チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』6話の放送内容の記事Part2が公開されました!

昨日放送されたドラマ「カーテンコール」6話の放送内容の続編記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

「カーテンコール」カン・ハヌル、正体発覚の危機…最高視聴率6.4%

「カーテンコール」カン・ハヌルが様々な事件の中心に立って正体が発覚する危機を迎えた。 

昨日15日(火)夜9時50分放送されたKBS2「カーテンコール」(演出ユン・サンホ/脚本チョ・ソンゴル/制作ビクトリーコンテンツ)6話では、偽孫を演じているユ・ジェホン(カン・ハヌル)が運転中に抜き打ち検問を受け、住民登録番号を渡して緊張感を高め、余命宣告された人生を生きるチャ・グムスン(コ・ドゥシム)は生涯最後の宴会を開催することを発表し、嵐の展開が予告された。「カーテンコール」はチャ・グムスンの残りの人生をめぐる胸が痛むヒューマニズムから偽孫(カン・ハヌル)一生の演技がもたらす爽快感まで加わり、様々な楽しさを提供するジャンル グルメに生まれ変わっている。 

先立ってユ・ジェホンは南に定着して生きることを願う祖母チャ・グムスンの意によってホテリアーになった。ホテルに就職した後、偽孫の演技にも何度も危機が訪れてきわどい日々が展開された。特に前回はランドリー業務をしていた途中、過去の演技仲間に会う場面で仕上げられ、視聴者に爽快な緊張感を与えた。

行き止まりに追い込まれたユ・ジェホンは小劇場で苦楽を共にした同僚俳優たちに仕方なくすべての事実を打ち明けた。楽園ホテルを舞台に余命わずかな祖母のための演技をしており、ソ・ユ二(チョン・ジソ)が自分の妻の役割を担っていると明らかにして人々の視線を集中させた。 

ソ・ユ二は偽の夫ユ・ジェホンが遅い帰宅だけでは足りず、自身の心も分かってくれないことに角が生えた。特にパク・セヨン(ハ・ジウォン)になぜか分からない嫉妬心まで抱いている状況だ。ユ・ジェホンが業務中に出会った演劇俳優の同僚たちに現在の状況を告白したことを知り、ホテルを訪ねた。泣きっ面に蜂で楽園ホテルの法律業務を担当している母親オ・ガヨン(チャン・ヘジン)も登場したが、幸いにも出会わずに見る人の緊張感をかもし出した。

そしてソ・ユ二とユ・ジェホン、パク・セヨン、ペ・ドンジェ(クォン・サンウ)の4人が初めて共に食事をすることになって雰囲気が反転した。ユ・ジェホンと神経戦を繰り広げたペ・ドンジェは席を立って出て行ったし、これを見守っていたソ・ユ二はパク・セヨン仕事に敏感なユ・ジェホンが気に入らなかった。ユ・ジェホンも自身の心がなぜそうなのか理由も分からず、結局パク・セヨンに「その人愛しているのか」と尋ねるようになった。パク・セヨンも「あなたはジンスクを愛してる?」と応酬し、お互い微妙な感情腺が現れ、視聴者たちの胸をときめかせた。

そんなユ・ジェホンに再び大きな危機がやってきた。ホテルしか知らないし、自分の感情すらコントロール出来ないパク・セヨンのために車を直接運転して一斉検問に掛かったのだ。身分証検査にあったユ・ジェホンは、北から来たので免許証がないと信じるパク・セヨンと身分を必ず確認しなければならない警察を同時に騙さなければならなかった。その時機智を発揮して辛うじて危機を免れた。家に帰ってきたユ・ジェホンは頭の中一杯のパク・セヨンの姿を忘れることが出来なくて、劇展開を甘いロマンス気流で染めた。

放送終盤にはチャ・グムスンの本当の孫リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)が中国で悪辣な行動を起こした理由が明らかになって視線をひきつけた。韓国に入国できるパスポートが必要で手あたり次第に仕事をしたことだ。リ・ムンソンの目標は、ただ一つ直ぐに祖母のチャ・グムスンに会って、父のイ・ヨンフン(キム・ヨンミン)がどのようにして死を迎えたかを生々しく聞かせることだった。祖母への思いもよらない怒りと父の死に対する物足りなさに満ちて怪物になってしまったリ・ムンソンは持っているお金すべてを賭けて韓国行きに打って出た結末​​に対する好奇心を誘発した。

また、チャ・グムスンは生涯の終わりをみんなで楽しむ宴会に代えることにし、死を控えても超然した姿で注目を集めた。この宴会にはチャ・グムスン一家だけでなくソ・ユ二の母親ガヨンとユ・ジェホンが演劇俳優時代に会ったソン・ヒョジン(チョン・ユジン)まで登場する予定であり、絡み合った人物たちがもたらすしっかりとした緊張感が次回の期待感として集まっている。

このように「カーテンコール」は偽孫の演劇を通じて家族の意味と情に対して再認識しながら穏やかな響きを与えている。毎回危機が迫るたびに臨機応変に偽孫のワンマンショーを繰り広げているユ・ジェホンとこれらをめぐる人々それぞれの同床異夢を通じて毎回どんでん返しいっぱいである笑いも与えている。 

一方、放送に触れた視聴者たちは「人生最高のドラマ、久しぶりに本番死守しに早い帰宅をさせるドラマ」、「俳優たちラインナップ見て、見ない訳にはいかない」、「来週の火曜日までどうやって待とうか」、「久しぶりに本当に温かいドラマに会いましたね」など熱い関心を表わした。6話放送視聴率は5.6%(ニールセンコリア、全国基準以下同じ)を記録、期待とホットな視聴者の反応を続けた。ユ・ジェホンが運転をしながら一斉検問を受けて通過する場面はこの日最高の緊張感をプレゼントし、瞬間最大視聴率6.4%まで上がった。

感動から笑いまで多彩な魅力で武装したKBS2TV月火ドラマ「カーテンコール」は毎週月火夜9時50分から放送され、7話は来る22日(火)夜9時50分放送される。
出典:ヘラルドPOP(http://www.heraldpop.com)

結構ボリュームのある記事を選んでしまったので、時間が掛かりましたが、その分内容盛りだくさんで楽しめると思います(^^;

最初に視聴率ですが、5.6%まで回復し、瞬間最大は6.4%だっだそうです。

その瞬間最大視聴率のシーンは、あの一斉検問のシーンだったみたいですね。

今回は前の記事でも書きましたが、ユ・ジェホンの絶体絶命のピンチを機智を駆使して切り抜けるところが見どころですかね。

それにしても、他人の気持ちもそうですが、自身の気持ちにも鈍感過ぎるユ・ジェホンの人格が見事に表現されていて面白かったです。

また6話のラストではチャ・グムスン主催のパーティーが開催され、そこにソ・ユ二とユ・ジェホンの本当の姿を知る二人が現れるので、どうこの絶体絶命のピンチを二人が逃れるのか7話が楽しみです。

因みに来週の7話は22日の火曜日みたいですから放送日も要注意です(^^;

kazySUS