チニに恋して

女優ハ・ジウォンさんの応援ブログです。

ブログタイトル

『カーテンコール』に於ける俳優コ・ドゥシムの演技とは!

ドラマ「カーテンコール」で毎回熱演されているコ・ドゥシムさんについて言及した記事が上がってましたのでご紹介して置きます。

カン・ハヌル「コ・ドゥシムについて語るというのは、おこがましいこと、尊敬」(カーテンコール)

コ・ドゥシムが毎回感動をプレゼントしている。

俳優コ・ドゥシムはKBS 2TV月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ/脚本チョン・ソンゴル)で力強い女性チャ・グムスン役を演じて熱演中だ。

去る12月20日放送された14話最近の回で闘病中に昏睡状態に陥って目を閉じたまま横になっている姿でだけ登場したがチャ・グムスンの象徴的なイメージを全身で見せて格別な存在感を表わした。

コ・ドゥシムが完成していくチャ・グムスンはまさに巨大で丈夫な巨木。チャ・グムスンは北で平和に暮らしていた赤ん坊の母親で6.25戦争で一人で避難をしてクッパ屋を経営し、国内屈指の大型ホテル楽園まで成し遂げた成功した事業家だ。これに対してコ・ドゥシムは先に様々な作品を通じて積んだ演技ノウハウで、若い母親から中年の実業家そして老年の祖母まで、劇の流れに応じて時々に刻々変化するキャラクターのスペクトルを完璧に表現して劇の没入度を高めている。

1972年MBC5期公開採用タレントでデビューしたコ・ドゥシムは「カーテンコール」でやぼったい咸鏡道方言に抑揚の強い声で豪快なキャラクターを自由自在に行き来しながら、50年の演技力を集約した演技力で見せている。コ・ドゥシム特有の気丈な呼吸と繊細な表現は、紆余曲折が多かったチャ・グムスンの一生を圧縮的ながらもドラマチックに表現して完璧なシンクロ率を見せている。特にチャ・グムスンを中心に様々な物語の根が広がり、しっかりとした巨木のような支持台の役割をしてくれており、劇中のコ・ドゥシムの存在感は実に強大だ。

多様な作品を通じて平凡な母の姿を生き生きと表現し、「国民の母親」という愛称を得たコ・ドゥシムは今回の作品でもその名声を立証している。特に3世代を貫く今作で世代別に他の人物のきめを生かし、巨大な感動の大叙事詩を完成していくところだ。中年時代、離散家族の再会を通じて北に住む息子のリ・ヨンフン(キム・ヨンミン)に会って別れる姿では、転売特許である深さが格別な母性愛と離散家族の深い恨みをしっかり見せて視聴者たちを泣かせた。老年になったチャ・グムスンでは孫たちに温かい人情を注いで、胸で慰める切ない家族愛を見せて「国民の祖母」の席まで狙っている。チャ・グムスンの広い陰の下にいるだけでも安定感を感じる家族たちの姿を通じて圧倒的な叙事詩を完成していきつつある。

ドラマの核心を握るコ・ドゥシムは終映までたった2話が残った「カーテンコール」の緊張感を前面から最高潮に引き上げている。昏睡状態に陥ったチャ・グムスンが偽孫ユ・ジェホン(カン・ハヌル)と本当の孫リ・ムンソン(ノ・サンヒョン)の正体を知るようになるのか、ユ・ジェホンが直接脚本を書いて準備した演劇「カーテンコール」の舞台を見ることができるのか、最後まで視聴者の気がかりなことを誘発している。

コ・ドゥシムが吹き出す熱い演技情熱と無限のエネルギーは俳優たちにもそっくり伝播されている。前作「椿の花咲く頃」では、母子関係で「カーテンコール」では、祖母と孫の間柄で再会し、完璧な呼吸を見せている俳優カン・ハヌルは「先生について話すというのは、話にならないほどで、本当に愛して尊敬する方だ」と無限の愛情を明らかにした。実の孫娘と祖母で初めて演技呼吸を合わせた俳優ハ・ジウォンも「俳優になろうと決心した理由も先生のように人の心を動かすエネルギーを持ちたかったから」とし「撮影現場で本当に温かくて可愛くて、共にする間ずっと幸せだった。本当に尊敬するすごい方だ」と話した。

「カーテンコール」は12月26日、27日に15話、最終話が放送される。
出典:Newsen(https://www.newsen.com)

管理人はこのドラマ「カーテンコール」で初めてコ・ドゥシムさんを知りましたが、演者として凄い方なんだと言うのは演技で分かりました。

コ・ドゥシムさん演じるチャ・グムスンがこのドラマの中心にあるから安心して観ていられるんだと思います。

居るだけで存在感があり、それでいて温かくて優しい雰囲気がいいですよね。

既にデビューして50年だそうですが、ちょっと管理人も調べてみました。

御年71歳だそうですが、若作りをすると全然そんなお歳には見えないですね。

「カーテンコール」でも、中年のチャ・グムスンも演じられていましたが、全然違和感なかったですし、演じられる年齢の幅が半端ないですよね。

聞くところによると、デビュー当時から母親役専門女優だったそうで、あるトーク番組では「女優のロマンである”愛に生きて愛に死ぬ”悲恋のヒロイン役を演じてみたかった」とも仰っていたそうです。

それとビックリしたのが、演技大賞受賞回数が7回で最多受賞者なんだそうで、しかも放送3社全てで大賞を受賞した唯一の方でもあるみたいです。

「カーテンコール」の演技を観ただけでも、それだけの才能がおありになるは理解出来ますね。

「カーテンコール」も残り2話ですが、この後もコ・ドゥシムさん演じるチャ・グムスンがどれだけ存在感を与えてくれるのかが楽しみです\(^o^)/

kazySUS