チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』制作記映像が公開されたみたいです!

ドラマ「カーテンコール」の制作記映像が公開されたとの記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」興南撤収作戦企画から撮影まで10ヶ月… 大作来る

「カーテンコール」の大規模撮影スケールと和気あいあいとした現場に出会える制作記の映像が公開された。 

来る31日初放送されるKBS2TV新月火ドラマ「カーテンコール」は余命わずかな祖母チャ・グムスン(コ・ドゥシム)の願いを叶えるために前代未聞の特命を受けたある男(カン・ハヌル)の地上最大の詐欺劇にまつわる人々の話を収めたドラマだ。 

公開された「カーテンコール」制作記映像では、信じて見る俳優たちの和気あいあいとした撮影現場の雰囲気と長い時間精魂込めた跡が込められて目を引く。俳優ハ・ジウォンの撮影所感から始まり、カン・ハヌル、コ・ドゥシム、ソン・ドンイル、チョン・ジソ、そしてクォン・サンウなど他の俳優たちの熱演現場が公開され、予備視聴者たちの好奇心を刺激する。 

カン・ハヌルは特有の情感ある性格でムードメーカーの役割を果たし、撮影に没入する姿が盛り込まれた。カン・ハヌルと呼吸を合わせるチョン・ジソも「最初は凄く緊張したんですが、ハヌル先輩が道案内になって下さった」と打ち明けた。コ・ドゥシムも「ハヌルは前作でも息子として呼吸を合わせたが本当によく合う」と明らかにし、「私も久しぶりに、ズボンを脱いでかっこよくて洗練された姿を見せることが出来るので楽しくなる」と所感を明らかにした。ソン・ドンイルも「いい先輩と後輩と演技できて楽しみにしています」と現場の雰囲気を伝えた。

和気あいあいとした現場と同じくらい壮大な規模とスペクタクルなシーンも公開され、注目を集めた。「カーテンコール」製作チームは、北に残した家族にの懐かしさで余生を送るチャ・グムスン一代記の序幕をリアルに見せるために、1950年代の興南撤収作戦を生々しく描写するのに精魂を込めた。大型水槽に陥った姿から戦争を避けて乗船する姿まで、歴史の中での緊迫した雰囲気を繊細に撮影した。ハ・ジウォンも「多くの方々が本当に苦労して苦労して撮ったシーンだ。幸い呼吸がよく合ってスペクタクルに完成したようだ」と振り返った。

演出を担当したユン・サンホPDは「ドラマの始まりに大きく挿入される興南撤収作戦の中で壮絶な別れのシーンは長い時間精魂を込めた。歴史的苦痛が一つ一つ溶け込んだシーンなので、視聴者の方々に最も強烈にアピール出来ていればよい」と説明した。 

今年初めからコンテや企画を始め、全羅南道(チョルラナムド)順天(スンチョン)セット場に製作した後撮影し、その後のコンピュータグラフィックス後半作業まで約10ヶ月かかった。製作記でも垣間見ることができるように、避難民を乗せた船から大型楽園ホテルの前身である楽園宿のクッパ店、大小の軍事物資まですべての小物を直接製作して精巧さを加えた。何よりリアルな歴史復元で観客をひきつけた映画「国際市場」CGチームとも手を握って完成度を高めた。

「カーテンコール」製作会社ビクトリーコンテンツ側は「今年5月に真冬の感じを表現するために撮影場の村の屋根ごとに塩を振りかけて演出したし、1950年代の戰時感を引き出すために美術チームで小物を毎日制作した」と説明し、「序盤から本当にたくさんの精魂を込めた作品だ。最も派手なドラマオープニングを見ることができるだろう」と期待を呼びかけた。

大型スケールに感動ストーリーそして興味深い反転が溶けているKBS2TV新月火ドラマ「カーテンコール」は、来る31日午後9時50分に初放送される。
出典:XPORTS News(https://www.xportsnews.com)

管理人も実際にこの動画のフルバージョンを韓国のサイトで観ましたがスケールが凄いですね。

でもって、こういう時に以前ご紹介したVPN接続があると凄く重宝します。

「この動画は韓国以外の場所から云々…」と出たらすかさずブラウザー上で1クリックで接続して、ブラウザーの再読み込みをクリックすればもう動画が再生出来ますから超絶便利です。

話がそれましたが、肝心の動画は、山村のシーンから始まり、避難船によじ登るシーンとかスケール感があり、上手く1950年代を表現出来ていると思います。

トータルで5分半ほどの動画ですが、見ごたえがあって良いと感じました。

そう言えば、撮影開始は5月だったんですけど、真冬の感じを出すのに塩を振りかけて演出もされたそうで、全体的に苦労して撮影されたみたいですね。

それとこの動画を観て気づいた事がもう一つありました。

チョン・ジソさんですが、実は「奇皇后」でスンニャンの子役だったんですね。

ふとした表情にどこか面影があるので、もしやと思って検索してみたんですが、やっぱりそうでした。

チョン・ジソさん、今まで気づかずに大変失礼しましたm(__)m

そんな制作記の動画ですが、既にSNSでは短編がたくさん上がっているので、気になる方はSNSでご覧下さい。

-------2022.10.23追記-------

下記公式ホームページにも制作記がアップされました。日本からもそのまま観れます。

-------追記終り-------

でもって、一つ前の記事でご紹介した主演のお二人の個別ポスターですが、下記の公式ホームページからダウンロード出来ますので宜しければどうぞ!

program.kbs.co.kr

因みにジウォンさんのポスターはこんな感じです。


出典:カーテンコールポスターダウンロード デジタルKBS(https://program.kbs.co.kr/)

何度観てもこのジウォンさん素敵過ぎです(♥o♥) (♥o♥) (♥o♥)

kazySUS