チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

『ソウル環境映画祭』記者会見ライブ配信の記事をご紹介します!

先日ご紹介した6月10日の第17回ソウル環境映画祭(SEFF)の記者会見ライブ配信の記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「ソウル環境映画祭」の記者会見盛況に開催 「炭素削減映画祭をリードする場となること」

f:id:kazySUS:20200612214027j:plain

JTBC×環境財団共催第17回ソウル環境映画祭(以下、第17回ソウル環境映画祭/組織委員長チェ·ヨル、執行委員長イ·ミョンセ)が6月10日(水)、オンライン生中継で記者会見を開催し、メディアはもちろん、予備観客ともコミュニケーションを取りながら新しく変貌していく映画祭について様々な話を交わした。

第17回ソウル環境映画祭の記者懇談会が6月10日(水)午前11時、オンライン生中継で行われた。放送人パク·スルギの進行で生中継された。この日の行事には、チェ·ヨル組織委員長、イ·ミョンセ執行委員長、ソ·トウン プログラマーそして今年のエコフレンズ キム·ウンス俳優が参加して目を引いた。

コロナ19ですべてのオフラインイベントが萎縮している中で開催される第17回ソウル環境映画祭に対してチェ·ヨル組織委員長は、「一方の良い映画は感動を与え、世界を変える。コロナ19により疲れた多くの方々に慰労になることが出来れば良い」と所感を伝えた。また、イ·ミョンセ執行委員長は「デジタル映画祭」に変貌する新しいソウル環境映画祭に「ポストコロナ時代に炭素削減の映画祭をリードする場になってほしい」と期待感を伝え、いつも「ゼロウェイスト」の生活を実践している俳優キム·ウンスも「エコフレンズ活動を通して、環境を大切に保護する方法をもっと知りたい」と意味深い行事に参加することになった所感を伝えるのはもちろん、環境への観客の関心を促した。

コロナ19で環境への関心がこれまで以上に熱い時期、ソウル環境映画祭側は全体出品作数が前年比50%増えただけでなく、プレミア作品数が約38%増加したソウル環境映画祭の底辺が拡大され、それに対する観客の関心が熱くなっていることを実感していると伝えた。そしてこのような観客の期待に応えるため、第17回ソウル環境映画祭は、「デジタル映画祭」で進行されることを発表した。特にJTBCと業務協約でデジタル上映、TV特別番組、劇場上映などのデジタル中心のハイブリッド映画祭で運営される。コミュニケーションに対する観客たちの残念な部分も補充するために、海外のゲストとのLANケーブル出会いをはじめとする様々なオンラインコンテンツを披露する予定だと明らかにした。このコンテンツはソウル環境映画祭YouTubeとネイバーTVライブチャンネルを通じて公開される予定だ。

f:id:kazySUS:20200612214125j:plain

このような変化にメディアの関心も熱かったが、「デジタル上映」方式が、今後も続くのかという質問にイ·ミョンセ執行委員長は「コロナ19事態以前から炭素削減のための環境に優しい祭りができるように悩んできた。今後も継続してデジタル方式を並行して、どのようにすれば、持続可能な祭りで、20回、30回までいくことができるか悩んでいる」と明らかにした。またオフラインイベントの安全も「集団行事防疫管理指針」に基づいて徹底的に備えると述べて成熟した進行を期待出来るようにすることはもちろん、コロナと関連した生産物とそれに対する消費を問う環境的な質問も、「綿マスク活用など可能な限り私たちの周りで行うことができる小さな実践が必要だ」と明らかにして目を引いた。一方、イベント終盤にはスケジュールによって残念ながら参加できなかったハ·ジウォン俳優の挨拶映像も公開された。ハ·ジウォンは学ぶ物足りなさを伝える一方、7月12日放送予定のJTBC「部屋の隅1列」ソウル環境映画祭特集番組への参加に言及して、映画祭を通して観客たちに会えることを願うと明らかにした。

ソウル環境映画祭は、環境をテーマにしたアジア最大の環境映画祭で、これまで持続可能な映画祭を目指して、炭素削減のために大小の努力を惜しまなかった。特に今年はこのような活動を継続すると同時に、コロナ19感染の危険性を最小限に抑えるため、本格的に「デジタル映画祭」を宣言し、上映作品のほとんどをソウル環境映画祭のホームページを通じて上映する。7月4日(土)、7月5日(日)に、いくつかの上映作品に限り、聖水メガボックスで劇場上映も企画されている。デジタル上映、TV特別番組、劇場上映などのデジタル中心のハイブリッド映画祭を初めて模索するソウル環境映画祭は、7月2日(木)から7月15日(水)までに合計14日間行われる。前売り適用および上映作の詳細については、ソウル環境映画祭のホームページを通じて確認することができる。
出典 : topdaily

 先日ご紹介した動画では内容まで理解出来ませんでしたが、記事によると、環境に配慮してデジタル上映、TV特別番組等によるデジタル中心のハイブリッド映画祭となるようです。

そしてそのコンテンツはYouTubeとネイバーTVライブチャンネルを通じて公開されるみたいですね。

現在のコロナ19が終息していない状況ではこんな風にデジタル中心とならざるを得ないと思います。

またそんな新しいトライも取り入れながら回を重ねて行けるといいですね。

でもって、前回ご紹介したジウォンさんのビデオ出演の時にキム·ウンスさんが身を乗り出すようにモニターを御覧になっていたので、司会の方が「テレビの中に入るのかと思いました。これから一緒にエコフレンドをする方なのにどうして?」と質問されて、キム·ウンスさんが「コリアでご一緒したんですよ。とてもよい考えを持った素晴らしい人です」とジウォンさんに対してコメントされていたそうです。

こちらの情報はいずみさんからコメントを頂きました。いずみさんThanks!!

その、いずみさんの”いずみの韓流カフェ”はこちら

subiizumi.hateblo.jp

確かにビデオの後でキム·ウンスさんが、司会の方と何かお話されていて、管理人には分からなかったですが、その内容が理解出来ました(^o^)/

韓国語を聞き取れる方が羨ましいですね。

さてそんな17回ソウル環境映画祭ですが、これから7月2日に向けてまた情報が上がりましたら、ご紹介して行きたいと思います。

kazySUS