チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』11話の放送内容の詳細記事Part2です!

ドラマ「カーテンコール」11話の放送内容の詳細記事Part2が上がってましたのでご紹介して置きます。

ハ・ジウォン、ソン・ドンイル×カン・ハヌル演劇合流..「コ・ドゥシム+思い出+ホテルのすべて守ること」 (カーテンコール)

「カーテンコール」ハ・ジウォンがコ・ドゥシムのための演劇界に参加した。

12日に放送されたKBS2TV月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ/脚本チョン・ソンゴル)では、パク・セヨン(ハ・ジウォン)がチョン・サンチョル(ソン・ドンイル)が作った芝居小屋に合流する姿が描かれた。

この日カフェに一人で座っているチャ・グムスン(コ・ドゥシム)に近づいたリ・ムンソン(ノ・サンヒョン)は「ここちょっと座ってもいいですか?」と尋ねた。チャ・グムスンは「年寄り一人で窮状するのが残念だからではないだろう」と尋ね、リ・ムンソンは「仲間に会うことにしたが、全く便りなくてもどかしかったところだった」と答えた。

リ・ムンソンの語り口に故郷を尋ねたチャ・グムスンは北から来たという話に嬉しさの挨拶を交わした。リ・ムンソンはうちの父さんの仲間が南に行くことになったら、この沖合いに必ず行ってみる」と言っていました。眼差しがどうも「同鄕の人ではないか」と思って私の恥知らずで頼みました」と話した。その言葉にチャ・グムスンはゆっくり座ってお茶を飲むように勧めてリ・ムンソンを眺めた。

続いてチャ・グムスンは過去の家族と生き別れて一人で降りてきて数十年歳月を海を眺めて待ったと打ち明けた。リ・ムンソンは家族に会ったのかと尋ね、チャ・グムスンは先日、北にいると思った孫が訪ねてきた」として「ちょうど若者と同じ年頃になると思う。思いがけず長く生きてみると、思いがけず去ることも多くなります。目に入れても痛くない大切な私の子供たちを先に送り、未練だけ残したまま生きることをまた。死ぬ前には逢えなさそうだったその子が私のところに来た。大変な環境の中でも正しく育ったのですが。私のその子の真っ直ぐな心がとても嬉しかった」と話した。
これにリ・ムンソンは「それは良かった」と尋ねて「うちの父さんの仲間はこの南に旅立った母親を懐かしがって、母親を恨むようになりました。生きるのが大変なら、どこかに寄りかかるか、どこかのせいにするか、その二つだけです。そうでした。うちの父さんは。そばにいない母親に頼って母親のせいにするようになりました」と話した。リ・ムンソンリ・ムンソンが去った後、チャ・グムスンは幼いリ・ムンソンを思い出した。

反面、ユ・ジェホン(カン・ハヌル)はパク・セヨンに正体がバレた。自身を心配するユ・ジェホンに向かって、パク・セヨンは「あなたが何で、弟だから。口を出すの、あなたが何で私にそんなことを言うの。あなたは何!」と尋ねた。ユ・ジェホンは「私たちが他人ですか」と話し、パク・セヨンは「そうです、私たちはただの他人です。そうじゃない?ユ・ジェホン?」としながら「演劇俳優ユ・ジェホン」と釘を刺した。
続いて自分の話を聞いてほしいと言うユ・ジェホンにパク・セヨンは「何を説明するの。なぜそうしたのか分かる気がして。だから私も知らないふりをしたのよ。あの記者が私を訪ねてきた理由も弟ではなく、あなたを弟として取材するために来たのよ。それが明らかになればどうなると思うの。あなたの顔が楽園グループに戻ってきた3番目の孫リ・ムンソンとして記事に刻まれていけば、あなたはどうなるのでしょうか。私があなたのためにどうしたの、あなたは私がバカみたいか」と問い詰めた。

ユ・ジェホンは「申し訳ありません」と謝罪し、パク・セヨンは「一つだけ聞くわ。私によくしてくれたこと、それもあなたがしなければならない演技だからなのか、そうだったのか。あなたと楽しかった時間、私たちの思い出も、すべてが偽物だったのか」と尋ねた。ユ・ジェホンは「いいえ。本物だった。リ・ムンソンとしても、演劇俳優ユ・ジェホンとしても本物でした」と答えた。

