チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ドラマ『チョコレート』の撮影で使われた浜辺が人気みたいです!

ドラマ「チョコレート」の終盤で使われた莞島(ワンド)九階燈(クギェドゥン)ビーチが人気になっているとの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

莞島(ワンド)九階燈(クギェドゥン)ビーチでドラマの主人公になってみて下さい!

人気ドラマのロケ地として知られて訪問者急増、映像マーケティング効果バツグン!

f:id:kazySUS:20200122205937j:plain

全南莞島郡の正道里 九階燈ビーチが人気TVドラマの背景地として知られ、観光客の訪問が相次いでいると21日、明らかにした。

九階燈ビーチに観光客を引き入れているドラマは、美しい莞島の海岸景観を背景に若い男女の甘くせつないロマンスを描いているJTBCドラマ「チョコレート」だ。

莞島郡は昨年9月20日JTBCドラマ「チョコレート」の制作支援協約を締結して、美しい莞島の自然景観とアワビなど農水産物を画面に露出させる映像マーケティングを推進した。

莞島郡が誘致したドラマは、脳神経外科医イ・ガン(ユン・ゲサン)と食べ物を通して人の心を撫でる火のように暖かいシェフ ムン・チャヨン(ハ・ジウォン)が幼い頃に莞島で縁を結んだ後、大人になってホスピス病棟で再会、料理を通してお互いの傷を癒すヒューマンメロー物だ。

色々な場所の撮影地の中でも真冬の寒さを溶かすほどホット(hot)なところがあり、それが「九階燈ビーチ」だ。

九階燈ビーチは波に洗われ、なめらかに整えられた大小のモンドルが九階段を成しており、1972年7月名勝第3号に指定されるほど景観が非常に優れところだ。

新羅42代興徳王3年には、ここを緑苑地に封じたという。

ビーチの長さは800m、幅200mで後園はクヌギ、柏、椿など40種類以上の常緑樹林がよく保存されており、レクリエーションの場所に最高だ。

特に九階段連なりに形成されているモンドル波に洗われる音を聞きながら、ぼーっとしたり、心身を癒すのに最適の場所である。
出典:Asia news agency

12話辺りのベンチで眠ったチャヨンをイ・ガンが優しく抱えたあのビーチですね。

今やドラマ「チョコレート」の聖地の一つなんでしょう。

莞島は元々、風光明媚な場所ですよね。

沖合いにはあの「春のワルツ」で撮影に使われた青山島(チョンサンド)もありますし、水産物は絶品だと思います。

記事中にもありますが、莞島郡はドラマ「チョコレート」の制作支援協約を結んで撮影場所と農水産物を提供した効果がありましたね。

このビーチを二人で歩くとイ・ガンとチャヨンになれるかも\(^o^)/

ベンチは用意されてないみたいだけど、白いベンチに二人で座れば、もう気分は「チョコレート」の主人公に成りきれること受けあいですね。

kazySUS