チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

映画『担保』のソン・ドンイルさんインタビュー記事③をご紹介します!

2日ほど前にこのドンイルさんの記事が上がっていてとても気になっていたんですが、長めの記事に躊躇してました。

ドンイルさんの人柄が分かる凄く素敵な内容なのでご紹介して置きます。

[インタビュー]「担保」ソン・ドンイル「30年俳優生活原動力?愛する私の家族」

映画「担保」で養女育て父性愛を悟るトゥソク役を演じる

f:id:kazySUS:20201107082721j:plain

俳優ソン・ドンイル(53)が演じる父親は想像だけでも、実際の演技を通して具現化された姿でも、いつも説得力がある。もっともらしい。疑心が起こらない。

放映されるたびに、シンドロームを巻き起こし人気を集めた「応答せよ1994」、「応答せよ1997」、「応答せよ1988」など、「応答せよ」シリーズで相次いで私たちの時代の代表父親像を演じた理由もあることで2013年放映されたMBC人気芸能「パパ、どこ行くの?」に、実際の子供であるジュンと一緒に出演して見せてくれた厳格で優しい父親としての日常的な姿も理由になるだろう。

慈しみ深くて愛情あふれる典型的な父親だけではない。オカルトジャンルの映画「変身」(キム・ホンソン監督)では、ぞっとするほど恐怖感あふれる父親を演じたりもした。

秋映画で紹介された「担保」(カン・デギュ監督)で、彼は演技したトゥソク(ソン・ドンイル)は軍除隊後、特別な仕事を持つことが出来ず金融業者になった人物。見かけは気難しいが心は温かい人物である。「トゥソク」は「スンイ」(パク・ソイ)の母親(キム・ユンジン)に踏み倒されたお金を受け取るため、しばらく「スンイ」を担保に連れて行って、いつの間にか引き受けて育てることになる。担保で子供を引き受けて、子どもの母親が強制出国された後、紆余曲折の末、子供の父親になっていくトゥソク独特な旅程をソン・ドンイルは淡泊さと熱いジーンとすることを調和させて解決していった。十数年前を時代背景にしているが、人を担保にするという多少不便な設定にも血が繋がっていない家族の愛と和解という主題が劇を通じて伝えられる理由は、ソン・ドンイルとハ・ジウォン、キム・ヒウォンなど主演俳優たちの真正性あふれる演技力のおかげだ。

「普通の家族は、私がどんな作品を選択するのか、どのようなものを撮っているのかよく分かりません。ただうちの子供たちは台本は観ることが出来ます。机の上に台本が積まれているからです。今回は「ミスターGO!」以後、子供たちに見せられる作品に出演しました。私の末っ子が3年生だが、数日前試写会で私の映画を見たら「お父さん、なんでこんなに悪口が上手なんだ」って。お母さんが「台本の内容にそう出ているから」と説明したそうだ。」

f:id:kazySUS:20201107082849j:plain

子供たちに見せたくて選択した作品ではあったが、血がつながっていない他人同士が会って、家族になっていく過程を描いただけに、以前のドラマで描いた父の姿とは違っていなければならなかった。特に数年前にある芸能番組で家族史の痛みを語り、父の戸籍に上がることが出来ず成長しなければならなかった過去を明らかにしたりもした彼だけに他人の娘を実の娘のように育てるトゥソクを演じる心境はそれほど簡単ではなかった。

「ヘリ、コ・アラ、チョン・ウンジなど劇中で娘をたくさん育ててきた。今回は、一番幼くて実の娘ではなかったでしょう。養女に連れて来た娘を実の娘のようにできますか?叱って忠告する時も、相手が受け入れるようにするには結果が違わなければならなかったんです。トゥソクがスンイにただの一度も「だめ」と言わないじゃないですか。実の娘だとそうはしません。私が他の父親と違う過程があったのでスンイの心境を理解することが出来ました。両親がいないのがどんなものなのか、本当に悪いことですね。私は涙の演技をたくさんした方ですが、今度は泣かなかったです。私は突っ張ってさえ行けば十分でした。序盤に高利貸し業者をする30代から40〜50代を表現し、後には70代になるんですけど、スンイが高校時代から私は何もしませんでした。私が涙をじっと我慢して観客にそれを譲り渡したかった。飲み屋でママの手伝いとして清掃など荒仕事をするスンイを助けに行った時も泣きそうになってスンイを実のお父さんに紹介して帰ってくる場面は十分に泣きそうでした。しかし、涙が出るとカットさせ、感情を落ち着かせた後、撮り直しました。泣くのは観客の役割ですからね。エンディングではどうだったでしょうか。撮影監督、照明監督スタッフも誰も関係なく、わあわあ泣きました。それでもトゥソクは涙一滴落とすことで仕上げました。

ソン・ドンイルは「担保」を選んだ理由も、そして長い無名の歳月を後に俳優デビュー30年目の今日でも映画やドラマを行き来しながら地道に主演として大活躍することが出来る原動力として家族を挙げた。妻と3人の子供への愛と責任感が絶えず新たな挑戦を可能にする最大の力なのだそうだ。

