが、パッと押し寄せてくる感情がありましたよ。個々人の差はあると思いますが、私にも家族はそういうものです。いつも私を守ってくれる存在です。そばにいると思ってもいつも懐かしいです。「担保」を通じてより多く感じることが出来たようです。」

多様な作品を通してアクション、メロー、ドラマなど様々なジャンルで大衆と会ったハ・ジウォンが、俳優としてはまだまだ渇望してやまない。やってみたいことがまだまだたくさんあります」と話す彼女だ。

f:id:kazySUS:20201004114126j:plain

「まだまだですよ。すべきことが多いようです。2、30代にできたメロがあるならば、今お見せできる話がもっと多いんじゃないかと思います。」

「私が挑戦を恐れるスタイルではなく、好きなんです。知りたい事をこらえられません。キャラクターを引き受けたらその人がとても気になります。趣味は何なのか、何が好きだろうか、何を食べるのか、どんな香りが好きか、どんな音楽が好きだろうか一人で探求してみます。それと共に私だけのOSTを作ります。その作品ごとに香りを作ります。」

「ドラマ「病院船」という作品をする時だったんです。ただ厚い解剖学の本を買って読みました。実際に内容もよく分からないし、覚えることも出来ないけど、ただ一度その本を読み終えることで、医師のガウンを着たときに生じる自負心と自信が出るんです。そのように一度掘り下げてみます。私は音楽が大好きなので、音楽を探す時間もとても幸せです。」

映画「担保」の中、スンイのプレイリストには、自然を感じることができる曲を入れた。カン・デギュ監督が推薦されたHans ZimmerとRupert Gregson-Williamsが作曲した映画「Winter's Tale」のOST挿入曲「Can you hear your heart」もあった。

f:id:kazySUS:20201004114201j:plain

過去2009年に行ったインタビューでハ・ジウォンは「次の生涯でも演技がしたい」と話していた。その考えは今も変わっていない。

「次の生涯にも創作をする仕事をすることになると思います。音楽をする人や、舞台で演技をする人、絵を描く人。見方によっては同じ地点にいる人じゃないですか。私は生まれ変わっても俳優をしたくて、絵も描いてみたいし、同じようなことをしているんじゃないかと思います。じっとしていられそうにないので、会社員は出来ないと思います。新しい何かを作る人に生まれたいです。」

ハ・ジウォンは最近も香りを作る。姉と共に香りを混ぜ、好きな香りを探す。最も幸せな瞬間は、依然として好きなものを見つける瞬間だ。好奇心に満ちた少女の姿は時間に遮られない。

「私の好きな瞬間を発見したとき、幸せです。何を探し回っているうちに、好きなものを見つけて、またそのような自分の姿が好きです。私が好きな新しい何かを発見した瞬間。私は幸せを感じます。」

f:id:kazySUS:20201004114227j:plain

出典:デジタル朝鮮日報(http://digitalchosun.dizzo.com)

如何だったでしょうか!人としてのジウォンさんを充分に感じて頂けたと思います。

記事の内容にはジウォンさんらしさが満載でしたね。

「担保」でドンイルさんに「お父さん」と呼んだ時の気持ちを表現した「私がしばらく呼んだことなかった言葉じゃないですか…。」など、何処までも普通に人間的だと思います。

「撮影が終わると一杯のビールを添えた。ハ・ジウォンが愛する映画撮影現場の空気そのままであった。」なんてやっぱりジウォンさんは気遣いの人ですね。

そして何より共に働くスタッフを大事に考えるジウォンさんですが、ドンイルさんもキム・ヒウォンさんもそうだったようです。

ドンイルさんもキム・ヒウォンさんもちょっと強面ですが、やっぱり心優しい方みたいですね。

ジウォンさんは昔から演じる役への没入度が高い事が有名ですが、その姿勢はご自身の探求心の高さゆえだったようです。

「私が挑戦を恐れるスタイルではなく、好きなんです。知りたい事をこらえられません。キャラクターを引き受けたらその人がとても気になります。趣味は何なのか、何が好きだろうか、何を食べるのか、どんな香りが好きか、どんな音楽が好きだろうか一人で探求してみます。それと共に私だけのOSTを作ります。その作品ごとに香りを作ります。」

さすがにここまで考えて演じると没入して抜けられなることもあると思います。

「第7鉱区」のヘジュンや「私の愛、私のそばに」のイ・ジスなど、没入し過ぎて暫く抜けられなくなった役も本当にありましたから…。

でも、ジウォンさんの根底に流れているのは少女のような純粋さを心に秘めた一人の演者そのものなんですね。

ジウォンさんは生まれ変わっても、やっぱり役者をされていると思います。

今回の記事を読んで更にそう感じました。

やっぱり最後はその人の内面と、人と人とのつながりの深さじゃないでしょうかね。

そんな事を感じさせてくれた記事でした!

kazySUS