チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

映画『担保』は170万人突破で収益分岐を超えたようです!

映画「担保」は本日8日午後に累計観客動員数170万人を突破して収益分岐を超えたとの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

ソン・ドンイル→ハ・ジウォン「担保」、損益分岐点を突破。海外販売+ VOD売上も青信号[公式]

ソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォンと子役系新星に浮上したパク・ソイの本当の家族のようなケミストリーが引き立つヒーリングムービー「担保」が累積観客数170万人を突破して損益分岐点を超えた。

映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、9月29日に公開された映画「担保」は8日午後累積観客数170万人を越えて、損益分岐点を突破する快挙を成し遂げた。

公開当時新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の再拡散のための劇場上映館の座席を50%しか運用出来ないという難しい状況でも秋夕とハングルの日の連休期間までずっと興行1位の座を守ったのはもちろん、10月の一ヵ月の間、ボックスオフィス上位圏を守り、成し遂げた貴重な成果だ。

f:id:kazySUS:20201108202651j:plain

「担保」の海外販売とVOD売上にも青信号がついた。「担保」は、台湾、香港をはじめとして約20カ国で販売された中で、台湾とベトナムでそれぞれ10月8日と10月9日に公開したし、香港とインドネシアは公開を準備中だ。この中で去る10月9日にベトナムで公開された「担保」は、約2週間ボックスオフィス1位に上がるなど、現地で大きな人気を集めた。通常、ベトナムでは、ユーモラスで深い感動がある素材の映画を好む方なのに、映画「担保」が描いている温かい家族のストーリーは、ベトナムの観客たちにも魅力的に映ったと評価されている。

秋夕とハングルの日の連休期間に続き、10月の一ヶ月間、ボックスオフィストップを占めており、長期的な興行を継続し、「担保」はVOD売上も好調を見せている。オンライン上映館ボックスオフィス毎日利用件数集計(映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワークを提供基準)によると、10月27日から劇場同時VODサービスを開始した「担保」はずっと興行1位を座を守っている。映画を見た観客たちの好評は今でも継続されて興行口コミを誘導しており、劇場に続きテレビ劇場でも「担保」の興行は続くものと思われる。

一方、「担保」(監督カン・デギュ、提供配給CJエンターテイメント、製作(株)JKフィルム・(株)レッドローバー、共同制作CJエンターテイメント・映画会社年)は、情け容赦のない金融業者トゥソクと彼の後輩チョンベが踏み倒されたお金を受けに行っていつの間にか9歳のスンイを担保に引き受けて育てながら繰り広げられる話だ。秋夕連休を控えた9月29日に公開された映画「担保」は秋劇場に行く最多観客を動員し、興行1位を占めた。

また、全年齢の観客に共感を呼び起こした愉快な楽しさと温かいストーリーで、公開後多くの好評を受け、主要劇場映画のホームページで高い評点を記録した。予期せぬ縁で絡まった人たちが本当の家族に生まれ変わる過程を描いた感動的なストーリーにしっかりとした演技内面を持っているソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォン俳優と子役系新星に浮上したパク・ソイが見せてくれた本当の家族のようなケミが見せてくれた愉快な楽しさがチャームポイントに選ばれたもの。それだけでなくポケットベル、公衆電話ボックス、当代最高のスター ソ・テジのアルバムまで、90年代の姿を描いた小物や背景も風変りな楽しさをプレゼントして「担保」の興行理由になった。
出典:OSEN(http://osen.mt.co.kr)

本日8日午後で累計観客動員数170万人を突破し、収益分岐も無事に超えたようです。

映画の評価もありますが、このコロナ19再拡散の時期に収益分岐を超えたことが大事だと思います。

そしていよいよ海外販売にも青信号がついたとの見解ですね。

既に台湾とベトナムでは公開されていますし、香港とインドネシアでは公開準備中だそうです。

肝心の日本はどうなったのでしょうか?

やっぱり今まで通りに最低でも半年待ちなのでしょうか。

他の国と同様、早々に観られる様にしてくれることを望みます。

ビデオ配信でもいいんだけどなぁ~(>_<)

kazySUS