「今日、私かあるのも私の家族のお陰でしょう。私はこの映画が扱っている家族の大切さをよく知っています。一生、何かがほしいという気持ちは、それを持ったことがない人が最も大きいと思います。私が一番幸せな瞬間は、仕事が終わってから家に帰って眠っている子供と家内を眺める時です。私がこんな家族を育てて生きているんだなと感じる時です。一人でタバコを吸う時、朝に目覚めた時、妻と子供たちがいるというのがどれだけ大きな力になるのかわかりません。トゥソクも同じことでしょう。スンイがいるという事実が唯一の原動力であったと思います。私の演技論も同様です。この部分は、親しいキム・ヨンファ監督と同意する部分です。私が全身整形をしなければ、どのような役割の中にも入ることはできません。その役割が私に来るんです。ソン・ドンイルが弁護士もするだろうし、ソンドンイルが「担保」のトゥソクをするんですよ。ただし、全国にある知人たち各自の姿で役割モデルを見なすことはあります。」

いくら父親の演技で一家を成し遂げた彼であっても娘スンイ役を相性のよいように消化してくれたハ・ジウォンがいなければ、容易ではなかった縁だ。そして共に呼吸したハ・ジウォン、キム・ヒウォンの絶賛が続く。

f:id:kazySUS:20201107082930j:plain

「韓国にハ・ジウォンのような俳優が他に居るはずがないでしょう。俳優たちだけでなく女優たちも一緒にしたがる俳優ですよ。「車輪のついた家」にハ・ジウォンに私がお願いをして出てくるようになったが、その日、ヨ・ジングに「ジングよ、ジウォンさんが来たら何もしなくても構わないよ。ただ微笑んで、よく笑う人だ」と言ってくれました。ハ・ジウォンとキム・ヒウォンの共通点があります。ジウォンもヒウォンも不平不満を言えないんです。私の100倍は肯定的で善良な人ですね。」

ソン・ドンイルと共に息を合わせた後は、息子同然の防弾少年団のV(キム・テヒョン)やパク・ボゴムのようにかなり年下の後輩たちをはじめ末弟のチョ・インソン、イ・グァンスそしてペ・ソンウ、キム・ヒウォンなど年配の俳優たちまで親同然の間柄あるいはベストフレンドになって深い友情を絶えることなく繋いでいくことでも有名だ。

「後輩たちが私とよく似合う理由ですか?私は後輩を教えようとしないからでしょうか。良いおつまみに刺身も買ってするだろう「演技をこんなふうにしろ、あんなふうにしろ」と言わなくてもいいでしょう。彼らと私が生きてきたのが違うし、お互い違う人でしょう。一番良い先輩はただ話をよく聞くのが良い先輩ではないですか。お酒を無理に強要もせず、365日お酒を飲んでも酒邪(※)はありません。後輩たちが来るなら明け方2時でも3時でも私の家に来させるようにしている。私の家でお酒もよく飲ませて、寝かせて送ります。先日もイ・グァンス、ペ・ソンウが来ました。私の家内ですか?一度もしかめっ面をしたことがないです。」

口さえ開けば「小学校3年生の時、筆を下した」と主張しているソン・ドンイルと会話を交わしてみると、ある時は多少辻褄が合わないように見えるときもありますが、振り返ってみると、頭をぽんと叩くほどのたくさんの経験から湧き出た人生の中の真理が感じられる。

「映画やドラマは人と人が集まっての共同作業です。私にお金を稼がしてくれる人がスタッフじゃないですか。俳優という職業がどんなにに良いでしょうか」ご飯食べさせてくれ、寝かせてくれ、お金もくれて」私たちの両親もそうは出来ずにいた。だから後輩たちに言います。「私たちのために苦労しているスタッフに苦労させるなと、なんでも聞いて上げてコーヒーでも奢って、現場には必ず早く出かけなさい」私の家族よりも私をもっとよくしてくれる人たちじゃないですか。私の体が楽なら絶対お金が入ってきません、私の体が辛くて不便でなければお金が入ってこないのです。私が気楽ならスタッフが大変でしょう。だから、もう少し早く現場に出て行こうとします。」
出典:スポーツ韓国(http://sports.hankooki.com)

酒邪とはお酒を飲んだ後に悪い癖とする言行だそうです。ブログ友さんから教えて頂きました(^^;

いゃ~、どうですか?

家族に対する考え方とか、役者としてのありようとか、俳優になるべくしてなった役者さんだと改めて思いましたね。

50を過ぎてまで、夜中2時3時に自宅に招くなどパワフルだし、本当に付き合いを大事にされる方だと思います。

皆さんを大事にするから、皆に慕われているからこそ役がくるんですね。

韓国の父親役ではやっぱりナンバーワンですかね。

ちょっと管理人がびっくりしたのが、泣かせる演技の仕方でしょうか。

演じている本人が泣いてもらい泣きする事が多いけど、演者が泣かないことで観客を泣かせるって考え方もあるんですね。

ドンイルさんのそんな演技は、あの独特の口調と雰囲気が合わさっているから出来るんだと思います。

あとドンイルさんが表現するジウォンさんの評価もいいですね。

男優だけじゃなく女優も共演したがる。これがジウォンさんへの適切な評価だと思います。

これはドンイルさんも同じですが、きっとありたき姿の俳優なんですよ。

ドンイルさんだから言える素敵な評価だと思いますね。

本当は昨夜中にアップしたかったんだけど、翻訳だけで疲れて寝てしまった管理人ですが、朝から少しはいい話が出来たんじゃないかな(^_-)-☆

kazySUS