続いてユ・ジェホンはチョン・サンチョルとソ・ユ二(チョン・ジソ)を呼んでパク・セヨンにバレたということを告白した。パク・セヨンは、チョン・サンチョルにパク・セギュ(チェ・デフン)の自転車をこっそり乗って壊したことを取り出して「おじさんがそうでしたよね?どんな状況であれ真実の方がましだ。その言葉通り、両親に話して凄く怒られた」と話した。
続いてパク・セヨンは「「それでもおじさんのいう通りでした。隠れて逃げるよりもましだということ。今でもおじさんのいう通りだとと思います」と話した。これに対してチョン・サンチョルは「会長の行く道、最後の記憶を幸せだけで満たしてあげたかった」と打ち明けた。パク・セヨンは「知っています。だから私もこれだけは間違っていると思うことを一度やってみようと思います」として秘密を守ると伝えた。

また、パク・セヨンは誰もいないところで、チョン・サンチョル、ユ・ジェホン、ソ・ユ二を呼んだ。チョン・サンチョルは本当のリ・ムンソンは全く違う人だと明らかにし、「私がリ・ムンソンを探してほしいと頼んだ友人がいて、そいつがパク・セジュン(チ・スンヒョン)と組んだ。それで中国で本当のリ・ムンソンを連れてきたようだ」と打ち明けた。これを聞いたパク・セヨンはパク・セジュンもすべての真実を知っていることを把握した。これに対してチョン・サンチョルは「パク・セジュンが私たちが知っていることを知らない」と話した。

パク・セヨンは「それでは私たちも知らないふりをします。こうなった以上、おばあ様にすべての真実を知らせてはいけません。すでに始まった演劇の結末までハッピーエンドで仕上げましょう。二人は演技を続けて、おじさんはリムンソンの動向把握ができますか?」と尋ねた。チョン・サンチョルはまだ把握できていないとし、情報が入ってくれば教えると話した。これに対してパク・セヨンは「私ももう上がってしまった。皆さんが作った舞台。セジュン兄さんの思い通りにはいきません。私が全部守る。おばあ様の思い出もホテルも」と誓った。

一方、ソ・ユ二はパク・セヨンに楽園ホテルの株価分析資料を送った。パク・セヨンは「どのようにして分かったのか」と尋ね、ソ・ユ二は「一定の間隔で買収入る勢力があるのに、株価を上げるつもりはないようだ」として「誰でしょう。お姉さんの長兄です。そうやってどんどん買収して持分増やそうとしているようだ」と説明した。

パク・セヨンは「チャートだけ見て分かったのか」と尋ね、ソ・ユ二は「チャートもあるし、相手の心理です。長兄側の弁護士の方を私は知っています。あの方ならなぜかそうするような気がした。完璧主義者だ。51%より100%を好む方なので」と明らかにした。続く問いにソ・ユ二は結局その弁護士が母親と打ち明けて「このように見ると家族対戦は別にない」と話した。それと共に「それでもホテルは必ず守らなければなりません。最良の方法は株価を上げることだ」と助言した。
以後、チャ・グムスンはカフェで一人座って海を眺め、これをリ・ムンソンが見つけた。その時近づいたユ・ジェホンにチャ・グムスンはびっくりした。するとユ・ジェホンは軽く話しかけ、彼女の肩を揉んだ。そんな二人の姿を見たリ・ムンソンは苦々しさを隠せなかった。
出典:OSEN(https://osen.mt.co.kr)

こちらの長い記事も前回ご紹介した記事とかなりの部分で被ってますが、違った部分もあるのでご紹介して置きます。

セヨンが気づいたチョン・ジソさん演じる偽嫁ソ・ユ二ですが、中々心強い方がセヨンの味方に付きましたね。

ホテル売却担当の弁護士の娘ですから、相手の弁護士の考えることも分かりますし、状況から判断して対策を考えることも出来ますね。

おまけにソ・ユ二は優秀なロースクール出身の才女ですからね。

ちょっと面白いと思ったのが、Amazon Prime版では「完璧主義者でー。100%どころか151%備えるの」みたいに微妙に訳が違うんですよね。

この辺りは日本と韓国の違いもあるだろうし、流れの中での言い回しなんてもの関係しますから、ちょっと単語を知っていると、「そうは言ってないよねー」って突っ込めます。

話はドラマに戻して、ラスト付近でチャ・グムスンはカフェで一人座って海を眺めるんですが、何かリ・ムンソンを探している様にも見受けられます。

チャ・グムスンは何か思うところがあったんですかね。

しっかりその場所にリ・ムンソンも登場して…。

その後、ユ・ジェホンがチャ・グムスンの方を揉むシーンを見つめるリ・ムンソンの姿になるんですが、リ・ムンソンの心境は複雑でしょうね。

自分を演じるユ・ジェホンを見つめるだけしか出来ないもどかしさが、観ていて切なくもあり、この後にどう展開していくのか気になりますね。

でもって、管理人はこれからAmazon Prime版の12話を観る予定です\(^o^)/

kazySUS