チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ジウォンさんが主演する映画『担保』の公開が9月になった様です!

ジウォンさんが主演する映画「担保」のポスターが公開され、9月に劇場公開されるとの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

[公式]ソン·ドンイルxハ·ジウォンxキム·ヒウォンの「担保」9月封切り確定... ヒーリングムービー出撃

f:id:kazySUS:20200804182835j:plain

映画「担保」(監督カン·デギュ)が1次ポスター3種を公開し、9月の劇場街に出場意向を投じた。

「担保」は情け容赦のない高利貸し業者トゥソクと彼の後輩チョンベが踏み倒されたお金を受け取りに行って、いつの間にか9歳のスンイを担保に引き受けて育てるようになって繰り広げられる話を描いた作品だ。

公開されたポスターには、艶がないけど心だけは暖かい高利貸しトゥソク(ソン·ドンイル)と事あるごとうだうだ言っても俗情深いチョンベ(キム·ヒウォン)、ある日、彼らに予告なしに訪ねてきた可愛らしい9歳のスンイ(パク·ソイ)、宝物でよく育った大人のスンイ(ハ·ジウォン)が明るく笑っている姿が写り、注目を集めている。

f:id:kazySUS:20200804183256j:plain

f:id:kazySUS:20200804183354j:plain

和やかな家族の写真を連想させるほど温かい雰囲気を漂わせる四人の姿は、「2020ヒーリングムービーが訪れます」というキャッチコピーと調和し、今秋の劇場街に温もりを伝えるヒーリングムービーの誕生を期待させる。続いて「借金を返してもらおうとしたのに、こぶをつけてきた」という状況に置かれて渋い表情で公衆電話の受話器を持っているトゥソク、チョンベの姿と、手にはポケットベルを、片手はトゥソクの手を握っている9歳のスンイの対照的な表情が生き生きと生きているポスターは、愉快な笑いを誘う。

また、最後のポスターには、一目で胸キュンを誘発ほど愛らしい9歳のスンイと後ろでお父さんの笑顔を浮かべているトゥソク、チョンベの姿が描かれており、彼らが披露するケミへの期待感を高めている。ここで「責任を持って育ててます」という気の利いたキャッチコピーは、高利貸しトゥソクとチョンベが偶然一人の子供を担保に引き受けることになったユニークな設定をうかがわせ、予期せぬ関係を結んだ彼らがどのような事件を経験するのかが気になるところだ。

一方、「担保」はJKフィルムが2020年に初めてリリースする作品だ。JKフィルムは、熱い父性愛で武装した「国際市場」、南北刑事の予測不可能な共助捜査を愉快に描いた「共助」、ヒューマン遠征隊の偉大な挑戦を描いた感動の実話「ヒマラヤ」、元ボクサーの兄とサヴァン症候群の弟の並外れた同居を描いた「それだけが、僕の世界」などの作品を通して、興味深い設定で全国民が共感する普遍的な情緒を引き出し興行に成功した。

こうした中、前作「ハーモニー」で全世代の観客に深い感動を与えたカン·デギュ監督が、再び繊細な演出力を発揮し、JKフィルムの2020年の最初の作品であると同時に完成度の高いヒーリングムービー「担保」を誕生させて注目を集めている。ここにいつも自分にぴったりの服を着たようなキャラクターで観客に親近感を与える俳優ソン·ドンイルから幅広いキャラクター消化力を誇る複合的な魅力の持ち主キム·ヒウォン、作品ごとに代替不可能な存在感を誇るハ·ジウォン、300:1の競争率を勝ち抜いてキャスティングされ、すべての観客の心を武装解除させる天才子役パク·ソイまで卓越した演技力を持つ俳優たちが加わり期待感を倍加させる映画「担保」は、今年の秋、真の笑いと感動で観客にヒーリングをプレゼントする。

来る9月封切り。
出典:mydaily

本日午前中に一斉に記事が上がりましたが、映画「担保」の韓国封切りが9月に決まったようです。

合わせて1次公開として3枚のポスターも公開されました\(^o^)/

借金の担保にされた子供を引き取り育てるって映画だと聞いていましたが、大よそそんな内容みたいで間違いなさそうですね。

特に子役のパク·ソイちゃんの演技が見どころっぽいのかなぁ。

名俳優ソン·ドンイルさん演じる高利貸しトゥソクと後輩チョンベ役のキム·ヒウォンさんの二人がお父さんみたいな役割を演じるみたいですね。

かなり面白そうな映画みたいで楽しみです。

でもって、我らがジウォンさんがそのパク·ソイの大人になった姿をどう演じてくれるのかそこも楽しみですね。

やっと公開って感じですが、こんな状況なので、まずは映画の公開が決まって良かったと思います。

これから封切りに向けて、情報もたくさん上がってくると思いますので、更に楽しみが出来ましたね。

kazySUS