チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

映画『担保』のジウォンさんインタビュー記事⑦をご紹介します!

ジウォンさんの映画「担保」に関するインタビューの別記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

ハ・ジウォンの温かい反転

秋の日差しを背に座ったハ・ジウォンの顔は明るい光を放った。温かくて美しい映画<担保>に参加することになって幸せだという彼女はよく笑みをたたえてみせた。

f:id:kazySUS:20201104213253j:plain

ハ・ジウォンのフィルモグラフィーには大型の作品が多い。一千万映画「海雲台」をはじめ、ドラマ「茶母」、「バリでの出来事」、「シークレットガーデン」など。どんな作品でもジャンルを行き来して本人の存在感をしっかりと表してきた彼女が、今回は穏やかで温かい家族の話<担保>を選択した。彼女は「この時代に必ず必要な映画という気がした」と作品の選択の理由を明らかにした。

<担保>は「偶然に子供を担保として引き受けることになった」というエキサイティングな設定に基づいて、家族を再解釈した映画だ。ヤミ金融業者トゥソクと彼の後輩が貸したお金を受け取りに行っていつの間にか九歳のスンイを担保で引き受けることになって始まる話で、悪縁で出会った人々が天倫になっていく過程を通じて家族の意味を考えてみることになる作品だ。ヤミ金融業者と後輩はソン・ドンイルとキム・ヒウォンが、ハ・ジウォンは大人のスンイ役を引き受けた。ハ・ジウォンはシナリオを読んであまりにも大きな愛の偉大さを感じたと話した。

温かい映画です。良い作品を待ちました。私が最も惹かれた点はとても特別な関係の三人が家族になっていく過程です。そのような部分が本当に良かったです。シナリオを読んであまりにも大きな愛の偉大さを感じました。久しぶりの封切りだと震えますね。

国内映画は、<命をかけた恋愛>以後4年ぶりでしょう?わざわざゆっくり作業されたのですか?タイミングがそうだったようです。ジョン・ウー監督の映画(<マンハント>)を撮ってみると、韓国から入る作品はタイミングが合わなかった。その間ドラマ撮影をしたりしたんです。より多くの仕事をしたくて、してもみなかった悪役や強い話のジャンル物もしてみたくて待っているところです。

<担保>は感情シーンが多い作品です。俳優として負担になりそうなんだけど。たくさん負担になりました。撮影する時も容易ではありませんでした。先輩たちがずっと撮影をしてこられたので対話をたくさん交わしてバランスを合わせて行きました。その過程は容易ではありませんでした。私は感情シーンが極限状況に達するシーンを撮る時はかえって頭の中が白紙状態であるまま入って行きます。すべてのメモリを消します。大変な過程だけど、それでこそ自然さが出てくることがあります。事実その過程は大変です。他の見方をすれば自ら催眠をかけるように白紙の状態にする過程ですから。

劇的な人々が出会い、家族になった話じゃないか。そのような家族の形が受け入れらましたか?こんな考えはしてみました。「本当にこのような特殊な関係の人が家族になった場合があるだろうか?」実際に私たちが生きる世の中は映画よりもさらに映画のようなものも多いでしょう。

映画を契機に、家族に対する考えが変わった部分があるでしょうか?「家族は何だと考えますか?」という質問をしばしば受けました。私の家族は守ってくれる人、私を一番近くで守ってくれて保護してくれる人だと思います。この映画を通じてそう思う事が出来たと思います。家族だが、見なくて過ごす人も多くて、遠くて見えない人も多いでしょう。血が混ざらなくても私のそばで守ってくれて、保護してくれるなら、それが家族ではないかという気がします。

<担保>が観客にどのように近付いてほしいですか。忙しければ関係が疎かにしていた人もいて、しばしば見られない人もいて、関係が良くない人もいます。映画を通じて家族に対して一度くらい考えてみる時間になったらいいですね。最近ではみな大変だから、もう一度誰かを振り返ることができる時間を持ったらと思います。

f:id:kazySUS:20201104213510j:plain

#ソン・ドンイル「犬娘」系譜を引き継いだ感想は?

今回の作品で、ハ・ジウォンの分量が多くはないけれど存在感は凄かった。感情演技から大学生の役割までよく消化したし、数多くの「犬娘」を保有して「国民の父」として登板したソン・ドンイルの優しい娘になることもした。彼女は今回の作品を通じて、数年前にこの世を去った父を思い浮かべて込み上げてきたとビハインドを伝えた。

ソン・ドンイル俳優と格別の婦女関係になりました。私はソン・ドンイル先輩ととても作品をしたかったです。今回の作品では私が娘で呼吸を合わせることになりました。(兄妹に見えるという反応もあるが)先輩が私のお父さんになる過程は大変じゃなかったです。ある空間にあるとき、空気さえ父と娘と感じられるほど自然でした。それが先輩の大きな長所であると思います。とてもよく導いて下さったので、私が自然に娘になることが出来ました。

ソン・ドンイル俳優は娘の系譜が華麗な方でもあります。誰でも娘になるほど自然にお父さんになってくれます。実際のソン・ドンイル先輩は優しいです。芸能番組<車輪のついた家>に出てくるそのままです。優しくて温かい方です。反転があるならば、あどけない子供のような姿もありますかね。

