チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

『ファンジニ』韓服デザイナーのインタビュー記事です!

ドラマ「ファン・ジニ」で韓服のデザインを手がけたキム・ヘスン韓服デザイナーへのインタビュー記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「韓服の近代化は、私の使命... 一瞬たりとも休むことができない」

f:id:kazySUS:20210529095530j:plain

■国内外の相次ぐファッションショー・展示会にキム・ヘスン韓服名人

順天・ソウル・ブラジルなどで開かれた
伝統服の現代再解釈を通じて
若者も自由に着たら

中国「韓服工程」の質問が多いが
尋ねること自体が自尊心を傷つけられて

その家の入り口の壁に韓服を着た女性の後姿写真があった。ドラマ「ファン・ジニ」の主人公役をした俳優ハ・ジウォンだった。慇懃ながらも強烈にハンボク(韓服)の美しさをアピールする後ろ姿だった。

ソウル駅三洞「イェジョン(藝丁)キムヘスン韓服」であった。去る24日ここを訪れた時、キム・ヘスン(64)デザイナーは、若い女性と話を交わしていた。円光デジタル大学韓国服飾学科の教え子たちだという。「15年前に学科を作りました。全国に広がっている弟子たちに韓服近代化の希望を伝えることが私の役目ですね。」

彼女は映画「西便制」、「千年鶴」、「鉱害」とドラマ「土地」、「ファン・ジニ」などの韓服の衣装を製作した名人だ。これまで世界25都市で50回以上のファッションショーと展示会をしました。韓国人初の米ニューヨークのメトロポリタンミュージアム(2011年)とフランスのパリ ルーブル美術館(2013、2015年)で招待ファッションショーも展開した。

f:id:kazySUS:20210529095612j:plain

彼女は今年の夏と秋にも国内外で韓服の美しさを誇示する。まず7月末にブラジルの韓国文化院の招請でファッションショーを行う。「感染症の事態で人は行けないので、服だけ送ってブラジルモデルに着せる形式です。」

8月には順天(スンチョン)湾庭園で「2021東アジア文化都市」の開幕イベントファッションショーを主管する。ソウル東大門デザインプラザ(DDP)展示会も関係者と議論しているが、9月頃になると思われる。10月には順天市が用意した「キム・ヘスンの家」で閨房工芸の展示と公演を共に行う。

「多忙なスケジュールでしょう?(笑) 伝統服を現代的に再解釈して自由に着ることが出来るということを、より広く知らしめたいです。そうするためには休むことが出来ないんです。」

柔らかいながらも端正な声だった。彼女は去る2月から南原市立キム・ビョンジョン美術館で韓服の展示会「ダイアログ、サンチュンゴク(Dialogue、賞春曲)」を開いた。当初、今月9日まで予定したが、来場者の要求に31日まで延長するほど大きな反響を呼んだ。キム・ビョンジョン美術館は、文化体育観光部が今年選んだ「韓国観光100選」に入るほど優れた景観を保有している。彼女はこの美術館では異例の韓服展示会をしながら、絵の中から生命が目覚めるような感じを表現したかったと言った。「マネキンの中にLED照明を灯したのは、現代的な感覚で若い観客と疎通しようという試みです。」

彼女は観客が国内外の知人とSNSを通じて展示会の感動を共有することを確認して感激だったと言った。美術館を運営する南原市関係者らが「全国から人が集まって来て、まるで戦争が起きたようだ」としたことも誇りに伝えた。

その自負心に使命感が宿ったことを知ったのは、彼女から外国の展示会時の話を詳しく聞いた後だった。「本当にこのような服を君たちのご先祖が着たというのか。」海外ファッション関係者たちは、彼女にこのような疑問を表した。メトロポリタンとルーブルで「王の服飾」、「朝鮮の王妃」をテーマに展示会をする時も同じだった。