撮影現場の雰囲気はどうでしたか?私は結果も重要だが、現場も映画の一部だと思っています。大変な撮影が多かったが現場の空気はヒーリングでした。屋外で風が吹いて、座ってコーヒーを飲みながらモニターして、話をしてそのような空気がとても安らかでヒーリングになる時間でした。

大学生演技も印象的でした。初めはしないようと拒否しました。(笑)そしたら監督に説得されました。大学生から導けば感情が滑らかに接続されそうだと言われてすることになりました。やむを得ずしたことだから、その時代を思い出させてバックパックを背負って最大限大学生らしく演出しました。

ナ・ムニ、キム・ユンジンなど先輩たちとの作業の感想も気になります。とても良かったです。初めての撮影がお母さんであるキム・ユンジン先輩と会う場面でした。感情を引き出すのが容易ではないかと思ってとても心配したが、先輩と目を合わせて交感するので順調に撮影が進行されました。おばあさんであるナ・ムニ先生も没入して下さって、その感情をうまく表現することができたと思います。

子役俳優の役割が大きかったです。幼いスンイに出演したソイという友達は私とキャラクターが離れて似たような点があります。子供なのに現場でスタッフたちとよく遊びます。私も現場が好きで、明るくてポジティブなエネルギーがあってソイも似たようなケースなので良かったです。

相変わらず現場が楽しいでしょうか?そのような経験が多いです。現場で俳優たちとの撮影のほか外でスタッフと待っている瞬間も映画の一部だと思って楽しむ方です。私はそれが重要なようです。良い先輩たちと一緒に作業して学ぶことも多かったです。撮影現場が私にはヒーリングの場所でした。

#「本当の私」に集中する時間

ハ・ジウォンは、去る8月に人気の下に放映終了した芸能プログラム<車輪のついた家>に最後のゲストで出演して話題になった。出演当時、彼女は見事な料理の実力を誇り注目を集めた。スケジュールに余裕ができた彼女は最近好きなことに集中しながら、本人を振り返る時間を設けている。

久しぶりに芸能に出演して新しい姿を見せてくれました。現場ではどうでしたか?組まれた番組ではないので、しっかり食べてよく休んでから来ました。とても面白かったです。私は自分が料理が上手だと思いませんでした。好奇心が多くて関心が出来てやってみたいことがあれば深く探るスタイルです。料理は私が食べたくてしている場合が多いです。ところが私が食べた食べ物が美味しくて、直接作ったが同じようになりましたよ。(笑)

撮影がないときは、どんな時間を過ごされるのですか。音楽も探して聴いて本も読んで、新しい映画も追い立てて観ます。散歩もたくさんして。作品をする時は私を見ることができる時間がないから、仕事しなくて長い時間があるとき私を見る時間になるようです。本当に好きなことを見つけて見る時間が楽しい。最近コロナブルーで苦しがられる方が多いが、私はその時その時解くのが難しくはないと思います。音楽が空間を作ると考えて冷たい気運が回れば温かい音楽で満たすように雰囲気を変えます。

デビュー25年目になりました。時折過ぎた時間を観て回ったりもするのですか?最近コロナにより余裕があるので、みるとそのような時間を過ごすようです。何か俳優生活を振り返ることなく、本当に私に対する考えをたくさんします。作品する時は作品の中のキャラクターがどのような生活をを送るかだけを考えるでしょう。私の好きなものをするこの頃の時間が、物静かながら良いと思います。

本人が観て回れないという気がしませんか?真っ最中の作品をする時はそこにだけ没頭してそのような想いを持てなくて過ぎ去りました。一つに集中したとすれば残りは見えないスタイルですから。最近では、余裕があって見ると自然に考えをするようになるようです。意識的に「私のための時間を過ごさなくっちゃ」ということではないが、好きなことを自然に探すことになるのがとても好きです。

長い時間大衆が見守ったハ・ジウォンは信じて見る俳優でしょう。まだ恥ずかしいです。これからもっと良い作品で良い姿をお見せしなければならないですね。そのような機会が多く来たらいいですね。私はさまざまな人々の生きる姿をお見せしたいです。

結婚もしなければならないですね?結婚は私が考えてみたわけではないのでよく分かりません。したい時が来ればするだろうが、普段意識して過ごしてはいません。普段好きなものを探してする方なので恋愛を必ずしなければと意識していないと思います。自然に訪ねてくればいいのですが。合コンですか?まったくありません。(笑)
出典:WOMAN CHOSUN(http://woman.chosun.com)

久しぶりにインタビュー記事が上がってましたが、少しづつですが違った内容になっているのでご紹介して置きます。

何か最近のジウォンさんは少し落ち着かれて、ゆっくり作品を選んでお仕事をされているようですね。

もう遮二無二に出演することでもないし、ご自分が共感出来てこれなら演じてみたいって作品に出演されればいいんじゃないかな。

恋愛ものだけじゃない悪役とかのジウォンさんも観てみたいですね。

今までとはちょっと違った役柄も演じてほしいです。

まぁそんなこともお考えみたいだし、これからが楽しみですよね。

最後の「合コンですか?まったくありません(笑)」には笑えました。

だってジウォンさんが合コンしてたらビックリですよね。

もしそういう機会があるんなら管理人も参加したいです\(^o^)/

でも本人を目の前にしたら何にも言えない管理人だと思いますが…(笑)

妄想するだけでも楽しそうですよね。

kazySUS