「彼らが私たちに対してそれほど無知なのがとても悔しいですね。だからフランスのファッション関係者たちが展示会で使用した音楽(「ファン・ジニ」OST)がとても良いとしてプレゼントしてほしいと要請するのにも与えるものがなく、そのままにしてきました(笑)。」

彼女はそのような偏見と闘い、世界の中で私たちの服の美しさを刻印させてきた。映画「悪魔はプラダを着る」の衣装担当パトリシア・フィールドが自分の家に彼女を招待して韓服の「特別講義」を聞いたのは、その美しさに感服したからであった。ベルギーのデザイナー ドリスヴァン・ノートンはキム・ヘスンをファッションショーに招待して韓服からインスピレーションを受けた服を登場させた。

彼女に「ずば抜けた韓服のモデルとして誰を挙げるか」と尋ねたところ、「イ・ボヒ、キム・ミスク、チェ・シラ、オ・ヨンスなど完熟した中堅俳優たちが私たちの服をよく消化する」と答えた。パリで王妃をテーマにショーをするときは、イ・ハニ俳優と同行したという話も付け加えた。「KBSタレントだった母方のおじのおかげで芸能人たちと密接に過ごしました。 」

彼は俳優であり、韓服人形制作者であった叔父 ホ・ヨン(1947~2000)の勧めで子供の頃から韓服製作を学び、現場で実務を身につけた。彼女が自身のブランドの前につけた「イェジョン」は、虚栄心の号だ。

彼女は実務と理論を兼ね備えるために絶えず努力した。ユ・フィギョン梨花女子大学教授から私たち服飾史を20年以上学んだ。海外にも広く知られている本「美しい私たちのチョゴリ」は、その勉強の成果だ。

「最近の色々なメディアでは、中国が韓服を自分のものと主張しているが、どのように思うか尋ねたのです。それを訪ねること自体で自尊心が傷つけられました。私たちのものを私達が愛し、尊重し、着実に発展させて行けばよいのであって、他人がごり押しをすることに反応する必要がありますか?」
出典:文化日報(http://www.munhwa.com)

最初にこの記事を観た時にあまり関心がなかったのですが、読んでいくと素敵な内容だったので急遽ご紹介することにしました。

お店の入り口の壁にチニ役のジウォンさんの韓服姿なんて美しすぎますね。

特にファンジニの衣装は豪華で素晴らしかったですから…。

もちろんですが、さらりと着こなしているジウォンさんも素晴らしいですけどね。

管理人はキム・ヘスン韓服デザイナーをよく存じ上げなかったんですが、「ファン・ジニ」はもとより、たくさんの映画やドラマの韓服を手がけられているみたいです。

それも韓服人形制作者であった叔父さんの勧めで今に至る訳ですからジウォンさん同様で天職なんじゃないでしょうか?

記事の中にもあるけど、休むことが出来ないなんて本当に誇りを持って仕事されているんだと感じます。

そして何よりその能力を後身に伝えていく努力もされていることが素晴らしいと思います。

それとリチャード・ギアさんとの写真ですが、よく観るとリチャード・ギアさんも韓服なんですね。

それからフランスの展示会で「ファン・ジニ」のOSTなんて流したんですね。

そしていい曲だからOSTがほしいと言われたけど、そのままスルーしてきたそうです。

もう「ファン・ジニ」のOSTは廃盤でないですからね。

勿論ですが、管理人は保有してますよ(^^)b

でもって、話は変わりますが、昨夜このブログのテーマを思い切って変えてみました。

はてなブログに来てからずっとMinimalismというテーマを愛用してきたんですが、ちょっとトップページのフォントが小さく感じられていたので思い立った次第です。

前から気になっていたHaruniというテーマですが、早朝から事前準備したお陰で5分ほどでカスタマイズ含めて滞りなく変更出来たと思います。

気になるトップページとかの見やすさなど、どうでしょうか。

良くなったと感じて頂けるといいんですが…。

kazySUS